カテゴリー
3D BCP・災害対策 ICT・AI・robo 医工連携・事業化推進 境界領域 注意喚起 生活・DIY

謹賀新年


新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

令和4年 元旦

AmpiTa事務局

カテゴリー
ICT・AI・robo

マウスポインタが行方不明 MSペイントが要因 ~今日の課題~

★今日の課題★
マイクロソフトのペイントアプリの影響でマウスポインタが行方不明になる問題




ポインタが消える

 この事象は、ここ1カ月くらいで頻繁に経験しています。

 パソコンで作業中に、突然マウスポインタが行方不明になり、操作感としては『マウスが効かない』『フリーズした』という感じになります。

 しかしながら、キーボードのWindowsボタンを押せばスタートメニューが表示されますし、Tabキーなども有効に働きます。

 マウスのカーソル(マウスポインタ)だけがどこかに行ってしまっている感じです。




左クリックは無効
右クリックはときどき有効

 この現象が発生したとき、マウスのカーソルを探すためにクリック(左)をしてみましたが無反応でした。

 右クリックですが、ときどき反応があります。
 その要因は後述します。




疑わしきペイント

 この現象が発生するタイミングとしては、Microsoftのペイントを使った直後です。

 毎日のようにペイントを使っているので、かなりの長い時間、ペイントが立ち上がったままになっています。

 このペイントに疑いをかけつつ、他の可能性も視野にパソコンを使い続けました。




MSペイントでほぼ確定

 ペイントを使った後、×印でソフトを終了させた場合には100%この現象は発生しませんでした。

 多くの場合、ペイントでの作業終了はCtrlキーとNキーで表示中のファイルは終了、ペイントソフト自体は残しておくという方法をとっているのですが、この場合はマウスカーソルの行方不明が発生します。

  1. MSペイントで作業
  2. Ctrlキーを押しながらSキーを押して保存
  3. Ctrlキーを押しながらNキーを押してファイルを閉じる
  4. マウスのカーソル(ポインタ)が行方不明

 ただし、毎回が行方不明と言う訳ではなく、10回に1回くらいです。




9回で止める

 10回に1回なら、9回で止めれば現象が起きないのでは、という理屈を突き付けられそうです、仕事を上、そうもいきません。

 他のペイントソフトを使えば良い、という考えもありますが、MSペイントには独特の便利さがあります。

 いま、手元にはいくつかのペイントソフトがあり、よく使う準で言うと以下の順です。

  • ペイント (Microsoft)
  • AzPainter2
  • PhotoShop (Adobe)



マウスキーではない

 マウスが勝手に動くという現象はWindowsの『設定』から調整できる『マウスキー』(マウスをキーパットで操作する)が影響する場合があります。

 今回の現象に付いて、米国のサイトを検索するとマウスキーを疑う記述がみられますが、少なくとも私のパソコンは『オフ』になっているので直接の要因では無さそうです。




MSペイントからの離脱方法

 マイクロソフトのペイントがマウスカーソルを行方不明にすることはほぼ確定した感じですが、その発生を抑止する方法は見つかりません。

 しかし、現状を脱する方法は見つけました。

 MSペイントがアクティブな状態なので、このペイントから逃れられれば状況はマウスは動かせます。

 そこで試したのが『F1』キーです。

 奏功しました。

 F1キーはネットでのヘルプ参照です。私の使用環境ではMicrosoft Edgeが立ち上がり『windows のペイントに関するヘルプ』という検索をした状態でEdge画面が表示されます。

 このとき、Edgeがアクティブなので、マウスはEdgeのために動いてくれます。

 このとき、Edgeを×印で終了すると、再びMSペイントがアクティブになってマウスの操作権が戻りますので、タスクバーにあるMSペイントを右クリックして『× ウインドウを閉じる』を選択してMSペイントを終了しておきます。

 MSペイントさえ閉じれば、Edgeは関係なくなります。




 今回、原因はよくわかりませんが、ウインドウズ標準搭載のマイクロソフト社のペイントソフトが、マウスのカーソルを操作してしまうという現象に当たりました。

 姑息的ですが、F1キーを押す事で離脱できるところまではわかりました。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

継続
カテゴリー
ICT・AI・robo

CAMEO 4 創作集 ~本日の話題~

 silhouette CAMEO 4 でのカッティングデザインを集めてみました。

 こんなステッカーがあれば便利だなと思う物をただ単に並べているだけです。




フォント

 下記のデザインデータの中で使用しているフォントをご案内いたします。




駐車場番号と契約者名

 月極駐車場でよく見かけるプレートです。
 幅30cm×高さ10cmの金属板に貼付することを想定してデザインしました。

10cm×30cmの丁度良いアルミ板です。厚さが2mmあるので、人の手では簡単には曲がりません。壁に水平に設置して防犯カメラを2台乗せていますが、普段は揺れる事もありません。今回は駐車場の表示プレートとして使いましたが、アルミなので耐候性もあり、穴あけ加工も容易なので便利です。

仕上がりイメージ

シルエットスタジオ用データダウンロード

 シルエットスタジオ(silhouette studio)用のデザインデータをダウンロードする事が出来ます。

参考事例

駐車場番号と契約者名



電気自動車の月極契約の相談承り

 これから電気自動車が増えていく中で、月極駐車場も対応していかなければなりません。

 先に設備投資するのではなく、相談を承れる体制にしておくことが必要だと考えて看板を作りました。

 A4判の複合板に貼付して、フェンスなどに取り付けてPRすることを想定しています。

こちらは全てがアルミではなく、表面がアルミの板です。中は空洞が多いので軽いですが、表面は金属なので相応の耐久性があります。A4判以上の看板用として使っています。

仕上がりイメージ

シルエットスタジオ用データダウンロード

 シルエットスタジオ(silhouette studio)用のデザインデータをダウンロードする事が出来ます。




防犯カメラ設置案内

 防犯カメラを設置するのは個人の自由ですが、無断で撮影されているという印象を与えると『盗撮』と捉える人も居なくはないので、一般的にはカメラが設置されている事を明示します。

 狭い場所に表示するためのステッカーが必要だと思って制作しました。

 『防カメ』と省略するのは泥棒除けの場所、例えば窓や勝手口などの位置を想定しています。

仕上がりイメージ

シルエットスタジオ用データダウンロード

 シルエットスタジオ(silhouette studio)用のデザインデータをダウンロードする事が出来ます。

参考事例

防犯カメラ警戒中(縦書き)



マスク着用のお願い

 Google Mapでも『マスク着用を義務付けていますか?』と聞かれるのですが、オフィスやショップはマスク着用をお願いしていないとならない時代です。

 つい、忘れてしまう人も居るので案内板を作ってはどうかと思ってデータを制作しました。

仕上がりイメージ

シルエットスタジオ用データダウンロード

 シルエットスタジオ(silhouette studio)用のデザインデータをダウンロードする事が出来ます。

カテゴリー
ICT・AI・robo

Microsoft Picture Manager 無料インストール ~今日の課題~

★今日の課題★
Picture Manager (Microsoft)を入手しWindows10のパソコンに実装する(2021年)




画像ビューア + 編集ソフト

 Microsoft Picture Managerの機能はビューアと編集です。

 ビューアーとしては、ある程度のスピードで次々とめくっていけるので重宝しています。

 編集機能として明るさやコントラストが調整できますし、角度やサイズも変更できます。

 特に気にっているのがトリミングです。
 サイトに貼付する画像もPicture Managerで適当な形にトリミングしますが、これがマウス操作だけでなく数値で指定できるのが使いやすいです。
 Officeソフトのトリミングは『上』と『左』の基準点を決める作業と、そこからの『幅』と『高さ』を指定する作業の組合せが多く私の思考では追い付かないのですが、Picture Managerは端から何ピクセルカットしたいかを指定するだけなので、感覚的にわかりやすいです。

 サイトに掲載する画像はトリミングして、そのあとで幅を640や480ピクセルに縮小しています。この2つの作業が1つのアプリでできる点が優れていると思います。




2007では標準だった

 Microsoft Office 2007までは標準でインストールできていたPicture Managerですが、2013や2019などをインストールすると付いてこないことにあとから気づきました。

 昨日まではMicrosoft 2007のAccessを使っていたので、ついでにPicture Managerを入れておいたのですが、2019にupgradeするのに伴ってAccessをアンインストールしたところ、Picture Managerも一緒に消してしまいました。

 64bitのOSに32bitのOfficeソフトは何かと不整合が多いためAccess 2007をやめたので、さぁどうしようかと思ったところです。




Microsoft公式無料ダウンロード

 Microsoft Office のオマケ的なソフトではありますが、Microsoftが公式にPicture Managerの無料ダウンロードを認めています。

Microsoftサポート:PowerPoint > 図、グラフ、表 > グラフと図 > Picture Manager の場所


 Microsoftのページでも紹介されていますが『SharePoint』(シェアポイント)というソフトのインストーラーに含まれているので、それを活用します。

 ダウンロードページは32bit版と64bit版があります。

64ビット版
32ビット版

Microsoft SharePoint Designer 2010 (64 ビット版)

Microsoft SharePoint Designer 2010 (32 ビット版)




exeファイルからインストール

 SharePointDesigner.exeというファイルを起動するとインストールが始まります。


 起動すると同意画面が出ますので、そこは型通りに進みます。

 次の画面が重要です。『ユーザー設定(U)』を選びます。

同意画面
インストール種類はユーザー設定を選ぶ



選択的インストール

 ユーザー設定のインストールにすると、下図が表示されます。

 インストール画面では、とりあえずすべてのアプリや機能を『インストールしない(N)』にします。

 名称左にあるドライブアイコンの横の▼を押すとメニューが出てくるので 『インストールしない(N)』 にすると、すべて×になります。


 そのあとで『Microsoft Office Picture Manager』だけ『マイコンピューターから実行(R)』にすれば、1本だけインストールができます。




 今回、少しだけ困ってしまったMicrosoft Picture Mnagaerのアンインストールでしたが、費用ゼロでリカバリできました。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

解決
カテゴリー
ICT・AI・robo

MySQL(さくら)のデータベースをブラウザで表示 ~今日の課題~

★今日の課題★
 さくらインターネットで契約中のレンタルサーバにあるMySQLデータベースを活用してブラウザからデータを見られるようにする。




データベース

 データベースとは、データが格納されている書庫や倉庫のようなものです。単にデータが存在するだけなので、そこからデータを引出さなければ格納されている情報の価値は潜在したままです。

 Excelの表も遠からずデータベースの一種です。
 取り扱えるデータは縦と横の二次元的なマトリクス、そのマトリクスはSheetで別々の物を作る事ができ、Book単位でまとめられます。

 同じMicrosoft製品ではAccessというソフトがデータベース管理ソフトになっています。
 紙媒体で昔からある伝票を積み重ねて帳簿とするようなデータ管理ができます。
 1枚1枚の伝票には取引先や商品などの情報が記録され、それが1カ月単位や客先単位でまとめられ帳簿となります。1枚の伝票が出荷台帳や売上台帳などさまざな帳簿とリレーションする事になりますが、これを昔は手書きで行っていたと思うと、ものすごい労力です。Accessを使えば、1枚の伝票に記録するだけで、さまざまな帳簿にもデータが反映されます。




データのリレーション

 データベース(database)では、データ(data)を関連付け(relation)してを活用していきます。

 relation(リレーション)とは関連や結びつきなどの意味があります。

 データベースでは商品や取引先などをコード化し、伝票上で結び付けるとともに、一意的なデータ管理をします。

 缶コーヒーを仕入れれば『缶コーヒー』だけではわからないので付加情報が必要になります。『ジョージア エメラルドマウンテンブレンド』と入力しても容量がわかりません。
 こうしたときに役立つのがバーコード(JANコード)です。伝票にはコードを入力しておくと商品を取り違えにくくなります。
 これが一意的な入力方法の1つです。

 商品データベースにJANコードと商品名を登録しておくと、伝票にJANコードが入力されたときに商品名を呼び出すことができます。

 この商品が入荷されたときには在庫台帳に記録しますが、JANコードと数量を記録しておけば、あとで『何の商品だっけ?』と思っても、商品データベースに照合することで商品名がわかります。
 これがリレーションの方法の1つです。

 商品が売れれば『在庫が減った』『売上金を受け取った』という記録が行われますが、レジでいちいち在庫台帳と売上台帳に記帳している時間は無いので、レジ専用の伝票を使います。
 実際のオペレーションではバーコードを走査して、お金を受け取って商品を渡すという行為になりますが、裏では何時何分に何円で何を何個売ったという伝票が起票されています。
 細かい事を言えば商品のJANコード以外にもレジの機械番号やレジ係の個人番号、金種なども記録されます。




情報の見せ方

 データベースは、どのようにしてデータを集めて管理するかという事が先行しますが、データは二次利用されなければ価値が生まれません。

 入出庫や売上については業務で活用されるので、その時点で一度は利用されますが、実際には『何時ごろに売れている』『まとめ買いが多い』などの解析にも用いられます。

 今回、いくつかのデータをウェブサイトで見やすくしたいと思ったのですが、どうやったら情報の羅列であるデータベースを見やすくできるのか、そもそもデータベースをウェブサイトで公開できるのか、といった壁に当たりました。




MySQL

 契約中の『さくらのレンタルサーバ』では『MySQL』というデータベースが追加料金なしに設置できます。

 このMySQLがどういうものかわかりませんでしたが『SQL』という名前を冠しているので、おそらくこちらから命令したとおりにリレーショナルデータベースを操作できるのであろうと思いました。

 サーバ上に置くことができるデータベースがMySQLしか無かったので、この一択で話を進めることになりました。




サーバコントロールパネル

 『さくらのレンタルサーバ』でデータベースを管理するためには『サーバコントロールパネル』にログインする必要があります。

さくらのレンタルサーバ:サーバコントロールパネル


 ログインすると下図のような画面になります。

 メニューにある『データベース』を選ぶと、データベース管理画面に遷移します。遷移先でデータベースを作成します。


 以後のデータベース管理は『phpMyAdmin』というウェブツールを使います。




テーブル作成

 データベースの構築の第一歩目は名前を付けるところからですが、実質的な作業は『テーブル』(table)を作る事から始まります。

 テーブルとは、Excelでいうsheetのような意味を持ちます。データのまとまりです。

 例えば『商品』『社員』『在庫』などを作ります。名称は日本語で『tbl_商品』でも良いのですが『tbl_staff』『tbl_zaiko』など半角英数にしておいた方が不具合が出づらいと思います。




カラムの追加

 カラム(column)はExcelでいうセルの列に類似します。

 テーブルは複数のカラムで構成されます。

 識別・重複防止用にユニークなカラムが1つ設定されるのが一般的です。

 社員テーブルであれば社員IDで識別し、氏名や職種、連絡先などのカラムが合わさって1つのテーブルを構成します。

 MySQLでは『phpMyAdmin』という管理ツールを使いますが、その中でカラムを追加する事が出来ます。
 『構造』タブの中に『個のカラムを追加する』という枠がありますので、任意の数を指定します。下図では17個を『class_code』の後へ追加する指示を出しています。




インポート

 作られたテーブル(データベース)にデータを入力するのは手打ちでも構いませんが、外からインポートすることもできます。

 今回はExcelで作ったマスタをCSVファイル(カンマ区切り)に変換して流し込みました。
 Excelの操作は『名前を付けて保存』からファイル種別をCSVにするだけです。
 デフォルトでは1行目も取り込まれるのでご注意ください。

 phpMyAdminではインポートタブからファイルを選択し、フォーマットを『CSV』にして『実行』を押します。




公開用ファイル

 今回はインターネットブラウザで見られるように、ホームページ上に公開することにしました。

 データビュー専用ページを設ける方法が早そうでしたので、そちらにチャレンジしました。

 『test.php』というファイルをパソコン上に作り『メモ帳』ソフトでタグを入力する方法でページファイルを制作します。
 それを『さくらのレンタルサーバ』の『サーバコントロールパネル』から『ファイルマネージャ』を使って原始的にウェブサーバへアップロードする方法としました。

 冒頭の記述はデータベースへの接続になります。
 『$server』にはphpMyAdminに接続する際に表示されているものを入力します。おそらく4桁の数字があると思います。
 『$userName』『$password』にはMySQLのユーザー名、パスワードが入ります。

 『$dbName』はデータベース名です。データベース作成時に任意で付けた名前です。

$server = "mysql●●●●.db.sakura.ne.jp";
$userName = "●●●●●●";
$password = "●●●●●●";
$dbName = "●●●●●●";

<?php
server = "mysql●●●●●.db.sakura.ne.jp";
$userName = "●●●●●";
$password = "●●●●●";
$dbName = "●●●●●";

$mysqli = new mysqli($server, $userName, $password, $dbName);

if ($mysqli->connect_error){
    echo $mysqli->connect_error;
    exit();
}else{
    $mysqli->set_charset("utf-8");
}

$sql = "SELECT * FROM ●●●●● ORDER BY ●●●●● Asc";

$result = $mysqli -> query($sql);

//クエリー失敗
if(!$result) {
    echo $mysqli->error;
    exit();
}

//レコード件数
$row_count = $result->num_rows;

//連想配列で取得
while($row = $result->fetch_array(MYSQLI_ASSOC)){
    $rows[] = $row;
}

//結果セットを解放
$result->free();

// データベース切断
$mysqli->close();

?>
画像をクリックすると拡大

 後半では表示するデータ(カラム)と表示名を指定します。
 下記コードで表示名を順番に指定していきます。 黒丸の所は任意の文字列です。日本語でも大丈夫です。

<tr>
<th>●●●●</th>
</tr>

 下記コードではページのどのカラムを表示するか指定します。
 黒丸のところには、MySQLのカラム名を入力します。任意で『td』で囲まれた行を増やしていきます。

<?php
foreach($rows as $row){
?>
<tr>
<td><?php echo $row['●●●●"];,?></td>
</tr>
<?php
]
?>

 以後のデータベース管理は『phpMyAdmin』というウェブツールを使います。


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>●●●●●</title>
<meta charset="utf-8">
</head>
<body>

<div style="text-align: center;">
<a href="/db"><img src="●●●●●.png" alt="●●●●●" title="●●●●●"></a>
</div>

<hr>
<br>

<h1>●●●●●</h1>

<div style="text-align: center;">
<a href="https://www.●●●●●" target="_blank" style="text-decoration:none;">●●●●●</a>
</div>

レコード件数:<?php echo $row_count; ?>

<table border='1'>
<tr>
<th>●●●●●</th>
<th>●●●●●</th>
<th>●●●●●</th>
</tr>

<?php
foreach($rows as $row){
?>
<tr>
<td><?php echo $row['●●●●●']; ?></td>
<td align="center"><?php echo $row['●●●●●']; ?></td>
<td align="center"><a href="●●●●●.php?id=<?php echo $row['●●●●●']; ?>" target="_blank"><?php echo $row['●●●●●']; ?></a>
</td>
</tr>
<?php
}
?>

</table>

</body>
</html>
画像をクリックすると拡大



公開

 『さくらのレンタルサーバ』の『サーバコントロールパネル』を開きます。その中にある『ファイルマネージャ』を開きます。

 ウェブサイト用に用意してあるフォルダ(www)に、先ほどの『test.php』をアップロードします。

 ブラウザを開いて、先ほどのファイルのアドレスを入力します。
 例えば『http://www.●●●.sakura.ne.jp/test.php』のようなアドレスです。黒丸には契約時に決めたIDが入ると思います。




DBデータメインテナンス

 データベースの構造は一度制作すれば終わりですが、中身のデータは更新していく必要があります。

 当方ではデータ管理をMicrosoft Accessで行っているため、このデータをMySQLに書き込むことになります。

 MySQLでインポートに対応しているファイルはCSVやSQLなど限られたファイル形式です。AccessのMDBファイルやExcelのXLSXファイルなどは対象外です。

 一番手軽なのがCSVファイルです。Excelなどでも標準的にエクスポートできます。




Access ⇒ CSVエクスポート

 Accessでは『外部データ』のタブ内に『エクスポート』という項目が用意されています。

 今回はCSVファイルなので『テキストファイル』を選びますが、『Excel』を出力してからCSVに変換する方法でも同じ結果は得られます。


 エクスポートのテキストファイルを選ぶと下図の『データのエクスポート先の選択』画面が現れます。


 ファイルの拡張子が『.txt』となっているところを、『.csv』に書き換えて『OK』を押します。


 ウィザードが現れて細かな決定ができますが、特に変更することなく次々と先へ進んでファイルを出力(エクスポート)します。


 私の場合はここでもうひと手間加えています。
 出力(エクスポート)したCSVファイルをExcelで開いて、中身は何も触らずに『名前を付けて保存』を選び、ファイル形式を『CSV UTF-8 (コンマ区切り)』に指定して保存し直しています。
 phpMyAdminのインポートでは『ファイルの文字セット』がデフォルトで『UTF-8』になっているようですので、そちらに合わせています。
 他の作業でもJISでは上手くいかずにUTF-8にすると上手くいくことが多いので、このひと手間を加えています。


 だいたいの場合、Excelから操作で問題なかったのですが、ときどき上手くいかない事がありますので、お勧めするのは『メモ帳』を使う方法です。

 データベースの主キーとなるID等をゼロ詰めのコード、例えば1番なら『0001』としている場合、Excelで操作すると数字の前のゼロを消してしまいます。

 消されるとコードが崩れてしまい、データベースとして使えない場合があるので、勝手に変換する機能を持たない『メモ帳』を使います。

 メモ帳で『名前を付けて保存』を選び、ダイアログボックスの下方にある『文字コード』を『UTF-8』にして保存します。


 ファイル形式はドロップダウンメニューから選べないので、手入力でファイル名の末尾を『.csv』にします。

 もし、CSVにせずTXTで保存してしまった場合には、エクスプローラーで編集します。
 普段は表示されていないかもしれませんが、エクスプローラーの『表示』タブを開くと『ファイル名の拡張子』というチェックボックスがあるので、そこにチェックを入れると、エクスプローラー上のファイル名に拡張子が表示されます。
 先ほどのファイルは『.txt』という拡張子で終わっていると思いますので、そこを『.csv』に変えれば完了です。

 まぁまぁ面倒な作業なので、メモ帳で完結しておいた方が良いと思います。




テーブルを空にする

 データのメンテナンスを進める前に、テーブルの掃除をします。

 phpMyAdminでメンテナンス対象のテーブルを開き、上の方のタブで『操作』を選びます。
 すると下図が現れます。


 画面左下に赤字で『テーブルを空にする (TRUNCATE)』という記述がありますので、そこをクリックします。
 ちなみに" TRUNCATE "とは切り捨てるという意味です。

 画面には確認のポップアップ表示が出ますので、そのまま『OK』をクリックします。

 データの量にもよりますが数秒で『返り値が空でした (行数 0)』という表示がでます。

 テーブルの中身を表示する『表示』タブを選んでも、項目名だけしか表示されません。




更新データのインポート

 データベースは空になったので、あとはデータを取り込むだけです。

 phpMyAdminでテーブルを選択し、上方の『インポート』タブを選びます。

 ファイル選択をクリックするとダイアログが開くので、先ほど用意したCSVファイルを選択します。

 自動的にフォーマットがCSVになりますが、念のため確認しておきます。

 内容に問題が無ければ『実行』をクリックします。


 今回は4403件のデータ、10秒程でインポートが完了しました。

 インポート後には『インポートは正常に終了しました。4403個のクエリを実行しました。』という表示が出ます。

 この『4403個』が元データと一致しているか確認します。
 今回はAccessのレコード数も4,403件でしたので、間違いありませんでした。

MySQLサーバ上の件数
Access上の件数



参考資料

【参考】Qiita:MYSQLとPHPをつかって表を出力してみる(2018年4月18日投稿)

【参考】思考の葉:MySQLにつないでデータを追加する[INSERT][mysqli](2016年1月18日投稿)

【参考】思考の葉:MySQLにつないでテーブルデータを表示させる[SELECT][mysqli](2016年1月19日投稿)




 今回、4千行以上あるエクセルファイルをデータベースにインポートして、それをウェブで公開することができました。

 MySQLとPHPの組合せで、意外と簡単にできました。

 あとはリレーショナルデータベースの本領を発揮できるようなSQLを考えるだけです。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

解決
カテゴリー
ICT・AI・robo

【解決済】アップデート後にThunderbirdがクラッシュ(91.3.0) ~今日の課題~

 メーラーソフト『Thunderbird』(サンダーバード)が、メールを閲覧しているだけで特にアクションを起こさなくてもクラッシュするようになりました。

 メール送信などを押すと落ちるという現象は頻発なので、とりあえずウェブメールで送受信は対応しました。

 結論としては、ユーザー側のインストールの問題だったようです。32bit⇒64bitに書換えて経過観察中です。

Mozillaクラッシュレポータ
ご迷惑をおかけして申し訳ありません
Thunderbirdの動作に問題が発生し、不正終了してしまいました。
問題の原因特定と解決のためにご協力いただける方は、クラッシュレポートの送信をお願いします。
四角
問題を解決できるようMozillaにレポートを送信する
詳細
コメントを記入できます(入力内容は公開されます)
終了または再起動時にクラッシュレポートが送信されます。
Thnderbirdを再起動
Thunderbirdを終了

 上図はクラッシュしたあとで出て来る画面です。

 この画面が出るということはすなわち、Thunderbird側でクラッシュが発生した事を認識できているという事になります。

 あまりに頻発するので、どのような行動をしたあとでクラッシュしたかを入力して『Thunderbirdを再起動』をクリックしています。

 クラッシュレポータについては下記に詳しく説明があります。

Mozilla Support:Mozilla クラッシュレポータ TB




クラッシュレポートの例

 レポートは詳細に確認することができます。

 下図の例ですとローカルのThunderbirdにはレポートID『bp-794b030b-dfe2-445a-8591-3460e0211106』と送信日時『2021/11/06 11:46』しか残っていませんが、ウェブで参照すると細かいデータが残されています。

 レポートには『Crash Reason』という項目がありますが、確認されたクラッシュ理由にはいくつかの種類がありました。

EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION_READ
例外アクセス違反

STATUS_FATAL_MEMORY_EXHAUSTION
致命的なステータスメモリの喪失

EXCEPTION_BREAKPOINT
例外ブレークポイント

Signatureサイン
UUIDユニーク識別子
Date Processed処理日時(日本時間ではなくUTC)
Uptime稼働時間(秒単位と何分何秒の表示)
Last Crash最後のクラッシュ報告からの秒数
Install Ageインストール経過時間(秒数)
Install Timeインストール日時
Product製品名(Thunderbird)
Release Channelリリースチャネル
Versionバージョン(今回は91.3.0)
Build IDビルドID
OSOS(今回はWindows 10)
OS VersionOSバージョン
Build Architectureビルドアーキテクチャ
CPU InfoCPU情報
CPU CountCPU数
Adapter Vendor IDアダプタベンダーID
Adapter Device IDアダプタデバイスID
Startup Crashスタートアップクラッシュ(False)
Process Typeプロセスタイプ
Crash Reasonクラッシュ理由
Crash Addressクラッシュアドレス
Total Virtual Memory合計仮想メモリ
Available Virtual Memory利用可能な仮想メモリ
Available Page File利用可能なページファイル
Available Physical Memory利用可能な物理メモリ
System Memory Use Percentageシステムメモリ使用率
EMCheckCompatibilityEMチェック互換性
App Notesアプリノート
Processor Notesプロセッサーに関する注意事項



Mozilla Support Site

 公式サポートサイトで検索してみましたが、明確な解決策は出てきませんでした。

 わかったことは、『「クラッシュ」とは、Thunderbird が予期せず閉じてしまうことです』ということです。

 解決策は『効果的な助けを得るもっともよい方法は、フォーラムやバグレポートに クラッシュレポート ID を投稿するか、スタックトレースを添付することです』という事で、誰かの助けを借りましょうというのが結論になってしまいそうです。




91.3.0

 現在のThunderbirdのバージョンは91.3.0です。

 このバージョン確認のために下図の画面を開こうとしただけでも途中でクラッシュしました。メール送受信に関係ないヘルプのタブでもクラッシュが起こります。

 バージョン情報の確認方法ですが、メニュータブから『ヘルプ(H)』を選び、『Thunderbirdについて(A)』を選ぶと表示されます。メニュータブが画面上方に無い場合は、キーボードの『Alt』(オルト)キーを押すと現れます。 

 今回のクラッシュ頻発は2021年11月5日~6日にかけて発生し始めて、その後はずっと頻発です。6日にメール送信しようとしてクラッシュした記憶があるので6日(土)の午前には始まっていたと思われます。

 トラブルの原因がアップデートにあるかもしれないと思ったので『ヘルプ』から『トラブルシューティング情報』を開いて確認しました。


 更新履歴を確認すると2021年11月5日の19:19:46にバージョン91.2.1が91.3.0に更新されたことがわかりました。




91.3.0の内容は修正のみ

 今回のアップデートでは『FIXES』にはたくさんリストがありましたが『NEW』は表示がないのでゼロでした。

 修正の中で気になったのは最初に出て来る"Default mail headers were set incorrectly when the value contained a colon (:)"という修繕です。

 私も少しプログラミングをかじっていますが、このコロンなどの記述はやっかいだなと実感することがあります。様々な記号はプログラミング言語としての意味を持ってしまっているので、それがプログラム上の言葉ではなく、ユーザーが任意で入力した文字であることを、プログラム内に論理的に記述しておかなければならないので、実際はバグを指摘されてから気づく事があります。人間の仕事なので、仕方ないとは思っていますが、プログラマーさんとしては回避したいと考えていると思います。

 91.3.0ではヘッダーの件は解消されたようですが、他にも同様の穴があるのであれば、今回のクラッシュの原因と関係しているかもしれないなと思いました。

Default mail headers were set incorrectly when the value contained a colon (:)値にコロン(:)が含まれている場合、デフォルトのメールヘッダーが正しく設定されていませんでした
Thunderbird did not send the QUIT command when closing an SMTP connectionSMTP接続を閉じるときにThunderbirdがQUITコマンドを送信しなかった
Mail tabs could not be closed using the context menuコンテキストメニューを使用してメールタブを閉じることができませんでした
"Print" context menu was still shown when no message pane was displayed"Print" context menu was still shown when no message pane was displayedメッセージペインが表示されていない場合でも、「印刷」コンテキストメニューが表示されていました
Windows tray icon did not reappear after restarting Windows ExplorerWindowsエクスプローラを再起動した後、Windowsトレイアイコンが再表示されませんでした
Compose window attachment drag and drop fixesウィンドウ添付ファイルのドラッグアンドドロップの修正を作成する
Various macOS stability improvementsさまざまなmacOSの安定性の向上
Drag and Drop area for file attachments on Windows was incorrectWindowsの添付ファイルのドラッグアンドドロップ領域が正しくありませんでした
CardDAV address books without a name did not work名前のないCardDAV名簿は機能しませんでした
Thunderbird tried to refresh disabled and manual-only calendars when the network state changed from offline to onlineThunderbirdは、ネットワークの状態がオフラインからオンラインに変わったときに、無効な手動のみのカレンダーを更新しようとしました
Various Calendar event dialog fixesさまざまなカレンダーイベントダイアログの修正
Various security fixesさまざまなセキュリティ修正



今できるのはアップデート手動化

 いまはメーラーソフト(Thunderbird)側の問題自体を解決する策はなさそうなので、次に備えるくらいしか対処方が思いつきません。

 今回、自動アップデートしたことでクラッシュするバージョンに切り替わったとすれば、自動アップデートを阻止するしか方法がありません。

 方法は『ツール』から『設定』を選び、『一般』の中でスクロールして下の方に進むと『更新』という項が見つかります。

 更新の中にある『更新を確認するが、インストールするかどうかを選択する』のラジオボタンをオンにすると自動更新は止められます。


更新を確認するが、インストールするかどうかを選択する



いつ更新すべきか

 これが問題です。

 よくWindows Updateでも取られる策ですが、他人が試用して問題ないと評価されたら使い始める、というのが無難なところだと思います。

 アップデート直後の不具合が問題になりそうですので、少なくとも1週間は間をあけてアップデートすると良いかなと思います。

 今回はクラッシュが始まったのが金曜の夜でしたので、仕事で使う人は月曜の朝にThunderbirdを起動してアップデートが始まり、その後にクラッシュして困るという流れだと思います。

 ウェブ上に『クラッシュした』という情報が飛び交うのが月曜午前だとすると、11月5日夜~11月8日午前の2日半は空白、8日午後から翌日にかけて投稿が増えて検索に引っ掛かる様になると11月10日頃が『不具合は出ていないかな?』とチェックする好機かなと思います。

 もし不具合報告が多いようでしたら、WindowsかMacかなどの確認ができるようになるまで更に時間が必要ですし、できれば確認せず修繕版が出るまでアップデートしないで静観するのが望ましいと思います。

 1つ前のアップデートは10月24日22時でした。そこから2週間、特に不具合の投稿などは無かったので、何もなければ世間もざわつかないことは確かなようです。

 今後、更新情報を得てから2週間は置くようにしたいと思いました。




使用環境の情報整理

 現在使用中のパソコンは2020年12月に調達したWindows10がインストールされていたパソコンです。Windows7などからのUpgradeではありません。

 Windows11ではありません。

 関係ないと思いますが、OfficeソフトはOffice365ではなく永久使用版のOffice2019です。

 ウイルス対策ソフトはMcAfeeです。




32bit用?

 今さらですが、Thunderbirdが32ビット用である事に気づきました。OSは64ビットのWindows10ですので、ここの不整合はユーザーの問題です。

 64bit用のThunderbirdを手に入れれば解決するかもしれません。




なぜ32ビット用がインストールされているのか?

 Thunderbirdをダウンロードするには公式サイト(https://www.thunderbird.net/ja/)にアクセスしますが、このサイトの一番目立つ位置に『無料ダウンロード』という緑色のボタンがあります。

 これをクリックすると32ビット版のThunderbirdがダウンロードされます。

 64ビット環境でも使えてしまうので、私は気づかずに使い続けていました。




64bit版は『システムと言語』から

 Thunderbirdの公式サイトの無料ダウンロードボタンの下に『システムと言語』という文字が小さめにあります。

 64bit版を手に入れるには、これをクリックする必要があります。


 次の画面では言語別のThunderbirdが一覧されるので『J』の項にある『Japanese』を探します。

 そこに『WINDOWS 64-BIT』というボタンがあるので、それをクリックすると64bit版のThunderbirdがダウンロードできます。




データをバックアップ

 Thunderbirdの書換の前に、データをバックアップしました。

 Thunderbirdでは、メールアカウントごとにフォルダが作られて送受信メールが保存されています。

 そのフォルダを丸ごとコピーしておくと、あとで送受信メールを復元できます。

 今回、圧縮ファイル(.zip)にして保存しましたが、合計で20GBのファイルになりました。空き容量には注意が必要です。




exe起動で上書きインストール

 ダウンロードしたファイル(Thunderbird Setup 91.3.0.exe)を起動するとインストールが始まります。

 特に目新しいことのないウィザードに従ってインストールを勧めます。


 ウィザードに従ってインストールすると、自動的に32bitは64bitに書き換えられます。

 Thunderbirdを起動しバージョン情報を確認すると64ビットに変わっている事が確認できます。


 この32bit⇒64bitの書換により、ユーザー側で特に変化を感じる部分はありません。

 アカウント情報はパスワード等も含めすべて残っていますし、送受信メールもすべて残っています。

 したがって、作業時間はわずか数分です。ダウンロードに1分程、exeを起動して最後まで行くのに1分程、Thunderbirdが起動して内容をチェックするのに1~2分程でした。

 バックアップを使わずに済みました。




無駄な産物の廃棄

nstmp

 32bit版でクラッシュしているときから存在には気づいていましたが、操作するとクラッシュするので諦めて静観していたフォルダがあります。

 32bit版から64bit版への書き換えが終わり、クラッシュしなくなったので処理を進めたいと思います。

 フォルダ名『nstmp』はThunderbirdでメッセージフォルダを最適化する際に作られる一時フォルダです。

 今回、この一時フォルダが作られて最適化処理が進められている最中にクラッシュしたようで、この一時フォルダが残ってしまっていました。

 フォルダの中身は受信メールでした。2021年の1~2月頃のメールが数百通あったのですが、同じメールは受信フォルダにも残っていたので、特に削除の影響は無いと思って削除しました。

 たぶん2回、同じ状況があったようで『nstmp-1』という類似フォルダが作られていたので、そちらも削除しました。

nstmp

【参考】mozilla Support:フォルダーの最適化




改善まではウェブメールで一時回避

 多くのメールボックスサービスに『ウェブメール』のサービスがあります。

 ブラウザでメールを確認できるという物なので、Thunderbirdが使えなくてもメール送受信はできます。

 ただし、送信メールをThunderbirdに反映させるには諸々の設定の関係もあるので、一概に大丈夫ともダメとも言えません。




送信メールをあとでThunderbirdで振分け

 私の場合、ウェブメールからの送信メールにはすべて『BCC』で、送信元となる自分のアドレスを付けて送信しています。

 こうすると、自身の受信ボックスに送信したメールが届きます。当然ながらメールサーバに保存されます。

 ウェブメールはブラウザを使うのでその場限りですが、メールサーバには記録が残っていますので、Thunderbirdを起動して正常に動けば、Thunderbirdにメールが取り込まれます。

 受信ボックスには、自らが送信したメールも入ってきます。

 この送信済のメールを受信ボックスから送信ボックスへとドラッグ&ドロップで動かすと、あたかもThunderbirdから送信したメールかのように保存されます。

 この操作はアーカイブのために行っている操作なので、送信した記録を振り返ることが無ければ、特に要らない操作です。

 このとき、メール受信後にサーバから削除しない設定にしておかないと、あとでThunderbirdがメールサーバにアクセスしても受信するメールが存在しません。




ウェブメールの使用方法

 各社それぞれの方法があるので、それぞれの方法をお試しください。

さくらインターネット:ウェブメールの利用方法

BIGLOBE:Webメール(利用方法)

So-net:So-net Webメールの利用方法を知りたい

OCN(NTT):OCNメール(Webメール)の使い方がわからない

J:COM:WebMailの利用方法

Baycom ZAQ:WebmMail

hi-ho:Q&A メールサービス

BB.excite:BB.exciteメールの利用方法(WEBメール)

TOKAIネットワーククラブ:Webmail

plala:Webメール マニュアル

AsahiNet:WEBメールの利用方法

コミュファ光:Webメールの利用方法

とくとくBB by GMO:GMOとくとくBBのWEBメールについて教えてください

Xserver:WEBメール

UCOM光:Webメール利用方法・動作環境

ConoHa WING:ご利用ガイドWebメールでメールの送受信をする

ウイルネット:WEBメールの利用方法について

インターリンク:FAQ Webメールの利用方法

SaiNet:パソコンでのWebメールの使い方

YAHOO!JAPAN:はじめてYahoo!メールを利用される方へ

au:ご利用方法, Webメール

dアカウント:ケータイメールとウェブメールとは?

avis:Webメールサービス利用方法

トコちゃんねる静岡:Webmail

古河ケーブルテレビ:KGC WEBメールのご利用方法

グリーンシティケーブルテレビ:Webメールの使い方

ii-okinawa:Webメール

カゴヤのサーバー研究室:Webメールとは?




 今回はメーラーソフト『Thunderbird 91.3.0』の不具合かもしれない原因不明の状況下、メール閲覧中でも何でも突然クラッシュして画面から消えてしまう現象に遭遇しました。

 その解決策は、まだ見つかっていません。

 週末に発見したので世の中のお仕事現場への影響はまだわかりませんが、少なからず影響があるのではと懸念しています。

 まだクラッシュに遭遇していない人は、取り急ぎThunderbirdのアップデートを手動化して、今回の91.3.0のインストールを見送るというのも手段の1つだと思います。

 インストール済の私のような人は、32bitと64bitの相違などを確認し、対策できるようでしたら実施しましょう。

 あとは、91.3.0より上のバージョンが出たら速やかにインストールする事だと思います。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

継続

2021年11月6日




 2021年11月13日現在、何ら問題なく動いています。

 この1週間で1,000通以上のメール受信、数十時間のThnderbird稼働がありましたが、一度もクラッシュしていません。

 おそらく、私のパソコンに関しては32ビット版であった事が原因、32bit⇒64bitが解決策であったようです。

解決

2021年11月13日




 2021年11月15日、91.3.1がリリースされました。

 今回の問題の解決策かわかりませんが、新しいバージョンが出ていますので、いまだお困りの方はアップデートもご検討頂ければと思います。

Thunderbird Release Notes: Version 91.3.1, first offered to channel users on November 15, 2021

2021年11月15日




 2021年11月19日に91.3.2がリリースになっています。

Thunderbird Release Notes: Version 91.3.2, first offered to channel users on November 19, 2021

2021年11月19日




 2021年12月7日に91.4.0がリリースになっています。

Thunderbird Release Notes: Version 91.4.0, first offered to channel users on December 7, 2021

2021年12月7日




関連記事

Thunderbirdでブルースクリーン
Thunderbird popstate.dat
カテゴリー
ICT・AI・robo

Android『不明なエラーが発生したため、端末にログインすることはできません。別のアカウントでお試しいただくか、24時間経過してからもう一度ログインをお試しください』 ~今日の課題~

★今日の課題★
 フリマアプリでスマホを入手して喜んでいましたが、Googleアカウントにログインできずに困ってしまいました。ログインできないので困ってしまいました。

 表示されているメッセージは『不明なエラーが発生したため、端末にログインすることはできません。別のアカウントでお試しいただくか、24時間経過してからもう一度ログインをお試しください』でした。




エラーメッセージ

 『不明なエラーが発生したため、端末にログインすることはできません。別のアカウントでお試しいただくか、24時間経過してからもう一度ログインをお試しください』というメッセージがログイン直後に出て、自動的にログアウトします。

 海外のサイトを検索すると、下記のようなメッセージが出た際にリセットをして改善したような報告があります。

"Unable to sign in to device due to a recent password change. Please try to sign in again 24 hours after the password change performed"

"Unable to sign into device due to an unknown error. Please try again in 24 hours."




24時間経過しても変化なし

 前述のメッセージは24時間経過後に試しましょうという内容でしたが、24時間後に解消されるものではありませんでした。

 根本原因を分析して、対処しなければなりません。




端末保護機能(Device Protection)

 Androidに標準搭載された機能です。

 拾ったり盗んだスマホを勝手に自分の物にしようとする人が居ては困るので、それを不可能にするためにGoogleが搭載した機能です。

 端末保護機能が働く条件があります。

 スマホからGoogleアカウントが完全に消去されていない状態で、スマホをリセットすると端末保護機能が働きます。

 もう使わなくなったからと誰かにスマホを差し上げようと考えて、中身を消去せずにリセットを掛けると端末保護機能が働きます。

[Link] Android: 他人に無断で使用されないようにデバイスを保護する




スマホのリセット方法

 今回使用したF-05Jの例です。

 本体横にある3つのボタンを同時に押します。

  1. 電源ボタン
  2. 音量上ボタン
  3. 音量下ボタン

 起動するとランプが点灯するので、3つのボタンから手を離します。

 ランプが点灯している状態で、電源ボタンと上ボタンを同時に押して、バイブが振動したら放します。

 やがて起動画面が表示されるので、指を離します。

 そのあとは以下から希望するモードを選択します。

  • Factory data reset
  • System update
  • System check

 音量ボタンで選択、電源ボタンで決定です。




アカウント情報が残っていると進めない

 先述の通り、Googleのアカウント情報が残っていると端末保護機能が働いて、先に進めなくなります。

 手順としてはWi-Fi情報を入力しないと先に進めず、ネット接続状態なのでGoogleアカウントのチェックが入ります。

 Googleアカウント情報を残したままFactory data resetを実行すると『このデバイスはリセットされました。続行するには、このデバイスで前に同期したGoogleアカウントにログインして下さい』と表示されます。

 自身のスマホであれば問題ありませんが、譲り受けた場合には困ります。




Googleアカウント情報を忘れてもリセットしない

 自身のスマホで、アカウント情報を忘れたからといってリセットするのも危険です。

 同じように情報を求められるのでリセットしても解消されないですし、リカバリの選択肢を減らす事になると思います。




ログアウト

 ログアウトの手順は、概ね下記のとおりです。機種やOSのバージョンにより多少異なるようです。

  1. 設定
  2. アカウントとバックアップ
  3. アカウント
  4. 削除したいアカウントを選択
  5. 『アカウントを削除』を選択

 富士通のF-05J、Android7.1.1では下記手順でした。

  1. 設定
  2. 位置情報・アカウント
  3. アカウント
  4. 削除したいアカウントの選択
  5. 右上のメニューから『アカウントを削除』を選択
  6. 確認画面で『アカウントを削除』を選択

 モトローラーのmoto g7 power 2020、Android 10では下記の手順でした。

  1. 設定
  2. アカウント
  3. 削除したいアカウントの選択
  4. 『アカウント削除』を選択
  5. 確認画面で『アカウントを削除』を選択



返送してリセット要請

 今回はフリマアプリで購入したスマホが端末保護機能によりロック状態となりました。

 ここで想定された選択肢は以下の通りです。

  1. 出品者からGoogleアカウントを聞いてリセット
  2. 返品する
  3. ドコモショップへ持ち込む
  4. メーカーへ依頼する
  5. デバイスを送り返して解除後に、再度送ってもらう
  6. 何もしない

 この売買は個人間取引中、匿名配送なので互いに氏名も性別もわかりません。そのような中で1番はあり得ないと思います。

 荷物が届いて、箱を開けて、中身が揃っていたので受取確認をしてしまったので取引成立、この時点でフリマのプラットフォームを使った返品はできない状態です。
 出品者様にもしっかりお伝えしましたが『返品を承諾する義務はない上で相談です』と前置きして、今回のやり取りをしました。

 3番と4番は手間がかかる上に、確実性が無く、しかも料金が発生する可能性があるという事で、それならば他の機種をフリマアプリで探した方が時間もお金も節約できると考えました。

 そこで交渉したのが、デバイスを送りますのでログアウトして貰えませんか、という主旨の事です。

 今回、良い出品者様でしたので『送料も負担するので返送してください』というお返事が来ました。
 一応『この要望は無視する権利もあります』とはお伝えしましたが、誠心誠意ご対応頂けました。

 追跡番号付きのレターパックで送り、レターパックで返ってきました。

 こんどはしっかりとログアウトされており、解除できました。

 良い人に当たって良かったです。




 今回はフリマアプリで購入したスマホが、初期設定段階でのログインができずスタックしました。

 原因としては、前の持ち主さんがログアウトする前に工場出荷時のリセット(Factory data reset)をしてしまった事が原因であろうと思われました。

 その解決法としては、再ログインをしてもらったあとで、しっかりログアウトしてリセットするというものでした。

 その通りに作業して頂いたおかげで、購入者として出品者情報を知る事なくログインができました。

 今回は良い出品者様でしたので、互いの住所を明かしてやり取りできましたが、このご時世ですので珍しい事だと思います。本当に感謝です。

 出品者様と互いに確認したのは、スマホについて知識を持って取引しましょう、という事でした。お互いに、このような事象を知らずに取引したのがそもそもの始まりでした。

 フリマアプリでの取引は個人間、多少の不備も承知の上で取引しているので苛立ちや不満はありませんでした。安く買えたら価値(勝ち)、時には『安物買いの銭失い』もあるが経験として良いかなと思って取引しています。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

解決
カテゴリー
ICT・AI・robo

パワポでイラストを作成してCAMEO 4でカッティング ~今日の課題~

★今日の課題★
先日、イラレを使ってイラストをsilhouette studioで活用する方法は確認しましたが、今回はパワポでイラストを作る方法を試してみました。




今回のゴール

 今回のゴールは下図のような物です。

 マスクを着用してくださいという文字と、イラストです。




記事を動画化

 今回の記事は、作業の部分を動画にまとめています。

 方法を知りたい場合、記事を読むよりラクだと思います。




パワポでイラストづくり

 MicrosoftのOfficeシリーズには、プレゼンテーションに使うPower Point(以下『パワポ』とします)というソフトがあります。

 昔は学術関係者や医療関係者など一部の人がスマートに使いこなす感じでしたが、今では高校や大学のレポートでも使うようになり、会社でも多用している所が多いと思います。

 OfficeにはWordやExcelなどと共通して図画作成を補助する機能があります。
 今回、PowerPoint(パワポ)を使ったのは、キャンバスのサイズを自在に変更できるからです。




縦横比

 パワポでイラストを作る際、サイズはcm単位になり、画像データになればピクセルになるので、絶対値はあまりあてにしていません。

 重視しているのは縦横比です。

 今回は4:3にしましたが、だいたい使うのは下記のものです。

  • 1:1
  • 4:3
  • 16:9

 イラストでは1:1で作る事が最も多いです。

 今回はマスクなので横長、スペースの都合もあるので4:3にしました。イラスト単体で横長ならば、16:9にすることが多いです。




図形の組合せ

 Adobe Illustartor(以下『イラレ』とします)を使う場合は、様々な曲線などが使えるので、それなりに素晴らしい図画を描くことができると思います。

 パワポで描画する場合は四角や丸の組合せになるので、さほど感動する絵は作れないと思います。

 今回はカッティングマシーンで切れるレベルでのイラストを、短時間で作ろうと思ったのでイラレではなくパワポで作ってみました。

 イラレは何万円も払って調達する重たいソフトなので誰もが使える物ではありませんので、今回は説明も兼ねているので汎用性の高いパワポを使ってみようと思いました。




耳のゴム紐はオリジナル

 パワポの機能でも、フリーハンド的に描くことはあります。

 今回唯一のフリーハンド、もしどなたかが真似してデータを作った場合でもそれぞれに違いが生まれると思います。




ディテールはアイディア次第

 マスクのディテールをどう表現するかはアイディア次第です。

 今回はヒダを入れてみました。

 今から考えると、ステッカーのメディアに白色を使う場合は切り落とす部分を最小化した方がマスクっぽかったなと思いました。

 次への反省です。




シルエットスタジオでカットデータ制作

 イラストはシルエットスタジオに挿入して活用します。

 画像挿入後、右側のアイコンから『トレース』を選び、イラストを選択します。

 トレースを実行すると輪郭が描かれます。

 文字を適当に入れます。サイズのバランスは好みで決定します。

 最後に送信ボタンを押すとカットされるラインがプレビューされます。




一連の作業

 今回の一連の作業を動画にまとめました。

 自宅にはマスク着用を促す場所がないので貼付することができず、他の物を参考動画として最後に付けています。




 今回はMicrosoft Power Point(パワポ)を使ってイラストを作り、silhouette studioでカットデータを制作し、silhouette CAMEO 4でカットしました。

 特に問題なく一連の作業は進みました。

 作ったは良いが、貼る場所が無いのでお蔵入りになりましたが、イラストを作ってカットする作業は確認できました。

解決
カテゴリー
ICT・AI・robo

イラレで制作したデータをCAMEO用アプリsilhouette studioで使う ~今日の課題~

★今日の課題★
 CAMEO4に附属のデザインソフト『silhouette studio』は、無償版ではイラレの.aiデータを扱えません。
 1万円の有償版にせずに、イラレデータを扱う方法にチャレンジしました。




CAMEO 4

 グラフテック社から発売されているカッティングマシンやカッティングプロッタと呼ばれる装置です。

 どのような装置で、どのような使い方をするのかは先週の記事をご参照頂ければと思います。




前回のゴールはテキストデータ

 前回、駐車場の案内表示板の制作を成功させましたが、あの時に使ったのはテキストデータです。

 Wordなどと大差なく、文字を入力してフォント種とサイズを選んで配置しただけです。

 大半の表示板はそれで十分ですが、一部で図画を使いたいところがあります。

 今回の課題は、図画の使用に関する事です。




今回のゴールはイラストデータ

 今回は、看板にイラストを入れたいと思ってのチャレンジです。

 『進入禁止』のように太い線のイラストデータをカッティングシートで作るのは比較的簡単だと思います。

 ある程度のサイズがあれば、細い線のイラストもカッティングシートで表現できると思います。

 今回は初めてなので中間的な物です。
 全体としては太い線の描画、一部で細いパーツが含まれている物です。




Silhouette Studio Business Edition

 CAMEOに附属のシルエットスタジオ(デザインソフト)にはベーシックエディション(無償版/メーカではスタンダードとも呼ぶ)以外に、アップグレードで入手できる3つのエディションがあります。

 その最上位がビジネスエディションです。
 そして、ビジネスエディションのみがイラレデータ(.ai)に対応しています。

Business Editionで追加される機能

 一番安いユーロポートさんで11,000円です。
 メーカーに直販をお願いしても11,000円です。
 今ですと、10月1日までユーロポートさんは500円引クーポンをYahoo!ショッピングで出しているので、メーカー直販より少し安いです。

CAMEO 4 を買うと付属されているデザインソフト『Silhouette Studio』の機能を充実させるためのパッチソフトです。



小さい看板なら高精細は要らない

 イラレで作ったデータが、そのまま使えれば、高精細なデータを生で活かすのでキレイに仕上がる事が期待できます。

 一方、何らかの形に変換してしまうと、少しずつロスが生まれる可能性があります。

 しかしながら、10cmや20cmといった看板などでは、曲線が多少ガタついていても、ほんのわずかですので気になりません。

 言い方を変えると、わざわざ11,000円も支払ってそのガタガタを解消するという程の価値が見いだせません。




Basic Editionの機能を精査

 ソフトを起動すると表示されるのはベーシックエディションですが、メーカーサイトではスタンダードと表示されています。

 どちらでも良いのですが、機能をよく見ていくと無償版でもPNGファイルに対応していることがわかります。

 つまり、.aiは対応していなくても、データを.pngに変換できれば無償版でもカットできるという事です。




透明化でメリハリ

 silhouette studioでPNGデータを取り込んだ時、カット線がキレイに出るのは、背景色に透明を使っている所です。

 この透明と色塗り部分の境界は明確に区別されるようですので無償版でも鮮明なカット線が描かれています。

 Adobe Illustratorで『ファイル』メニューから『書き出し』を選びます。
 コモンダイアログ画面で『ファイルの種類』を『PNG』にして保存します。

 保存時に表示されるPNGオプションで『背景色(C)』は『透明』を選んで、OKをクリックする。

ファイル⇒書き出し
PNGオプションの背景色は透明



silhouette studioでカットデザイン

 先ほどのPNGファイルはsilhouette studioにドラッグ&ドロップするだけで挿入できます。

 挿入されたデータは黒色と透明の2色のデータになります。


 挿入されたデータは任意のサイズに変更し、端の方へ移動します。

 今回はカッティングシート(200mm)に2つ収まるサイズだったので、2個配置しました。コピペが使えます。


 最後にデータの確認です。
 デザイン画面の右上にある『送信』を押すと、CAMEO 4へ転送するデータの画面に切り替わります。

 標準仕様であれば、赤線でカット線が描かれています。

 今回、カットしたいところ全てに赤線が入っている事が確認できたので、このままカットしました。




表示板

 カッティングマシンでカットしたところ、上手くいきました。

 今回は、奇数には楕円枠付きの白抜きタイプ、偶数には黒塗りタイプを使用する事とし、カッティングシートは余すところを少なく、歩留まり良く活用しました。

 私の目で見る限りは、PNGデータでも特に問題ありません。

 表示板はまじまじとは見ないので、数メートル先から見られても問題は無いレベルだと思います。

 これで駐車位置を文字ではなく、ロゴで表現できるようになり、パッと見て自分の位置であるかどうか、確認しやすくなってくれる事を期待しています。




一連の流れ

 これらの一連の流れを動画にまとめました。




 今回はアドビのイラストレーターで制作したデータを、シルエットスタジオで使用するための方法について、お金を掛けずに解決する方法を模索しました。

 その結果、拡張子を.aiではなく.pngで保存することで一定の解決策になることがわかりました。

 ウチは看板屋さんではないですし、CAMEO4は幅30cm(12インチ)までしか作れませんので、さほど精細なデータを扱うとは思えません。

 したがって、今回のPNG変換という方法で、今後も大丈夫かなと思います。

 ビジネスエディションの他の機能に魅力を感じれば、購入も考えたいと思います。

 最後までお読み頂き、ありがとうございました。

解決

カテゴリー
ICT・AI・robo

silhoette CAMEO 4 の使い方 ~今日の課題~

★今日の課題★
カッティングマシン『カメオ4』(silhoette CAMEO 4)の使い方を理解し、カッティングシートを作る事が今日の課題。




カッティングマシン

 カッティングマシンとは、薄く平らなシート状の物を、二次元的にカットする装置です。

 家庭用ではグラフテックのカメオシリーズと、ローランドDGのステカシリーズがあります。

 それぞれの特徴については、1か月前に比較しました。

 その結果、私はCAMEO 4という装置を買いました。


 そして今回、制作しようと思っているのは駐車場の表示板と、屋外の警告表示です。

 駐車場表示板は、駐車位置番号と契約者名を書く予定です。

 警告表示板は防犯カメラ設置や無断進入禁止などを書く予定です。

今回のゴール(イメージ)



装置とメディア

 カッティングに必要な物は、カッティングマシンです。

 切るモノがあれば、切られるモノも必要になります。

 新聞紙やハガキなど身の回りにある物を切る事もできますが、私の目的はステッカーを作る事でしたので、シール材が必要になります。

 今回の調達では、CAMEO 4以外に、『メディア』と呼ばれるシールの材料を買いました。




ロール状

 今回調達したメディアは、ロール状になったカッティングシートです。

 よく使いそうなブラックとホワイトを調達しました。

 幅はCAMEO 4の最大幅12インチに合わせて30cmくらいの物を選んでいます。

 今回の調達物は幅305mm、長さ10mの物をサインメディアプラザ丸和書店で買いました。

紙管に巻かれたロール状のカッティングシートです。各サイトで色々な物が売られています。CAMEOの12インチには最大305mmタイプのメディアがセットできます。耐候性や長さなどで値段はマチマチです。

 この購入した消耗品以外に、カッティングマシンにもオマケで20cm幅の物が付いてきました。


 今回の購入は丸和書店というショップのYahoo!ショッピングに出店しているショップで購入しました。

 同店はAmaonにもショップがあり、カッティングシートなど消耗品も売っています。

 ブラックとホワイトのカッティングシート(ロール)は丸和書店で購入しました。


 競合店としてユーロポート(EUROPORT)というショップがあります。

 私は調達価格で丸和書店を選びましたが、サポート体制はユーロポートの方が良いかもしれません。
 こちらは専門家による充実したサポートをウリにしていますので、困った時は相談しやすいと思います。

 丸和書店かユーロポートか、最後まで悩みました。




使用開始

 CAMEO 4 は電化製品なので、電源を入れるところから始めます。

 今回はロール紙を使うので、ロールフィーダー(底のトレイ)を引出します。

 ロール紙をセットしたあとは、左端をガイド線に合わせてまっすぐにします。
 白いローラーに先端を突き当てて、シワにならないように伸ばしながら上矢印ボタンを押します。




データ制作~カット

 CAMEO 4にはシルエットスタジオ(Silhoette Studio)というデザインソフトが付属されています。

 有償でアップグレードもできますが、無償版でもある程度のことはできます。

 AdobeのIllustratorのデータを使うには1万円の最高位版を使う必要がありますが、姑息的手段でAIデータを活用する事もできます。

 PNGデータの透明部分は切り落とすという機能が無償版にもありますので、これを活用します。
 AIデータをPNGデータに変換して、切り抜き部分を透明にして活用しています。高さ10cmほどのステッカーなので、さほど精細さを求めていないのですが、特に曲線がガタガタになるような事もないので、問題ないと思います。

 小さなデータでは差がわからないと思います。

 シルエットスタジオの画面構成は下図のとおりです。
 何となくAdobe Illustratorと似たような構成です。

 基本的な使い方としては、例えばテキストデータを入力する場合は『A』と書かれた左側のアイコンをクリックします。

 画像を挿入する場合は、フォルダからアプリ画面に直接ドラッグ&ドロップすれば挿入されます。


 データを制作したら、次はCAMEO 4への指示だしです。

 デザイン画面で右上の『送信』をクリックすると指示を出すための画面に切り替わります。


 今回の丸和書店のカッティングシートですが、下記の設定で上手くカットできました。カット圧を6にすると台紙(裏紙)まで刃が入る感じがあるので4~5が良いと思います。

  • アクション:自動(カット)
  • ツール:オートブレード
  • 刃先:1
  • カット圧:5
  • 速度:5
  • パス:1

 セットアップが終わったら、テストカットします。

 画面右下の方に『テスト』を押すと、1cmくらいのテストカットを実行します。
 シートがグチャグチャにならないことと、カッティングシートとして必要な切れ目が入っている事を確認します。

テストカットボタン
本番カットボタン(送信)

 テストが終われば本番です。

 パソコンからCAMEO 4へデータを送り、カットを実行します。

 私が作ろうとしている幅30cm、高さ10cm程のステッカーであれば2分前後で終わります。
 『警戒』には少し時間がかかりますが『カメラ』にはさほど時間がかかりません。複雑さで時間の長短が変わります。




クロスカット

 クロスカットとは、メディア(カッティングシート)を一直線にカットする手段です。

 レール上にカッターが付いた仕組みで、カッターをレール上で一直線に動かすことで、一瞬でキレイにカットできます。

 この作業でCAMEO 4での作業は終わりになりますので、メディア(カッティングシート)を取り外せるようにローラーから解放しておきます。


 このシートを奥に送るという操作がわからず悩みましたが、コールセンターに電話する事で簡単に解決できました。

 最初に自動音声で『使い方なら1』『修理は2』などと言われるので1番を選び使い方へ進みます。
 オペレーターさんに名前と連絡先を聞かれるので伝えると本題に入ります。

 今回はメディアを奥に送る方法について質問ですが、自動音声から諸々の質問を終えて本題、そして回答を得て電話を切るまで2分58秒でした。

 即答です。窓口問合せ、優秀です。




後処理

 カット直後のカッティングシートは、見た目には1枚の無地ラベルです。

 良く見るとカット線が入っているので、そのカット線に合わせて無用な部分のシートをはぎ取ります。

 特に小さいパーツは一緒に剥がれて行ってしまわないように注意が必要です。

 例えば『監視カメラ警戒』というステッカーでは、漢字の部分がいずれも細かいので、気が付くと棒が1本無くなっているという事もあります。
 自宅用であれば多少の事は流せるので良いですが、どなたかからの依頼で作る場合には注意が必要になります。

 細かい作業にはデザインナイフなどと呼ばれる美術や工芸で使われる作業ナイフがあると便利です。
 文具用のカッターナイフでも作業はできますが、台紙とシートの離型には細かな力加減も要るので、デザインナイフがあると便利です。

鉛筆のように持ちやすいデザインナイフです。先端の刃は交換可能です。30度や45度など刃先の角度が異なる刃を選ぶ事ができます。

 もっと先回りすると、デザインの時点で、剥ぎ取りやすいフォントを使うとか、あえて細かい部分を潰してしまうという処置もできます。

 今回、一度に全部を剥がしていますが、普段の作業では何か所かにカッターを入れて、10cm~20cm以内のブロックに分けて剥ぎ取り作業をしています。




貼付・完成

 カッティングシート上にあるステッカーを、目的の場所に転写します。

 カッティングシートの台紙(離型紙)からステッカーを取り出す時に使うのが『アプリケーションシート』『アプリケーションフィルム』と呼ばれる粘着性が弱めのシートです。

 一般的には透明なシートです。

カッティングシートの台紙(離型紙)からステッカーを取り出すためのシートです。一度、このシートにステッカーを移して、そして目的の箇所に貼付します。

 アプリケーションシートはカッティングシートと同じくらいの値段なので、単純に言えばステッカーづくりにはカッティングシートの倍額の費用がかかる事になります。

 そこで活躍するのがマスキングテープです。
 工事現場の塗装やコーキングなどで多用さている物ですので安いです。

 私が使っているのはニチバンのNo.222という弱粘着タイプです。50mm×18m×2巻で300円ですので、1.8平米で300円、1平米あたり166.6円です。
 アプリケーションシートが30cm×10mで2千円くらいなので1平米あたり666.6円です。4倍の価格差があります。

テープの『ニチバン』から出ているマスキングテープです。粘着力の異なる色々な製品があるのでどれが良いとは言い切れませんが、このテープですとステッカーが上手く転写できています。

 今回は駐車場の看板を作っているので耐候性があり、かつステッカーが貼付できる基材が必要でした。
 そこで選んだのはアルミ板です。

 厚みが2mmあり、手では曲げられません。アルミなのでドリルで簡単に穴が開きます。アルミとしての耐候性があり、多少は色が白っぽく変化しますが、鉄のような赤錆などは出ないので、看板としての機能は長く持ちます。

10cm×30cmの丁度良いアルミ板です。厚さが2mmあるので、人の手では簡単には曲がりません。壁に水平に設置して防犯カメラを2台乗せていますが、普段は揺れる事もありません。今回は駐車場の表示プレートとして使いましたが、アルミなので耐候性もあり、穴あけ加工も容易なので便利です。

 もう1つの看板機材はアルミ複合板です。

 駐車場の『空あり』などの看板は、この複合板にステッカーを貼付して制作しています。

 エスコの物がリーズナブルです。数がまとまるなら看板屋さんに譲ってもらう方法もあると思います。

こちらは全てがアルミではなく、表面がアルミの板です。中は空洞が多いので軽いですが、表面は金属なので相応の耐久性があります。A4判以上の看板用として使っています。

 最終工程の一連の流れを動画にまとめています。




総括

 今回はCAMEO 4というカッティングマシンを調達したので、その使い方を簡単にまとめました。

 駐車場の看板を作ることが目下の急務、それについては一応の解決ができました。

 合計30枚の駐車場プレートを制作する予定で、外注するのと内製化するのでどちらが合理的か考えた時、マシンを買って内製化する方を選びました。

 費用としてはマシンが3.3万円、黒色のカッティングシートが0.2万円、アルミ板が30枚で1万円です。
 4.5万円を30枚で割ると1,500円、だいたい看板屋さんに頼むのと同じくらいかなと思いますが、看板屋さんの金属プレートはかなり薄く0.3mmや0.5mmといった物が多いです。

 今回は2mmという厚手のアルミ板が使えましたし、なによりマシンが手元に残るので駐車場の入替があっても対応できます。
 駐車場以外にも各種看板に使えますので、カッティングマシン調達は合理的だったと思います。




応用編

 早速応用しています。

 イナバ物置の外壁面に『防犯カメラ警戒中』というステッカーを貼付しました。

 泥棒さんがフェンスをよじ登ってきたときに、正面に見えるように貼付しています。




 今回はカッティングマシンを調達し、実際にステッカーを作るところまでを試してみました。

 素人でもプロっぽいステッカーが作れるのは、マシンの良さのお陰だと思います。

 今後は型抜きなどにも挑戦し、オリジナルの紙飛行機などが作れるようになると良いなと思っています。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

解決



関連記事

2021年8月18日
2021年9月23日