カテゴリー
BCP・災害対策 ICT・AI・robo 生活・DIY

『防犯カメラを比較』 -今日の話題-

★今日の話題★
防犯カメラをAmazonで徹底比較・調達



防犯カメラ・安全カメラ・監視カメラ

 防犯のために自主的に設置するカメラです。

 『監視カメラ』という言葉はあまり良くないらしく『防犯カメラ』や『安全カメラ』などと呼ぶことが多いです。

 大半の防犯カメラは常時録画ですが、時間や場面を区切って録画することも可能です。

 ドライブレコーダーを含め画像が容疑者特定に役立つという事なので、それであれば特定されたくない人はカメラのある所へは近づかないだろうと考えて設置しています。

朝日新聞: カメラ画像で容疑者特定、検挙の1割に 台数は年々増加




防犯カメラ類型

 防犯カメラの種類はいくつかあります。その目的によって取付場所が異なります。

屋外用(システム)

 カメラと録画機が別々にあり、両者を同軸ケーブルやLANケーブルなどで接続して使います。
 録画機にはパソコン用ハードディスクを設置できるため大容量化できます。また、カメラを壊されても録画機は別置なので記録は残っています。
 インターネット接続も可能な機種が多いです。



屋外用(ネットワークカメラ)

 屋外に設置できるタイプのネットワークカメラはWi-Fiアンテナ付きだけでなく有線LAN接続タイプもあります。
 300万画素を超えるタイプは夜間でもナンバープレートが読み取れるくらいキレイです。



室内用(ネットワークカメラ)

 ダルマ型の商品が多い室内用のネットワークカメラはWi-Fi経由でスマホで確認ができます。
 価格は3~6千円程度が主流です。
 セキュリティを甘く見ていると乗っ取られて家の中を見られてしまいます。
 使わないときは電源線を抜いておくか、タオルなどを被せておきます。



ウェアラブルカメラ・アクションカメラ

 芸能人がヘルメットに取り付けられたカメラで撮られながらジェットコースターに乗るような時に使われているカメラです。
 スキーやモトクロスなど競技中の撮影などにも利用されています。
 有名なGoProは1台数万円しますが、無名メーカーなら数千円で買えます。



超小型カメラ(スパイカメラ)

 倫理的にあまり良く無さそうな部類です。

 USB充電器やバッテリに仕込まれているタイプもあります。『ギフト用に』と勧められても、悪意あるギフトにしか見えません。




防犯カメラ調達先

ネット通販

 昔の防犯カメラは専門店から仕入れるか、秋葉原などに出掛けて購入していましたが、今はネット通販が便利です。

 中国製の商品がたくさん出品されており、価格に対しての品質が非常に優れている物もあります。

 高所など取付が容易ではない所を除けば、数年で壊れたら取り換えると考えれば、多少の質は無視できると思います。

 アマゾンでは『防犯・監視カメラ』というカテゴリーが用意されています。

 Amazon: 防犯・監視カメラ
 Amazon: ウェアラブルカメラ・アクションカム




防犯カメラの種類選択

選択の実施

 防犯カメラにはいくつかの種類があると前述しましたが、今回は以下の理由で取捨選択していきました。



アクションカメラ(車載)

 アクションカメラは小さい割にキレイな画像が撮れ、音声も同時に記録できる優れたカメラです。
 防水ケースも付属して2,980円で買えましたので、非常にリーズナブルなカメラであると言えます。

 24時間連日撮影を意識して作られていないので、数時間で熱を持ってしまいます。
 ドライブレコーダーとしては重宝しています。エンジンオフでも撮影し続けられるので、商業施設の駐車場などでの当て逃げ対策や、車上荒らし対策にも使えます。

ヤマハのシグナスXにドラレコとして搭載した事例

CYGNUS-Xにドラレコ搭載



ネットワークカメラ(屋内型)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 屋内用なので、屋内でしか使えませんが、非常に安価で高画質、スマホなどからも画像が確認できて便利です。

 窓際に置いて屋外を観察すれば防犯カメラとしても使えます。キレイな画像が撮れます。
 ただし、赤外線が出るタイプでも窓ガラスで減衰してしまうので夜間撮影は難しいです。

 私たちの使い方は、3Dプリンタの監視役です。
 食事中でも進捗状況を確認できて便利です。
 カメラを置いている台は市販されていません。3Dプリンタで自作しました。



ネットワークカメラ(屋外型)

 防水型のネットワークカメラは防犯カメラ用として利用される方が多いと思います。

 1~2箇所しか観察しない、観察する場所が建物から離れている、外出先でも確認したいなどの要望に適していると思います。

 ガレージ監視用に設置した例では、10m以上離れた位置から撮影していても、昼でも夜でもナンバープレートの数字が読めるくらい高画質でした。



カメラシステム

 信頼性が高く、威圧感もある防犯カメラです。

 今回は台数も多く設置したいので、システムを構築することにしました。
 録画時間が10日以上、カメラを損壊したり、かめらごと盗まれても映像が残る事、インターネットが無くても動作できることなどからカメラシステムの一択となりました。

 近頃、この設置場所近辺では車上荒らしが多発していると交番の警察官が話していましたので、警戒を強める意味でもカメラシステムを導入しました。




防犯カメラの機種選定

カメラシステム

 カメラシステムを導入する事は決めました。
 次は、どのような機種にするかです。

 予算が限られているので、Amazonで検索してみました。



キーワード『4台』

 まずはAmazonで『防犯・監視カメラ』のカテゴリーから『監視カメラ・録画機セット 』のサブカテゴリーを選び、そこで検索ワードを『4台』として検索しました。



画素数にフォーカス

 次に、リスト表示から『録画機が付属』『カメラが4台』『画素数は200万超』で1つずつ見て行きました。

 200万画素までの機種は、何となくですがナンバープレートがぼやけてしまう印象があったので、210万画素でも良いので200万画素を超える物を探しました。

 すると、以下のような名前が気になりました。たぶんブランド名だと思います。

○ZOSI
○TMEZON
○Heim Vision
○FLOUREON
○A-ZONE

 中でも、録画機のデザインが良かったZOSIというブランドについて調べました。
 最終的にZOSIのセットを調達しています。




ZOSI

録画機のデザイン

 一般的にカメラシステムの録画機は黒色です。

 その中で、ZOSIはゴールド系のメタリックカラーでしたので目立ちました。

 高級感があるのに安いという事が決定打でした。



ZOSIの230万画素

 リストを見ていくと、200万画素の上は230万画素であることがわかったので、230万画素の装置を選ぶことにしました。

 その上は500万画素で、確かに良いサンプル画像が見られましたが、業務用ではないのでそこまでは要らないかなと思いました。



価格を比較

 カメラと録画機のセット売り、2台・4台・8台セット、4ch録画と8ch録画など、選択肢が多くありました。

 いったい、どの組み合わせが良いのかわからないので独自に比較してみました。

 まず基準として、4chのレコーダーを調べると、約5,000円であり、これを1つの基準価としました。

 セット商品を見て、レコーダーの分を差し引いた時、カメラ1台あたりいくらになるのかを計算してみました。
 その計算結果から、どれがリーズナブルなのかを検討しました。

 今回、危うかった事としてはAmazonの商品タイトルに『230万画素』と書いてあるにも関わらず商品説明は『200万画素』となっており、問い合わせてみると販売者からは付属品は200万画素であるとの回答が得られました。
 届いた商品が200万画素か230万画素かなのか、実際にはわかりません。確認して慎重になって良かったです。



4ch録画機(1080N)

 基準として考えた4ch録画機。

 調査当時で5,199円、5%オフクーポンが出ていたので実際は4,940円で買えました。

※.HDDなし

960H/720P/1080N/1080Pに対応した防犯レコーダーです。


8ch録画機(1080N)

 こちらはカメラ8台に同時対応できる録画機です。

 値段はやや高くなりますが、4chを2台買うより安いです。

 調査当時は6,099円でした。

※.HDDなし

960H/720P/1080N/1080Pに対応した防犯レコーダーです。


ZOSI 230万画素 カメラ単品

 カメラ単品の価格です。あまり参考になりませんが、単品だと1台3,000円以上します。



カメラ2台+4chレコーダー

 8,999円、10%オフクーポンが出ているので8,100円です。

 ここから5,000円を引くと3,100円。

 カメラは2台なので、1台あたり1,550円になります。

 やはり、セットが安いようです。

※.HDDなし



カメラ8台+8chレコーダー

 19,999円、10%オフクーポンが出ているので17,999円です。

 ここから5,000円を引くと12,999円なのでカメラ1台あたり1,624円です
 ただし、レコーダーが8chなので6,099円引くと11,900円なのでカメラ1台あたり1,488円になります。。

 これが最安値のセットのようです。

※.HDDなし




8chレコーダー+カメラ8台で17,999円

 10%オフクーポンが『未使用のプロモーション残高』という名称に変化することは知らずにカートを見て驚きましたが、19,999円の10%が値引きになりました。

 イオンクレジットカードのときめきタウン経由でアマゾンに来たのでクレジットカードポイントは2倍にレートアップしています。




翌日配送・置き配
 今回、週末の土曜日に設置工事をしたいと思い、木曜日に発注して金曜日に届く段取りをしました。

 ただし、金曜日は午前中は在宅していましたが午後から不在になるため、置き配にチャレンジしました。

 特に問題なく、玄関に置かれていました。
 昭和の時代の配達方法が、復活した感じです。

 今後は、防犯カメラがしっかりと見張ってくれるので、もっと安心して置き配が利用できるようになると思います。

Amazon: アマゾンの置き配について(公式)




ZOSI 230万画素カメラ8台+8CHレコーダー

 セット内容は以下の通りでした。

○8chレコーダー×1台
○230万画素 CMOSカメラ×8台
○ACアダプタ×3個(レコーダー用×1、カメラ用×2)
○電源4分岐×2本
○BNCケーブル18m×8本
○マウス×1個



Amazonでの説明文

●230万画素に加えIP67の防水・防塵仕様により屋内外問わず設置可能
●日本語メニュー、常時録画、動体検知録画、スケジュール録画
●暗視赤外線機能搭載カメラで夜でも撮影OK!レンズ f=3.6mmの広角レンズ搭載!視野の広い広角カメラ
●パソコンやスマートフォン(iPhone、Android、Windows Mobile)で遠隔監視も対応! 必要なデータだけ取り出せるバックアップ機能搭載
●レコーダー1/防犯カメラ8/映像ケーブル8/電源アダプター3/マウス*1

230万画素防犯カメラ8台セット
*AHD高画質!230万画素
*簡単取り付け!
*最新式H.264圧縮
*ワイド画面&液晶テレビにも対応!
*AHDカメラ8台+録画機1台 簡単取り付け!
*VGA/HDMI対応
*日本語メニュー 日本語専用アプリ
*防水仕様 屋外設置可
*赤外線暗視
*パソコン iPhone iPad Android遠隔監視対応
*安心サポート

【デジタルレコーダー仕様】
圧縮方式:H.264
カメラ入力/端子:8入力/BNC端子
モニター出力/端子:2出力/HDMI端子・VGA端子(同時出力可能)
※BNC端子の出力はございません。
※従来のRCA接続できる端子が無くなっております。
※HDMI出力は映像のみで音声出力はできません。
モニター画面表示:1画面/4分割 / 8分割
リアルタイムフレーム/録画フレーム:MAX100フレーム/MAX100フレーム(カメラ1台あたり25フレーム/秒)
※同時再生の場合 1台あたり12.5フレーム
録画解像度:1080P(1920×1080) 
録画モード:連続録画/モーション録画/スケジュール録画
自動上書きモード:対応
音声入力/端子:4入力/RCA端子
音声出力/端子:1出力/RCA端子 
※HDMIケーブルでは音声出力ができませんので、
HDMIケーブルとは別にRCA端子を接続して下さい。
動き感知機能:感知エリア/感度調整可能
バックアップ機能:USBメモリ/外付けHDD/パソコンのリモートバックアップ
ネットワーク機能:パソコン/スマートフォン/タブレットに対応
遠隔監視対応端末:パソコン/iPhone/iPad/Android
ご心配のお客様は事前にお問い合わせ下さい。
電源:AC100V(家庭用コンセント対応)DC12V変換アダプタ付属

【防犯カメラ仕様】
撮影素子:1/3カラーCMOS
有効画素数:230万画素 AHDモード
最低照度:暗視時0Lux
出力信号:NTSC
解像度:AHD 1080P
赤外線LED:36個
赤外線到達距離:30m
レンズ:3.6mm
防水保護等級:IP67
映像出力:BNC端子
電源:AC100V(家庭用コンセント対応)DC12V変換アダプタ付属

録画設定について
 本機械は連続録画、動体検知録画、スケジュール録画三つの録画設定があります。
1.連続録画
常に録画する設定です。HDDの容量がいっぱいになりましたら、古いものから上書き録画します。
2.動体検知録画
画面の指定範囲内で動きがあった時だけ録画する設定です。録画記録は少なくなりますので、HDDの節約にもなります。
3.スケジュール録画
決められた曜日/時間帯のみに録画する設定方法になります。録画開始時間、終了時間を設定できます。
※.日本語のメニューなので、操作もわかりやすく安心です。

赤外線LED付き&暗視対応
 内蔵されている照度センサーにより、暗くなると自動で36個のLEDが赤く点灯し赤外線を照射、真っ暗な状況でも被写体を鮮明に映し出します(暗視モード)
 赤色LED光で侵入者を威嚇します、犯罪を未然に防ぐ抑止力となります!
※赤外線の暗視はモノクロ撮影になります。
※状況により、ノイズが発生する可能性はあります。

IP66防水仕様
 屋外設置でも安心、雨水浸入は心配なし

簡単接続
1.BNCケーブルの電源ポートを電源アダプターと接続、カメラをBNCケーブルと接続、電源をいれてください
2.VGA/HDMIケーブルより、レコーダーとモニターに接続ください、LANケーブルをレコーダーのLAN挿入口に挿入
3.スマホアプリのZOSI Smartをダウンロード
4.遠隔操作
ご注意:
※VGA/HDMIケーブル、モニターを含みませんです、別途で購入ください、ご了承くださいませ。

1080P-230万優れた画素
 230万画素カメラの映像が従来のアナログカメラより、画質が飛躍的に進化しており、正しく設定すれば、今まで難しかった人の顔、ナンバープレートなども確認できます。
*日本語版の専用アプリなので、操作はわかりやすく安心です。

広い使用場所
水平360度調整できます
垂直120度調整できます
ペットルームお店
駐車場
事務所
室内・病院・子供部屋等様々な場面に活用できます。
屋内屋外でもご利用いただけます。

ネットワーク対応
 iPhoneやAndroidのスマートフォン、タブレット、もちろんパソコンからの監視も可能
 専用アプリを使ってスマートフォンから簡単にチェック!
 *サーバー契約費などは一切かかりません!
 最新の高圧縮技術H.264だから 3G回線でもサクサク表示!
 いつでも、どこからでも映像を確認できるので何かあった場合でも即対処できます。
 外出先から自宅の様子を確認可能
 会社のオフィスからペットの様子をチェック可能。

 ZOSI

 ZOSI: Windows Client AVSS Software

 ZOSI: Download Center, DVR日本語取扱説明書




 今日は防犯カメラについて述べさせて頂きました。

 ここに挙げたZOSIの防犯カメラは調達済、あとは設置するだけです。

 また設置後のリポートもしたいと思います。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。




AmpiTa-Caution

 この記事投稿から約1年経過したところで、費用や工法に違いはあるものの魅力的な商品が出てきました。

 画素数が800万、通信線は同軸ではなくLANケーブル、電源もLANケーブルで供給するPoE方式です。

 詳しくは下記の記事にまとめられているのでご参照ください。

[Link] 既築ビル防犯カメラ新設工事 (1) エントランス

[Link] 既築ビル防犯カメラ新設工事 (2) 屋上

[Link] マンション防犯カメラ新設工事

[Link] 調剤薬局への防犯カメラ設置

カテゴリー
生活・DIY

『ルンバの異音解消』 -今日の課題-

★今日の課題★
Roomba(ルンバ)の異音(高音)からのリカバリー術の奏功




iRobot Roomba

 掃除ロボットの代名詞的な存在『ルンバ』はご存知の方も多いと思います。

 廉価版ですと3万円台、高位品ですと10万円超えもあるルンバです。

iRobot



ゴミ捨ては人間

 掃除は部屋の隅々まで自動でしてくれ、ドックに自動で戻ってくれますが、ゴミ捨ては人間の仕事です。

 ゴミが一杯になっていれば掃除が進みません。

 このゴミを集める機能に不全が生じました。



お手入れ

 本体のお手入れも人間の仕事です。

 ルンバは掃除機ゆえに、ゴミと直接触れ合います。

 底面を見ると、埃や髪の毛などがたくさん付着しています。

 回転する部品も多いので、髪の毛のような物は絡まりやすいので、こまめにハサミやカッターを使って取り除いています。

 ブラシには埃が挟まって機能しなくなることがあるので、これもキレイに取り除く必要があります。



圧縮空気

 その手入れの際に活躍しているのがコンプレッサーです。

 圧縮空気で埃を吹き飛ばします。手が入りづらい場所も吹き飛ばせるので、相当にキレイになります。

 ゴミ容器に付いているフィルタも、圧縮空気を使えば相当にキレイになりますので、補修部品の調達回数を減らす効果があると思います。




Roomba 780

異音発生

 5年以上前に調達したルンバ780ですが、我が家のメイン機ですので相当の頻度で使用しています。

 ときどき異音が出る事がありましたが、掃除をすれば直るのが通例でした。
 ところが、今回は入念に掃除をしても消音しないため精密検査することにしました。

 音はキーンと高音のモーター音に感じられました。何かが回転するのと同時に鳴っている感じです。
 非常に不快な、聞き続けたくない音でした。



複数のモーター

 ルンバには複数のモーターが付いており、異音の原因はこれらの1つであると思われました。

 大きくは走行するための車輪用のモーター、壁際のゴミを掻き出すブラシのモーター、床面のゴミを巻き込む掃除機のメインとも言えるエクストラクターのモーター、ゴミを集めておくダスト容器のモーターがあります。

 何度か試走させて音が出ている箇所を同定し、その部分をメンテナンスする事にしました。



絞り込み

 スイッチを入れて動き出すとき、異音はしないので車輪では無いと判断しました。

 エッジクリーニングブラシを外して動作させても異音のレベルは変わらないので、おそらくブラシでは無いと判断しました。

 音が大きいと感じたのはエクストラクターかダスト容器の辺りでしたので、ここに集中しました。

 エクストラクターのユニットを取り外した状態で運転させても異音が出たのでエクストラクターでは無いとわかり、原因はダスト容器であることがほぼ判明しました。




エクストラクターメンテナンス

取り外し

 ここは比較的メンテナンス頻度が高い場所だと思います。埃や糸くずが絡んで取り除いていると思いますので、さほど難しい構造にはなっていません。

 エクストラクターのブラシを外すだけでなく、エクストラクター全体を取り外す事もできます。
 隙間の埃を除去する場合には、丸ごと取り外します。


ブラシ周辺にも異音の原因

 ブラシの周辺だけでも下図のようなゴミが溜まります。

 あまりに長く放置していると、パーツのようにきれいに成形されたゴミが出てきます。

ブラシ周辺のゴミ
リング状になった埃の塊

注目のポイント

 下図の丸いセンサー部が汚れていると動かない事があります。

 この部分は掃除をしていないと埃がネチョっとした状態でこびりついてしまいますので、エクストラクターを開けた時には毎回拭き取ると良いです。

 私はアルコール消毒液などで掃除をしたこともありますが、今のところ動作しています。




ダスト容器メンテナンス

取り外し

 ダスト容器自体は普段からゴミ捨てをするために外しているので簡単に取れます。

[Link] iRobot: 取扱説明書



透明カバー

 まずは透明カバーを取り外します。

 プラスドライバーで6カ所のネジを取り外します。

 透明カバーを持ち上げれば簡単に取れます。



ファンハウジングカバー

 中央にファンがあります。

 その上に、全体を覆うハウジングカバーがあります。

 2本のネジを取り外します。



ファンカバー

 中央にファンの羽根が見えます。

 4本のネジを取り外し、ファンのカバーを取り外します。



清掃

 ファンの部分には埃が溜まっていましたが、髪の毛などの巻き付くような物はありませんでした。

 とりあえず圧縮空気で吹き飛ばしてみました。

 風車のように風を当てればクルクル回ると思いきや、抵抗感があって異音もします。原因はここにありました。



潤滑

 ファンの軸めがけてシリコンスプレーを掛けてみました。

 劇的に状況が変化しました。
 よく回ります。異音は消えました。

 これでリカバリー完了です。



モーター側も点検

 ついでなのでモーター側も点検してみました。

 ダスト容器をひっくり返し、5本のネジを外すとモーターが顕わになります。

 ネジは1本だけ長さが違いますのでご注意ください。
 また、パーツにはバネが含まれます。カバーを開けるとバネが脱落しますので、注意して開けましょう。

 こちらもエアを吹きかけて完了です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



総括

異音発生源

 今回の異音発生源はファンでした。

 このファンの軸にシリコンスプレーを掛けただけで劇的に改善しました。

 こんな小さなファンが、あれほどの大きな音を出せるのかと思うほどうるさかったのですが、今は静音性を取り戻したので朝晩いつでもルンバが使えます。




主な使用物品

CRC 呉工業 シリコンスプレー

 潤滑油(5-56)ではありません。
 シリコンスプレーです。
 潤滑させたい箇所にスプレーするだけです。

 556でおなじみの呉工業のシリコンスプレーです。


オイルレスコンプレッサー

 家庭用にちょうど良いサイズ感のコンプレッサーです。
 パッと見て高そうに感じますが、ルンバのフィルターを何度も交換すると思えば、安くも見えてきます。
 圧縮空気を使うと、ルンバの動きが良くなっていると個人的には思っています。
 プール用の浮き輪やボートを膨らませる事もできます。ただし途中で止めないと圧が高いので破裂します。

 私も長年使っているオイルレスのコンプレッサーです。メンテナンスが要りません。


エア ツールセット

 圧縮空気工具の7点セットです。
 今回の掃除には欠かせないガンタイプのノズルとホースの他にタイヤの空気入れに必要な先端ノズルと圧力計などがセットに含まれます。
 高儀というメーカーは、この手のツールではお馴染みのメーカーです。

 エアの基本ツールのセットです。ホースが短いようでしたら買い足してください。


プラスドライバー

 今回の作業に使用した工具はプラスドライバーだけです。
 普通のボールグリップタイプのドライバーと、一部で細径のドライバーを使いました。

電気屋さん御用達のベッセルのボールグリップドライバーです。


ルンバメンテ用品

ルンバ700シリーズメンテナンス用消耗品セット

 純正ではなく互換品です。
 スター型のブラシはよく壊れるのでたくさんあっても良いと思います。
 他のパーツは壊れる物ではありませんが、擦り減ったり、何かが詰まったり、絡まったりしますのでときどき交換します。

ルンバの消耗品セット、互換品です。


ルンバ800・900シリーズメンテナンス用消耗品セット
 純正ではなく互換品です。
 スター型のブラシはよく壊れるのでたくさんあっても良いと思います。
 他のパーツは壊れる物ではありませんが、擦り減ったり、何かが詰まったり、絡まったりしますのでときどき交換します。

ルンバの消耗品セット、互換品です。


エッジブラシ
 なぜか先端が無くなってしまうことが多いパーツです。
 どこかで腕がなくなり、軸だけになっている事が多いです。
 この商品は購入した事がある物ですが、ブラシ部が軟質の素材のため住宅の壁を傷つける感じはありません。
 3個入りで500円くらい、ネジも同梱されていました。

ルンバの下についているスター型のブラシです。


バッテリ
 純正ではなく互換品です。
 Amazonには互換品が多く出品されています。
 バッテリは良し悪しがわからないので、純正品を装着していますが、互換品との価格差は4~5倍あります。
 非常に悩ましいところです。
 留守中に使わないのであれば互換品でも良いかなと思います。

純正品ではないので心配もありますが、このバッテリを数年使用していて、特に問題には遭遇していません。


ダスト容器
 今回はリカバリに成功したダスト容器です。
 Amazonで売っている事を確認してから分解し、それがたまたま上手く行ったので良かったですが、失敗していたらパーツとして買おうと思っていました。
 故障したルンバを持っている人、捨てずにパーツをばら売りすれば少しは新しいルンバの資金になると思います。

ゴミが溜まる部分のパーツです。


エンハンスドクリーニングヘッド
 掃除をするメインの部分です。
 これもモジュールとして交換可能です。
 過去に、モジュール内にあるセンサーらしき部分が異常になり掃除ができなくなったことがありましたが、その時は掃除をして直りました。
 直らなかったら調達しようと思っていました。

メインのブラシの異常時にはここのユニット交換です。


タイヤモジュール
 タイヤモジュールもAmazonで売っています。
 走行不能となったとき、交換する部品です。
 ルンバが自走できなければ、役に立ちません。

タイヤです。意外と削れてしまっていることがあります。



 今日の解決策は『分解清掃』でした。

 ルンバはエアコンプレッサーで付き1~2掃除するようになってから調子が良いので、細かな埃を飛ばすのがメンテの秘訣のようです。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。