カテゴリー
ICT・AI・robo 注意喚起

Sakura新サーバへの移行【エラー事例】【リカバリ】 ~今日の課題~

★今日の課題★
さくらのレンサバで新サバに移行したらメールに不具合

 2022年7月13日から新サーバへの移行ツールが提供されて1カ月経過したので、当方のサーバも移行しました。

 ウェブサイトは他社ドメインも含めて正常に移行できました。

 SQLサーバにちょっとした問題がありました。これはすぐに復旧方法が見つかりました。

 一部のメールに問題が発生、けっこうやっかいな問題でした。




さらに速く、快適に

 2022年、さくらのレンサバではサーバーのリニューアルが行われました。

 新規契約であれば2022年2月16日以降の申込で適用、従来から契約している場合は2022年7月13日から移行できるようになりました。

 釣った魚にエサはやらないのかと思いましたが、従来からのユーザーも保護されました。




速度は5倍(1.5倍!?)

 従来環境に比べて最大5倍、私たちの環境は2021年12月末に入替したので第2世代に該当するので1.5倍の速度にアップしたことになります。




移行ツールを使う

 レンタルサーバの移行には、事業者提供の移行ツールを使う事になります。

 注意書きがたくさんあるので、まずはそちらを読んで先に進みます。

SAKURA internet: レンタルサーバ, 移行ツールを使いたい


コントロールパネル

 作業の流れとしては、サーバのコントロールパネルにログインして、画面左のメニューから『サーバー情報』を選び、表示されるサブメニューから『移行ツール』を選びます。

 あとは画面に従って進むだけです。




2時間

 サーバ移行を実施したのが2022年8月14日(日)20時27分です。

 直後から、サーバーのコントロールパネルにはログインができなくなりました。


 移行作業は何らかの順番待ちがあるようで、そこから15分ほどはウェブサイトの閲覧ができました。

 しばらくすると、ウェブサイトは閲覧できなくなりました。


 22時21分に部分復旧を確認しました。

 いくつかウェブサイトを管理していますが、1つが復旧していることを確認しました。

 22時23分にすべてのウェブサイトが復旧していました。

 作業開始が20時27分ですので、1時間56分でウェブサイトとメールサーバの復旧を確認することができました。




だいたいOKであった

 サーバ移行後の簡単なチェックでは、だいたいのことは問題が無かったです。

 すぐに気づいたのはSQLサーバの不調でした。

SAKURA internet: 移行ツール利用後の対応について知りたい

SAKURA internet: 移行ツールに関するよくある質問




SQLサーバ不具合

 ウェブサイトは正常に表示されましたが、ウェブサイトに紐づいたデータベースが『502 Bad Gateway』と表示


 すぐにphp MyAdminでサーバの状態を確認してみました。

 phpMyAdminのショートカットを用意していたので、そこからログインしようとするとエラーが出てしまいました。

 仕方なくサーバコントロールパネルからログインすると『サーバの選択』に表示されているアドレスがいつもと違う事に気づきました。

 いつもは『mysql.625.db.sakura.ne.jp』でしたが、違うアドレスが表示されています。
 そこは触らずユーザ名とパスワードを入力して実行するとログインできたので、サーバアドレスが変更されたことがわかりました。


 データベースはPHPファイルを自らタグ打ちして作成していたので、関連するすべてのPHPファイルを開いてSQLサーバのURLを新しい物に変更しました。

 その後、いずれのデータベースも正常に表示されました。

 データベース自体はキレイに移行できますが、移行先のアドレスは同じにはならないようですので、注意が必要です。




メールの2割に不具合

 今回の最大の難題はメールの送受信ができなくなったアドレスがあったことです。

 管理下にあるメールアドレスの2割に発生したこの事象は、根本的解決ができた部分と、姑息的だが解決に至った部分がありました。




iPhoneでのみ受信不良

 あるメールユーザーから『メールが受信できません』と連絡がありました。

 サーバ移行が土曜日、それ以前のメールは受信できているが、それ以降に届いているはずのメールが受信できていないということでした。

 iPhoneのメール受信画面を見ると、下方に『アカウントエラー』という表示があります。


 いくつか状況を確認してみると、パソコン(Windows10)のメーラーソフト(Thunderbird)では受信できている。
 さくらのウェブメールでもブラウザ上で受信を確認しているということでした。

 iPhoneの設定はPOP3での受信ということでした。

 当サーバの別のユーザーが複数のアドレスを使用しており、POP3とIMAPの両方を使い分けているということで確認すると、POP3だけ受信できなくなっていることがわかりました。




新しくしてしまう(姑息的)

 iPhoneのメールアカウント設定を開いて、色々と入力を更新してみました。

 最後には、すべてのアカウント情報も書き換えてみましたが、エラーは改善されません。

 仕方ないので、新規アカウントとして全く同じアドレスの情報を登録してみると、こちらは上手くつながりました。

 IMAPとPOP3の両方とも、新規アカウントとして登録してみましたが、どちらも正常です。

 この正常状態で、エラーがあったアカウントを開いてみましたが、やはりエラーのままです。

 ユーザーの誰もがパソコンにバックアップがあり、過去のメールがiPhoneから消えても問題ないということで、新規アカウントとしてメールを登録し直すことで今回の問題は解決しました。

 ちなみに、受信エラーのままでも良ければ、古いアカウントは残しておくことができるので、どうしても消したくないデータがある人は、メールを残す選択もできます。

SAKURA internet: iPhoneでメールの設定をしたい




メールアドレス変更?

 最大の謎は、メールアドレスが変わってしまったことです。

 例えば、下記のような test.sample@ドメイン というアドレスがあったとします(実際には存在しません)。


 ユーザーから『まったく受信できません』との連絡がありました。

 こんどはパソコンでも受信できない重症例です。

 サーバコントロールパネルでメールアドレスが存在しているか確認してみました。


 確かにあるような、よく見ると無いような。

 問題があるという人のアカウント名、途中にピリオドが入っています。

 共通しているのは、このピリオドくらいです。

 この時点でウェブメールを確認してみたのですが、ピリオドを入れたものでアクセスするとNG、ピリオドの前までだとログイン可という状況でした。




何の不具合?

 これが移行ツールの問題なのかどうかはわかりません。

 移行ツールの問題ではなく、筆者の勘違いということもあるので、ツールにばかりフォーカスしないようにしていただければと思います。




土曜日にスタートさせればよかった

 業務で使用しているウェブサイトやメールアドレスも含まれるため、日曜夜に作業を行いました。

 結果として、メールもウェブアクセスも少ない時間帯に終わらせることができたので良かったのですが、もう少し大きなトラブルに直面していたらと思うと、時間帯は失敗だったかもしれません。

 1週間前くらいから告知して土曜の午前2時くらいからサーバ移行を開始して、朝起きたら終わっている、というくらいが良かったかもしれません。
 もし失敗していたとしても土曜と日曜の丸2日、リカバリに当たることができます。

 とはいえ、今回はお盆休み中だったので、翌日の月曜日もほとんどメールなど届かず、仮にダウンしていても対処する時間的余裕はあったかもしれません。




おわりに

 今回、レンタルサーバが更新され高速化したということで、移行ツールが出て1カ月の経過を見て実行してみました。

 これだけ期間があったから大丈夫かなと思っていましたが、そうでも無かったです。

 SQLサーバについては、レンサバの契約を変えて新しくしたときにも発生した事象でしたので、多少の想像はついていました。したがって、対処も早めに済みました。
 データベースが生命線となっているウェブサイトがありましたので、そちらの検索ランキングが下がる前に退所できて良かったです。

 色々と考えるとゾッとするのがメールのアカウント問題です。

 この問題が移行ツールが原因ではなく、当方の設定ミスも考えられますので、結論は急がないでいただければと思います。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

解決

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。