カテゴリー
ICT・AI・robo

C.CRANE CC SKYWAVE SSB の使い方 ~今日の課題~

★今日の課題★
C.CRANEの受信器『CC SKYWAVE SSB』を買って、何となく使う事はできたのですが、もっと良い使い方があると思ったので英語の取扱説明書を読むことにしました。





 ├ イントロダクション
 ├ 電池の取付
 ├ ディスプレイ
 ├ SSBクイックスタートガイド
 ├ ラジオの操作
   ├ 1.電源ボタン・スリープボタン
   ├ 2.上下チューニングボタン
   ├ 3.メモリープリセットボタン(0~9)
   ├ 4.AM/FM/NOAAウェザーアラート
   ├ 5.周波数ボタン
   ├ 6.ページボタン/チェンジングトーン
   ├ 7.ライト/ATSボタン
     ├ オートチューニングシステム(ATS)
   ├ 8.ロックボタン
   ├ 9.メーター - ステレオボタンとメーターバンドの変更
   ├ 10.スピーカー
   ├ 11.9kHz/10kHzチューニングボタンを有効にする
     ├ FM帯域を拡大する
   ├ 12.帯域幅/チャージボタン
     ├ 帯域幅フィルター
   ├ 13.ファインチューン/アラームボタン
     ├ アラームを設定する
   ├ 14.USB - LSB - タイムセットボタン
     ├ 時刻を設定する
   ├ 15.SSB - 12/24時間表示ボタン
     ├ SSBについて
     ├ SSBモードを起動するには
     ├ 12時間制と24時間制を切替
   ├ 16.WX/SW/AIR
     ├ ウェザーバンドについて
     ├ エアバンドについて
     ├ エアバンドのプリセットをスキャンする
     ├ 短波帯について
     ├ CCポータブル短波アンテナを使用する
   ├ 17.FM/WX/AIR/SW アンテナ
   ├ 18.チューニングノブ
     ├ スケルチモード
   ├ 19.音量調節
   ├ 20.イヤホンジャック
   ├ 21.USB電源/充電ジャック
   ├ 22.バックスタンド
   ├ 23.バッテリーコンパートメント
   ├ 24.リセットホール

 ├ 裏設定
   ├ ビープ音を鳴らさないようにする
   ├ ラジオを聴きながら周波数や時計を指定する
   ├ すべての設定をリセットする

 ├ トラブルシューティング
 ├ 仕様




本体を調達

C.CRANE公式サイト

【参考】C.CRANE: CC SKYWAVE SSB


日本での販売

 日本で買う場合はApexRadio(アペックスラジオ)という会社がアフターサービスもしっかりしていそうで、良さそうです。

 米国の公式サイトで$169.99、日本円で19,980円といった価格設定でしょう。米国内の送料が$18.99、約2,200円とすると合計22,200円です。
 米国⇒日本となるとAmazon.com(米国サイト)で『Deliver to Japan』と設定すると$30.49と表示がありました。販売者はC.CRANE公式なので売価$169.99、送料を足すと$200.48なので24,000円くらいです。

 メーカー直販の信頼性はあるものの、言葉が通じない中での取引でシッピング費用を含めると、楽天で24,750円は良心的な価格だなと思いました。ポイント還元などで$200.48と同じくらいの価格になるかなと思います。


【参考】楽天市場:ApexRadio

【参考】C.CRANE: Shipping Information

【参考】Amazon.com(米国): C. Crane CC Skywave SSB




セールストークは何?

 小さなことですが、公式サイトでは何を書いているのか気になったので調べてみました。


CC Skywave SSB AM, FM, Shortwave, Weather, VHF, Aviation and SSB Bands Portable Travel Radio

 CCスカイウェーブSSB AM、FM、短波、天気、VHF、航空、SSBバンド ポータブルトラベルラジオ

WITH AM, FM, SHORTWAVE, WEATHER + ALERT, SCANNABLE VHF AVIATION BAND AND SINGLE SIDE BAND

 AM、FM、短波、天気+アラート、スキャナブルVHF航空バンド、片側バンド付き

THE SWISS ARMY KNIFE OF PORTABLE RADIOS

 ポータブルラジオ界のスイスアーミーナイフ

One of the smallest multiband radios with SSB, the new Skywave-SSB has everything the original Skywave has. But we continue to have a select group of radio enthusiasts who want more… "The CC Skywave has shortwave but it would be perfect if it had Single Side Band". The entirely new circuit also allowed us to improve the audio and reception slightly while keeping the button layout as intuitive as possible.

 SSB付きマルチバンドラジオとしては最小クラスのこの新型スカイウェーブSSBは、オリジナルのスカイウェーブが持っていた全てを備えています。しかし、ラジオ愛好家の中には、それ以上のものを求める人たちがいます…。「CCスカイウェーブには短波があるが、シングル・サイド・バンドがあれば完璧だ」。また、回路を一新したことで、直感的なボタン配置を維持しつつ、音声や受信感度を若干向上させることができました。

You can now listen to FEMA, long range aviation, ships at sea (think coast guard), space, even transmissions and other worldwide communication when nothing else is available. Single Side Band in not available on your smartphone which makes it the ultimate off the grid format.

 FEMA、長距離航空、海上保安庁などの船舶、宇宙、さらには通信など、世界中の通信を何もない時に聴くことができるようになりました。シングルサイドバンドは、スマートフォンでは利用できないため、究極のオフ・ザ・グリッドのフォーマットとなります。

Included is a CC Shortwave Reel Antenna, a pair of our original CC Buds, and a faux leather carry case.

 CC短波リールアンテナ、当社オリジナルCCバッド、フェイクレザーキャリーケースが付属しています。




Instruction Manual Download

 CC SKYWAVE SSBのウリが何なのかが分かった気がしたので次はマニュアルを読んでいきます。

 本体に付属していますが、ダウンロードすることもできます。




イントロダクション

 CCスカイウェーブSSBラジオは、自宅や外出先で情報やエンターテインメントの素晴らしい世界への扉を開いてくれます。
標準的なAMとFMバンドを使用すれば、自宅近くのローカルラジオ局を聴いたり、旅行先で世界中のラジオ局を聴くことができます。
 アメリカ、カナダ、メキシコ北部の一部では、WX(ウェザー)バンドのボタンを押すだけで、現地の気象情報、予報、警報が得られます。
 AIR(エア)バンドは、空港やその周辺、約200マイル以内の陸上やその周辺の航空機やATC(航空交通管制)の受信を可能にします。
 長距離のリスニングには、国際短波帯(SW)をカバーするSkywave SSBを使用します。
 BBC、VOA、ラジオ日本などの標準的なSW放送局に加えて、SSB(シングル・サイドバンド)モードを内蔵し、ハムラジオ、長距離航空(民間および軍事)、海上、宇宙、さらにはスパイなど、衛星やインターネットなしで世界中から送られてくる電波を受信することができる。冒険と発見のための素晴らしいツールを手に入れ、楽しんでください。
 無線機に関するご質問は、お電話でお問い合わせいただくか、ccrane.comでご確認ください。




電池の取付

リチウム電池は使用しないでください。

  1. ラジオを保護するために、柔らかい表面に下向きに置きます。
  2. 圧力をかけ、無線機の底に向かって下方にスライドさせることによって、バッテリーカバーを取り外します。
  3. 単三アルカリ乾電池またはニッケル水素電池2本を、表示されているようにコンパートメントに挿入してください。電池のマイナス(-)の端がバネに当たっていることを確認してください。
  4. 電池カバーを元に戻します。これで無線機を操作する準備が整いました。

注意:
 電池を抜いてから30秒間は、時計やアラームの設定が失われることはありません。新しい電池は、古い電池を取り出した後、すぐに挿入できるようにしておくことをお勧めします。
 私たちのテストでは、(ゆっくりと)古い電池を取り外した後、新しい電池を追加するために約15秒を要しました。メモリープリセットやその他の設定は永久保存されますので、一定期間無線機の電源を切っても失われることはありません。




ディスプレイ

A.バッテリーアイコン/チャージインジケータ
B.ページ番号(ステーションメモリー用)
C.ステーションメモリー0〜9
D.天気バンドインジケーター
E.ウェザーアラートが作動している
F.受信信号強度
G.バンドインジケーター(AM、SW、AIR、FM)
H.周波数/時刻
I.ステレオFM受信
J.シングルサイドバンド起動
K.アッパーサイドバンド起動
L.ロワーサイドバンド起動
M.SSB用ファインチューニング作動
N.無線局へのアラーム設定
O.アラーム作動
P.ラジオがロックされている
Q.ノブによる同調速度
R.スリープタイマー作動
S.スケルチ
T.音楽または音声のためのオーディオフィルター

※.スケルチ(Squelch)とは、一定レベル以下になると信号をミュートする回路で、『ザー』と雑音しか流れていないときは無音にする機能




SSBクイックスタートガイド

 シングル・サイドバンド(SSB)音声通信のチューニングを初めて行う方のために、いくつかのヒントを紹介します。

  1. WX/SW/AIRボタンでSW(短波)バンドに切り替えます。
  2. キーパッドでFREQボタンを押し、7.125のようなハムバンドの低い周波数を入力します。
    ※.日本であれば6.055MHz(ラジオ日経第一)
  3. SSBボタンを押します。
  4. ディスプレイにLSB(lower sideband)と表示されていることを確認します。LSBは3600~4000kHz、7125~7300kHzの標準モードです。
     USB(upper sideband)と表示されている場合は、USB/LSBボタンを押してLSBモードに移行します。
  5. ホイップアンテナを完全に伸ばすことをお勧めします。
  6. メインダイヤルを内側に押しながら離すと、1kHzのスローチューニングモードになります。
  7. 帯域のチューニングを開始します。
     アヒルのような変な声が聞こえたら、メインチューニングダイヤルで信号ができるだけよく聞こえるようにチューニングし、FINE TUNEボタンを押しながらメインダイヤルを微調整モードで声が正常に聞こえるまでチューニングしてください。
  8. リスニングの提案
    a. 日中 -
    7125-7300kHz(LSB)、14150-14325kHz(USB)または21200-21450kHz(USB)をお試しください。
    b. 夜間 -
    3600-4000kHz (LSB) または 7125-7300kHz (LSB)

注意事項:
 短波の電波状況は、天気のように毎日変化します。
 時には、放送中の多くの局を聞くことができるかもしれませんし、ほんの数局、あるいは全くないこともあります。
 夕方や週末が聞くのに最適な時間帯になる傾向があります。
 www.ccrane.com を見たり、ウェブで検索すると、さらに多くのことが分かります。




ラジオの操作

1.電源ボタン・スリープボタン

 ラジオ電源を「ON」にするには、赤い電源ボタンを押してから離します。

 スリープタイマーを起動するには、長押しします。ラジオがオフの間、赤い電源ボタン。
 ディスプレイは、120分、90分、60分、45分、30分、15分と切り替わります。とOFFになります。電源ボタンを離すと、希望するスリープ設定が有効になります。
 最後に設定したスリープタイマーは、次に起動するときに再び使用します。
 スリープタイマーは設定された時間を経過すると、自動的に電源を切ります。

2.上下チューニングボタン

 チューニングを素早く1回押すと、次の周波数にチューニングすることができます。

 2 秒間押し続けると 自動的に次の電波が強い放送局にチューニングします。長押し を押し続けると、全帯域を循環します。

3.メモリープリセットボタン(0~9)

 お気に入りの放送局をメモリーボタンに保存します。

保存方法:
 保存するには、再生中(放送受信中)にいずれかのメモリーボタンを2秒間長押しします。
 保存した放送局を再生するには、同じボタンを1回、素早く押します。

注:CCスカイウェーブSSBは、"スマート "ラジオであり、放送局をメモリーにプリセットすると、現在の設定を記憶します。
 放送局と一緒に保存される現在の設定は、次のとおりです。
1.FMのステレオまたはモノラルの選択
2.AM、短波、エアバンドの帯域選択
3.トーンの設定


4.AM/FM/NOAAウェザーアラート

 AM/FMボタンを素早く 1 回押すと、AM/FMバンドが切り替わります。

NOAAウェザーアラートの場合:
 このボタンを長押しすると、4時間、8時間、16時間の天気予報が表示されます。ボタンを離すと選択されます。
 アラートを無効にするには、このボタンを2秒間押し続けます。

注意:
 ラジオがOFFの状態でアラートを有効にすると、ラジオが完全にオンである場合と同じ量の電力を使用し続けます。
 ライトは点滅を続け、アラートがオンで動作していることを示します。
 不要なときはアラートをOFFにすることで電池を節約します。

5.周波数ボタン

 選択した帯域にいるとき、希望する放送局の周波数番号を数字ボタンで直接入力できるボタンです。
 例えば、AMバンドの1480kHzを再生するには、FREQボタンを素早く押し、数字ボタンで1、4、8、0を入力します。

注意:
SW周波数2300~2610を手動で入力する場合は、入力後にFREQボタンを押す必要があります。

6.ページボタン/チェンジングトーン

 各メモリページには、バンドごとに10局を追加保存することができます。ページを切り替えるには、PAGEボタンを素早く1回押し、次にメモリボタン0~9のいずれかを押して、希望するページを選択します。

 ミュージックトーンとボイストーンを切り替えるには、このページボタンを2秒間長押しします。ミュージックとボイスで交互にディスプレイが切り替わります。

7.ライト/ATSボタン

 電池使用時、LIGHTボタンを押すと、ディスプレイライトが20秒間点灯します。

 ACアダプター(別売)を使用する場合は、ラジオをオンにした状態でLIGHTボタンを押すと、ディスプレイライトが常時点灯し ます。

 もう一度LIGHTボタンを押すと、ディスプレイライトが消灯します。その後、どのボタンを押しても、10秒間だけ点灯します。

注意:
表示灯を常時消灯にすることはできません。

オートチューニングシステム(ATS)

 AM、FM、Air、短波の各帯域で受信可能なすべての放送局をメモリーボタンにプログラムする機能です。

 ATSを使用するには、以下の項目を選択します。希望のバンド (AM・FM・Air・短波)のいずれかを選択しATSボタンを2秒間長押しします。

 CC Skywave SSBはバンド全体をスキャンし、利用可能なすべての局を1~10の順番で自動的に設定します。
 10局以上ある場合は、残りの局が次のメモリーページにプリセットされ、以下同様です。


8.ロックボタン

 ロックボタンを押すと、音量調節を除くすべてのボタンとコントロールが無効になります。

 ラジオがロックされると、画面に鍵のアイコンが表示されます。

 ロックを有効にするには、ロックボタンを 2 秒間押したままにします。
 無効にする場合は、もう一度2秒間長押しします。

 ロックボタンをすばやく1回押すと、表示画面が周波数と時計に10秒間切り替わります。

9.メーター
ステレオボタンとメーターバンドの変更

 短波帯では、METER/STEREOボタンで一般的な放送用メーターバンドに切り替わります。

 SSBモードでは、METER/STEREOボタンで一般的なアマチュア無線バンドに切り替わります。

注意:
 各メーターバンドで最後に使用した周波数は、後でアクセスできるように自動的に記憶されます。

ヒント:
 現在のメーターバンドのみをスキャンしてアクティブな周波数を探すには、METER/STEREO ボタンを3秒間押し続けます。

ステレオまたはモノラル受信
 FMバンドでは、METER/STEREOボタンを押すと、FM受信がステレオとモノラルに切り替わります。
 通常、FMモノラルの方がFMステレオより受信状態が良好です。

注意:
 ステレオで放送していない局、またはラジオがステレオ信号にロックできない場合、ラジオはFMモノラルのみを受信し、ステレオ記号は表示されません。

10.スピーカー

 ヘッドホンジャックにヘッドホンを差し込むと、スピーカーは使えなくなります。

11.9kHzまたは10kHzチューニングボタンを有効にする

FM帯域を拡大する

 ヨーロッパを含む世界の多くの地域では、AMバンドに9kHzのチューニングステップを使用しています。

 アメリカなどでは、AMのチューニングステップは10kHzが使われています。

 ラジオをOFFにした状態で2秒間、9/10kHzボタンを長押しして、チューニングステップを切り換えます。
 チューニングの際、9kHzに設定したステップは、FMバンドも76~108MHz(日本のFMバンド)に拡大されます。

12.帯域幅/チャージボタン

帯域幅フィルター(AM、SW、SSB、AIR帯のみ)

 AM、SW、AIR帯では、不要なノイズや隣接する重複局を除去するために、5つの帯域幅を設定することが可能です。

 SSBでは、6つの帯域幅があります。
 BAND WIDTHボタンを素早く押すと、現在の選択項目が表示されます。

 もう一度押して、最適な設定を選びます。
 弱い信号やノイズの多い信号を受信する場合は、1kHzの狭い帯域幅が最適でしょう。

 強いローカル信号の場合は、通常6kHzが最適で、特に音楽には適しています。
 放送局を変更すると、ラジオはデフォルトの帯域幅設定に戻ります。

 CC Skywave SSBのデフォルトは、良好な音声、ノイズ・フィルタリング、音声の二重性から3 kHzの帯域幅に設定されています。

 デフォルトの帯域幅は、電源を切った状態で帯域幅ボタンを5秒以上押し続けると変更することができます。

 ボタンを離すとが表示されたものを選びます。

ヒント・AM/SW:

 AMと短波のスキャンチューニングは、初期設定の帯域幅3kHzのままで行うと効果的です。

ヒント・SSB:

 SSBの受信は、通常BAND WIDTHを3kHzに設定することで最良の結果が得られます。
 ノイズが少ない場合 4kHzに設定すると、より効果的です。より忠実な音声が得られます。

充電中:

 CC Skywave SSBは、ニッケル水素電池の充電に使用します。CC Skywave SSBに電源を供給する AC電源アダプター(別売)を使用します。
 無線機の電源を切った状態で CHARGEボタンを1回押して、充電を開始します。ディスプレイのバッテリーアイコンが点滅し始めます。電池が充電されていることを示します。
 充電は10時間または電池が満タンになるまで継続されます。
 充電中にラジオをオンにすると、充電中でないにもかかわらず、バッテリーアイコンが充電中であることを示すことがあります。
 充電中は必ずラジオをOFFにした状態で行ってください。

警告:

以下のことをしないでください。
アルカリ電池やその他の非ニッケル水素電池を充電する。
安全については、マニュアルの注意事項を参照してください。


13.ファインチューン/アラームボタン

 SSBを10Hzの分解能で微調整し、より良い音声/受信を実現します。

 SSB モードで FINE TUNE ボタンを素早く1回押し、希望の分解能になるまでチューニングノブを回転させます。

 終了したら、FINE TUNE ボタンをもう一度押して終了します。

アラームを設定する

 ラジオの電源を切った状態で、ALARM ボタンを 2 秒間押したままにします。
 時間が点滅している間に、アラーム時間とAM/PM時刻が表示されるまで、ボタンまたはチューニングボタン(またはノブを回転させる)を押してください。時刻が正しいことを確認します。
 もう一度 ALARM ボタンを押して、分単位を調整します。終了したら、もう一度 ALARM ボタンを押して を確認します。
 アラームを解除するには、ALARM ボタンを3秒間押す。
 デフォルトでは、アラームはビープ音であなたを起こします。ラジオ局で目覚めるには アラーム設定中に#5ボタンを押す。
 スピーカーのアイコン画面に表示され、アラームが前に再生したラジオ局で起動します。この方法は周波数を確認し、音量を調節してください。
 お休みになる前に、お好みの目覚ましレベルに合わせてご利用ください。
 アラームが鳴ったら、電源ボタンを押してアラームをオフにするか、他のボタンを押すとさらに10分間スリープします。

14.USB - LSB - タイムセットボタン

 SSBモード時に、上側(USB)と下側(LSB)のサイドバンドを変更します。
 各周波数に2つのサイドバンドがあるため、どちらのサイドバンドにするか選択できます。

 SSBでは同じ周波数に2種類の放送がある場合がありますので、このボタンでどちらを聴くか選択する必要があります。

 USB/LSBボタンを押すと、アッパーサイドバンドとローワーサイドバンドが切り替わります。

時刻を設定する

 電源がオフの状態で、TIME SETボタンを2秒間長押しします。
 時間が点滅している間に、時間とAM/PMタイムが正しく表示されるまで、チューニングボタン(または回転ノブ)を押してください。
 もう一度TIME SETボタンを押すと、分単位で調整できます。
終了したら、再度TIME SETボタンを押します。


15.SSB - 12/24時間表示ボタン

SSBについて

 シングル・サイドバンド(SSB)を聴いたことがない人は、多数派でしょう。

 シングル・サイドバンド(SSB)では、世界中のハム(無線)、長距離航空(商業・軍事)、海上、宇宙、そしてスパイの通信を聴くことができます。

 インターネットや衛星を使わずに長距離通信を行うには、最も効率的で信頼性の高い方法です。

 ccrane.comにアクセスし、自分で検索すれば、もっと多くのことがわかります。

SSBモードを起動するには

 SWバンドが選択されるまで、WX SW AIRボタンを押す。
 今すぐSSBボタンを押して、SSBモードに入ります。SSBボタンに赤いランプが点灯し、SSBモードがアクティブであることを示します。
 通常のSW放送に戻るには、もう一度SSBボタンを押します。

12時間制と24時間制を切替

 ラジオがオフの状態で、12/24Hボタンを押し続けます。ボタンを2秒間押すと、この設定が変更されます。

16.WX/SW/AIR

 天気予報、短波放送、SSB、エアバンドの切替には、『WX/SW/AIR 』ボタンを素早く押して、Weather、Shortwave、AIRの3つのバンドを切り替えます。

ウェザーバンドについて

 CC Skywave SSBは、NOAAウェザーバンドチャンネルの7種類すべてを受信することができます。
 NOAAとは、National Oceanic and Atmospheric Administration(米国海洋大気庁)の略です。
 アメリカ全土および準州にある放送局のネットワークで、地域の天気や予報を継続的に放送しています。
 深刻な気象状況や公共の安全に関する情報については、緊急警報が発令されます。
 お住まいの地域で警報が発令されたときに通知されるように、ALERT 機能を有効にしてください(ラジオ操作第4項目参照)。
 ホイップアンテナで受信します。

エアバンドについて

 エアバンドを使用すると、パイロットと管制塔の間の通信を聞くことができます。
 飛行機を移動させる基本的な指示、天候や遅延の最新情報も聞くことができます。
 多くの空港では、連続放送を配信し、頻繁に更新しています。
 検索するには空港で使用されている放送局の周波数はインターネットで検索して調べることができます。
良いサイトの1つは www.radioreference.com


エアバンドのプリセットをスキャンする

ヒント:
 お気に入りの10個の航空周波数をスキャンして、送信を監視することが可能です。
 それぞれを1ページの最初の10個のメモリープリセットに、スキャンしたい周波数を追加し、↑と↓を押してください。チューニングの矢印を同時に離す。

短波帯について

 短波では、世界中の電波を聴くことができます。
 通常、地球の電離層が電波障害を起こさない夜間から早朝にかけて、最もよく電波を受信することができます。
 CC Skywave SSBには、干渉を軽減するための帯域フィルターがいくつか搭載されています。
 チューニング後に "BANDWIDTH "ボタンを押して、どのフィルターが最もよく聞こえるかを選択します。

CCポータブル短波アンテナを使用する

1.クリップを無線機の伸縮式アンテナに取り付けます。
2. ワイヤーを完全に伸ばします。
3. ワイヤーを床から高い位置、窓際に設置します。

ヒント:
 クリップを伸縮式アンテナの底部近くに取り付けると、最良の結果が得られることがあります。


17.FM/WX/AIR/SW アンテナ

 ホイップアンテナを跳ね上げ、完全に伸ばします。
 ほとんどの場合、アンテナを垂直に立てたときに、最も受信状態がよくなります。
 アンテナの位置を変えることで、より良く受信できるかもしれません。

18.チューニングノブ

 ノブを回して、次の周波数にチューニングします。
 『IN』ノブをラジオ本体側に(早く1回)押すと、「FAST」「SLOW」の切り替えができます。
 ノブを回すとチューニングの増分値が表示されます。

 「FAST」チューニングは、より大きなステップの周波数幅を使用します。

 「SLOW」チューニングは、信号が悪く、周波数が少しずれているAM局を改善することができます。
 実際の放送局の周波数より1kHz高くしたり低くしたりして、受信状態が改善されるかどうか試してみてください。

スケルチモード

 スケルチモードは、エアバンドでのみ有効です。
 チューニングノブ『IN』をラジオ本体に向けて(2秒)長押しして、有効にします。

 表示画面には "OFF "と表示されます。ノブを回して、希望するスケルチのレベルを調整します。

 最適なレベルは、通常、バックグラウンドノイズが発生しない最小の数値です。

 スケルチをOFFにすると、次のようなことができます。
 登録されていない非常に弱い信号を受信することができます。
 スケルチが有効のときチューニングノブ『IN』をラジオ本体に向かって1回押すと、現在のスケルチの設定が保存されます。


19.音量調節

 小さな車輪を上に回すと音量が大きくなり、下に回すと音量が小さくなります。

20.イヤホンジャック

 ヘッドホンやイヤホンを使って、プライベートな時間を過ごすことができます。
 また、このジャックはオーディオ出力としても使用できます。他の機器に接続します。

21.USB電源/充電ジャック

 ラジオへの電源供給やニッケル水素充電ができます。USBジャックでパソコンまたはUSB電源アダプター(別売)を使用します。


22.バックスタンド

 このパネルを裏返すと、ラジオを立てかけることができ、操作のしやすさ、最高の音質、視聴位置の確保ができます。

23.バッテリーコンパートメント

 単3形アルカリ乾電池またはニッケル水素電池2本を使用します。

リチウム電池は使用しないでください。

24.リセットホール

 ラジオ底面のリセット・ホールを素早く押してマイクロプロセッサーをリセットしてください。
 ラジオのリセットには、楊枝などの柔らかい器具を使用することをお勧めします。
 強く押し付けないでください。ラジオを破損する恐れがあります。
 工場出荷時の設定に戻すリセット方法については、裏設定をご参照ください。




裏設定

ビープ音を鳴らさないようにする

 電源を切った状態で、メモリーボタン3番を2秒間長押しします。
 ALARM と WX ALERT を除くすべてのビープ音が無効となります。
 この操作を繰り返すと、再びビープ音が鳴ります。

ラジオを聴きながら周波数や時計を指定する

 電源を切った状態で、メモリーボタン4番を2秒間長押しします。
 画面上に時計を表わす『C』が表示されます。ラジオを聴いているときに表示されます。
 この操作を繰り返すと周波数を表わす『F』が表示され、ラジオを聴いているときに周波数が表示されることを示します。

すべての設定をリセットする

 電源がオフの状態で、メモリーボタン#4と#6を5秒間押し続けます。
 ラジオは ビープ音が4回鳴り、すべての設定が完了したことを示します。工場出荷時の設定に戻ります。




トラブルシューティング

CC Skywave SSBの電源が入らず、どのボタンも効かない

 ロックボタンが作動している可能性があります。起動すると、画面に鍵のアイコンが表示されます。
 ロックボタンを2秒間押すと、無線機の通常操作が再開されます。
(ラジオ操作第8項目の「ロックボタン」をご参照ください).

私のラジオは数秒後にシャットオフされます

 電池残量が少ないと、このような状態になることがあります。新しい電池と交換してください。

ステーションがメモリに保持されない

 メモリーボタンの設定が上書きされています。
 メモリーから放送局を呼び出す際、メモリーボタンを長く押し続けると、以前に保存した放送局よりも現在の放送局が優先してプログラムされます。
 メモリーされた放送局を呼び出すには、常にボタンを素早く押して離します。
 新しい局をメモリーにプログラムするには、希望の局にチューニングしてから、ビープ音が鳴るまでメモリーボタンを2秒間押し続けてください。

AM帯の受信状態が悪い

 受信状態が最もよくなるまでラジオを回転させます。

 レンガ、金属、スタッコを使用した多くの建物は、AM信号を吸収または反射することがあります。
 コンピューターやその他の電子機器(蛍光灯を含む)は、AM受信の妨げとなるノイズを発生させることがあります。

 ラジオを別の場所に移動して、効果があるかどうか確認してください。

 ノイズが加わると、弱い信号に影響を与えることがあります。
 ノイズを減らすのに役立ついくつかの帯域幅のフィルタがあります。

 『BAND WIDTH』ボタンを押して、最もよく聞こえるものを選びます。

 さらに良い音で聴くには 受信には、www.ccrane.com で入手できる外部AMアンテナを使用します。

短波/SSB帯の受信状態が悪い

 ホイップアンテナを完全に伸ばし、最も強い信号が得られるようにアンテナの向きを調整します。

 いくつかの 帯域幅フィルターは、干渉を軽減するのに役立ちます。

 『BAND WIDTH』ボタンを押す。最適なものを選んでください。

 また、CC Skywave SSBに付属のCC SWリールアンテナも是非お試しください。

ラジオノイズトラブルシューティング

 AMラジオ、短波ラジオ、SSBラジオを聴いているときに不快なブザーが聞こえたら、それはラジオノイズである可能性が高いです。

 よくある原因のいくつかは、次のとおりです。

  • コンピュータ、スマートフォン、タブレット、テレビ、プリンターなどの電子機器
  • コンセントに差し込む充電器やACアダプターボックス

考えられる解決策

  • 干渉ノイズを発生させている物体や機器を特定し、電源を完全にオフにするか、電源からプラグを抜く
  • 干渉する電子機器から離れた別の場所でラジオを使用する

充電式電池を使用しているときに、電池残量インジケーターがフル充電を表示しない

 充電式電池を使用すると、ラジオのディスプレイにフル充電が表示されません。

 CC Skywave SSBはアルカリ電池の充電量を読み取るように校正されており、フル充電で1.5ボルトとなっています。

 しかしながら充電池はフル充電で1.25ボルトのため、充電池がフル充電されていても、ラジオは充電途中と表示します。




仕様

FMバンド

87.5 ~ 108MHz(レギュラーモード)
76 ~ 108 MHz(エクスパンデッドモード)
※.日本のワイドFM仕様

AMバンド

520 ~ 1,710 kHz(10kHz)
522 ~ 1,620 kHz (9kHz)

短波バンド(SW)

1,711~29,999kHz

エアーバンド(航空無線)

118 - 137 MHz

ウェザーバンド(米国)

チャンネル1:162.400MHz
チャンネル2:162.425MHz
チャンネル3:162.450MHz
チャンネル4:162.475MHz
チャンネル5:162.500MHz
チャンネル6:162.525MHz
チャンネル7:162.550MHz

パワーソース(電源方式)

乾電池(単3形乾電池2本)
USB

消費電力

30mA ~ 100mA DC(ヘッドホン/スピーカーで異なる)

オーディオ

スピーカー 1.5インチ、25Ω、0.5W ステレオ

ヘッドホン端子

アンテナ

FM・ウェザー・短波/SSB・エアバンド:
21.5インチ ホイップアンテナ

AMバンド:
フェライトバー内蔵

寸法

幅3インチ×高さ4.75インチ×奥行1.1インチ

重さ

約6.7オンス(電池含まず)

注記:
仕様は予告なく変更されることがあります。




AM FM 短波 VHF航空無線 ポータブル受信機 BCL ラジオ




解決
カテゴリー
生活・DIY

ルンバ高音(異音)の原因はエッジクリーニングブラシの駆動部 ~今日の課題~

★今日の課題★
ルンバ(780)から高音の異音がするので改修するのが本日の目標。結論から言うとエッジクリーニングブラシのモーター部の異常が最大の原因でした。




昨日までのルンバ(Roomba)




 ├ ひととおり清掃
 ├ 残る回転部分はエッジクリーニングブラシ
 ├ 裏蓋を外してモーター部品を取り出す
 ├ モーター分解には特殊工具
 ├ 硬化した埃が隙間を埋める
 ├ 歯車の一山ずつ
 ├ 結果
 ├ 他の課題と解決策




ひととおり清掃

 ルンバの体調不良では毎度お馴染みとなっているダスト容器とエクストラクターの清掃です。

 これまでに幾度となく清掃してきた場所なので、ここを清掃すれば終わりだと思ったのが間違いでした。

ダスト容器
エクストラクター




残る回転部分はエッジクリーニングブラシ

 ルンバが動き出して、何かが回転すると高音の異音がする訳ですから、回転する部分を疑います。

 残された回転部分といえばエッジクリーニングブラシです。

 これまで、パッと見ではさほど大きなモーターも入っておらず、あれだけの音は出せないと思っていましたが、実際は強力なモーターなので異音も大きくなりました。


 ブラシは買い置きがあるので新品交換はいつでもできますが、今回はブラシを外した状態で回しても異音がしたので、原因は消耗品の部分ではないと判断しました。

ルンバの700シリーズに互換のある社外品(非純正品)のセットです。



裏蓋を外してモーター部品を取り出す

 これも手慣れた感じになってきましたが、裏蓋を外します。

 ルンバをひっくり返して、ココですと矢印が付いたネジを外すと簡単に取れます。

 開けると毎回、埃が詰まっています。

 この作業は普通のプラスドライバー1本でできます。




モーター分解には特殊工具

 モーターは本体部と上蓋の2つの構成部品があり、それを留めているのがスター型(Y型)のネジです。

 これを外すには、それに対応したドライバーが必要です。予め用意しましょう。

 100円均一でも売っていそうですが、筆者はまだ見かけたことがないので、ネット通販で調達しています。

 あまり単品では売っているのを見ないので、セットで買う事になるかもしれません。近所の100均やホームセンターでは見つけられなかったので、送料を考えるとセット商品でも良いかなと思ってしまいます。




硬化した埃が隙間を埋める

 開けた瞬間、ヤバイと思いました。

 中には歯車が2つ入っているのですが、そのパーツの隙間は埃で埋め尽くされていました。

 その埃は凝縮されたような塊で、おそらく湿気も手伝って硬化している部分もありました。


 分解修理の手順は後述しますが、手っ取り早くユニット交換してしまうという方法もあります。

 色々と道具を揃えて、直せなかったときのことを考えると、ユニット交換ならばプラスドライバー1本で済みそうなので、安上がりかもしれません。

エッジブラシ用のモーターが入ったモジュールです。この形でのユニット交換となります。5~8千円くらいでいろいろな種類が売られています。




歯車の一山ずつ

 歯車をよく見ると、山の部分に埃が入ってしまって、おそらくそのまま嵌合したので埃が押し込まれてしまっています。

 エアガンで拭きましたが、まったく取れません。

 仕方が無いので、ピックを使って1山ずつ丁寧に、すべての山を掃除しました。


歯石を取るためのツールですが、今回の掃除に役立ちました。ちょうど良い硬さとしなやなさで、歯車を傷つけることなく、硬化したゴミを取る事ができました。



結果

 改善しました。




 今回はルンバの異音対応として、エッジクリーニングブラシのモーターを分解清掃しました。

 これまでにも異音が発生し、清掃することで直してきましたが、それはダスト容器が最も多かったです。

 エッジクリーニングブラシのモーターは、ルンバ全体の大きさから見たら小さいですが、あれだけの高音を放てるほどに強力なモーターであることがわかりました。

 安くはないルンバ、大事に手入れしていかなければなりません。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

解決



他の課題と解決策

カテゴリー
ICT・AI・robo

“Insyde” update. ~今日の課題~ BIOSの脆弱性

★今日の課題★
 パソコンは毎日使用していますが、今日(2022年4月4日)は起動してメールを打つなど仕事をしていると突然、普段目にしないようなプログラムが走り出しました。




MENU

 ├ 偶然見ていた『プログラムと機能』
 ├ insyde
 ├ 公式サイトを閲覧
 ├ InsydeH2O UEFI BIOS
 ├ LEGIONのUpdate?
 ├ この問題は2月1日にリリース
 ├ InsydeH2O UEFI SMMの脆弱性
 ├ Lenovo System Update
 ├ 勝手に再起動するので注意!
 ├ BIOS update
 ├ アップデート進捗
 ├ 再起動(たぶん2回)
 ├ 前日にバックアップ
 ├ BIOSアップデート前後比較
 ├ Lenovoの他機種
 ├ Lenovo以外でもUpdate
   ├ 富士通(Fujitsu)
   ├ hp
   ├ Hewlett Packard Enterprise (HPE)
   ├ DELL
   ├ NEC LAVIE
   ├ mouse
   ├ Siemens
 ├ 開示されていた脆弱性




偶然見ていた『プログラムと機能』

 今朝はたまたま『コントロールパネル』にある『プログラムと機能』を開いていました。

 先週末インストールしたソフトウェア(マインクラフト)が不要になったので、アンインストールしていました。

 インストール日順に並べて見知らぬソフトがインストールされていないかもよく確認するのですが、以下の3点はいつ許可したかわからず入っていました。

  • マカフィーが提供するウェブアドバイザー
  • Lenovo System Update
  • Microsoft Edge WebView2 Runtime

 いずれも怪しい感じではないのでアンインストールはせずに様子観察としました。

 余談ですが、MinecraftWindows版ではなくNintendo Switch版を買う事にしました。

【参考】Minecraft公式
【参考】Minecraft Windows版
【参考】Minecraft Nintendo Switch版




insyde

 画面中央に出てきたのが『insyde』というロゴと、アップデートをしていそうなパネルでした。

 赤字で『Do not turn off your computer』(パソコンの電源は切らないでください)という警告があるので、何か重要な仕事をしようとしているのはわかりました。




公式サイトを閲覧

 まずはinsydeとは何者なのかを知るために公式サイト(https://www.insyde.com)らしきものを開いてみました。

 冒頭のメッセージは『With Insyde Software, you’ll get great technology.』でした。
 直訳すると『Insydeを使用すると、優れたテクノロジーを手に入れることができます』

 これでは『なんのっ?』と突っ込みたくなる感じです。




InsydeH2O UEFI BIOS

 サイトを読み進めるとプロダクトのページに"BIOS"という文字が見つかりました。

 この"H2O UEFI BIOS"というのはどこかで見たような気がします。

 ここで少し安心感が出てきました。
 怪しいソフトでは無さそうです。




LEGIONのUpdate?

 現在使用中のパソコンはLEGIONのY540という機種で2020年12月に購入しました。

 この商品ページには特に情報がありませんでした。




この問題は2月1日にリリース

 Insyde社のCTO(最高技術責任者)が顔まで掲載しているセキュリティに関するページでH2O BIOSの脆弱性について公表されていたようです。

 そもそも商品名も知らなかったので、まったく知らない話でしたが、公表があります。

【参考】Insyde: Insyde's Security Pledge

【参考】PC Watch:数多くのPCで採用されているInsyde H2O UEFI BIOSに23個の脆弱性。開示で修正へ(2022年2月3日)




InsydeH2O UEFI System Management Mode (SMM)の脆弱性

 Lenovoの公式サイトによると『Insyde 社は、InsydeH2O Hardware-2-Operating System (H2O) UEFI ファームウェアに、System Management Mode (SMM)内のメモリ管理に関連する複数の脆弱性が検出されたと報告しています。』ということでした。

 該当商品の中に筆者が使っているLegionのY540も含まれていることがわかりました。

 Lenovoの示す重要度は『高』です。
 対処は『影響を受ける製品のセクションを参照の上、システムのファームウェアを最新のバージョン(またはそれ以降) にアップデートしてください。』とのことでした。

 Y540の修正版リリースは2022年3月31日となっています。この時点から手動でのアップデートはできたのだと思います。

  1. 製品ページの「ドライバーとソフトウェア」を開く
    https://support.lenovo.com
  2. 製品名、またはマシンタイプからお使いの製品を検索
  3. 左のメニューから「ドライバーとソフトウェア」をクリック
  4. 「ドライバーの手動更新」をクリック
  5. コンポーネント別に表示される
  6. 影響を受ける製品一覧の修正バージョンとサポートサイトの最新バージョンを比較

 Lenovoからは、上記の手動の手順の代わりとなる更新管理ツールが提供されています。

PC 製品/ソフトウェア: https://support.lenovo.com/jp/ja/solutions/ht504759


 LenovoのBIOSアップデートは下記のページで詳細に紹介されています。

Lenovo: BIOSのアップデート手順 - Windows, マニュアルとヒント集
https://support.lenovo.com/pt/ja/solutions/HT500008




Lenovo System Update

 筆者のパソコンには"Lenovo System Update"というものが2022年4月3日を最終更新日としてインストールされた形跡があります。

 おそらくこれが今回の"InsydeH2O UEFI"をアップデートした仕組みと関係あると思います。

 履歴を表示させると、今日BIOSをアップデートしたことが書かれていました。




勝手に再起動するので注意!

 insyde社のアップデートプログラムを実行は、まずファイルのダウンロードから始まります。

 このあとは、YesかNoかを決断したらすぐにアップデートが始まり、再起動して使えるようになるまで止まりません。

 他のプログラムですと、よく下記のようなものが出て再起動ですが、今回のプログラムはBIOS設定なので、途中での確認はなくなります。


 アップデートファイルのダウンロード後には下記の注意文が表示されます。最終確認です。

 "Caution"がメッセージボックスのタイトルですが、本文の冒頭は"Warning"です。結構強めの警告文のようです。

 この文章には書いてあるのですが、開いているアプリなどは閉じて作業を保存しておきましょうとなっています。

 これを無視して『OK』と進んでしまうと、作成中のファイルなどは失われます。

 次の起動まで、選択の余地なくアップデート最優先で進みます。

Warining:
You are about to update your system firmware.
Before continuing, please save your work and close all other applications.
When the program is running
(1) Do not put the system into standby or hibernation
(2) Do not launch other applications
(3) Do not press Power button, open/close LID, dock/undock system, insert or remove USB, 1394 or any other device
Click OK to start or Cancel to return to main window.

Warining:
You are about to update your system firmware.
Before continuing, please save your work and close all other applications.
When the program is running
(1) Do not put the system into standby or hibernation
(2) Do not launch other applications
(3) Do not press Power button, open/close LID, dock/undock system, insert or remove USB, 1394 or any other device
Click OK to start or Cancel to return to main window.

警告
システムのファームウェアを更新しようとしているところです。
続行する前に、作業内容を保存し、他のアプリケーションをすべて終了してください。
プログラム実行中
(1) システムをスタンバイやハイバネーションにしない
(2) 他のアプリケーションを起動しない
(3) 電源ボタン、蓋(画面)の開閉、システムのドッキング/アンドック、USB、1394、その他のデバイスの抜き差しをしないでください。
OKをクリックすると起動し、Cancelをクリックするとメインウィンドウに戻ります。




BIOS update

 Windowsパソコンとしては、かなり重い作業であるBIOS(バイオス)のアップデートが行われます。

 もし、ここで何かトラブルがあれば、パソコンは二度と起動しないかもしれません。

 できればファイルは全てバックアップを取った上で作業を始めると良いですが、この画面になってからでは手遅れです




アップデート進捗

 最初の画面は"Please do not remove the AC power!"ということでAC電源を抜かないように赤背景/白文字で注意喚起されます。

 本文は以下のような内容です。

Please do not remove the AC power!

Insyde H2OSOFT (Flash Firmware Tool) Version 2.00.10.00
Copyright (C) 2000-2019, Insyde Software Corp. All Rights Reserved.

Leading New BIOS Image: Done

Current BIOS Model Name: Y540- IRH
New BIOS Model Name: Y540- IRH
Current BIOS Version: BHCN44WW
New BIOS Version: BHCN44WW

Please do not remove the AC power!
Insyde H2OSOFT  (Flash Firmware Tool) Version 2.00.10.00
Copyright (C) 2000-2019, Insyde Software Corp. All Rights Reserved.
Leading New BIOS Image: Done
Current BIOS Model Name: Y540- IRH
New      BIOS Model Name: Y540- IRH
Current BIOS Version: BHCN44WW
New      BIOS Version: BHCN44WW

 先ほどは進捗バーが1本でしたが、ここから2本に増えます。消して、書くという作業が進むようです。

LCFC EC ROM Flash Utility Version : 1.03
Company: Hefel LCFC Information Technology Co, Ltd.

EC ROM Address = FF600000H EC ROM Size = 192K bytes
EC ROM SIGNATURE = 2030383338455449H
EC ACK Is OK.
Device ID : FF FF FE FF

Erase EC ROM [Bank: 176]

Verify EC ROM [Bank: **]

LCFC EC ROM Flash Utility Version : 1.03
Company: Hefel LCFC Information Technology Co, Ltd.
EC ROM Address = FF600000H EC ROM Size = 192K bytes
EC ROM SIGNATURE = 2030383338455449H
EC ACK Is OK.
Device ID : FF FF FE FF
Erase EC ROM [Bank: 176]
Verify EC ROM [Bank: **]

 先ほどはErase(消去)、Verty(検証)と作業が進み、次はProgramという作業の進捗が表示されます。

 流れからすると"Program"は書き込みだと思います。

LCFC EC ROM Flash Utility Version : 1.03
Company: Hefel LCFC Information Technology Co, Ltd.

EC ROM Address = FF600000H EC ROM Size = 192K bytes
EC ROM SIGNATURE = 2030383338455449H
EC ACK Is OK.
Device ID : FF FF FE FF

Erase EC ROM [Bank: 176]
Verify EC ROM [Bank: 176]
Program EC ROM [Bank: ***]

LCFC EC ROM Flash Utility Version : 1.03
Company: Hefel LCFC Information Technology Co, Ltd.
EC ROM Address = FF600000H EC ROM Size = 192K bytes
EC ROM SIGNATURE = 2030383338455449H
EC ACK Is OK.
Device ID : FF FF FE FF
Erase EC ROM [Bank: 176]
Verify EC ROM [Bank: 176]
Program EC ROM [Bank: ***]

 最後は"Program"したものを"Verify"(検証)する作業が入ります。これでBIOSのアップデートプログラムの消去と書込は終わりです。

LCFC EC ROM Flash Utility Version : 1.03
Company: Hefel LCFC Information Technology Co, Ltd.

EC ROM Address = FF600000H EC ROM Size = 192K bytes
EC ROM SIGNATURE = 2030383338455449H
EC ACK Is OK.
Device ID : FF FF FE FF

Erase EC ROM [Bank: 176]
Verify EC ROM [Bank: 176]
Program EC ROM [Bank: 176]
Verify EC ROM [Bank: ***]

LCFC EC ROM Flash Utility Version : 1.03
Company: Hefel LCFC Information Technology Co, Ltd.
EC ROM Address = FF600000H EC ROM Size = 192K bytes
EC ROM SIGNATURE = 2030383338455449H
EC ACK Is OK.
Device ID : FF FF FE FF
Erase EC ROM [Bank: 176]
Verify EC ROM [Bank: 176]
Program EC ROM [Bank: 176]
Verify EC ROM [Bank: ***]



再起動(たぶん2回)

 前述の4本目のバーがフルになったあとでパソコンの再起動が始まります。

 筆者のパソコンは起動時にキーボードのバックライトが光り、外付けの会議用マイク付スピーカーはパソコンがオフになると"Power off"と鳴るので、おそらく起動した、切れたというタイミングが見えます。

 BIOSの書き込みが終わって1回終了したと思います。

 そして起動が始まり、間もなく終了して、再起動しました。

 最後の起動は普段の起動よりもだいぶ時間がかかりました。
 普段は数秒、今回は数十秒かかっています。

 起動後は特に何が変わったということもなく、普通に動いています。




前日にバックアップ

 宅内にストレージサーバーを置いて、定期的にバックアップを取っているので、パソコンがクラッシュしても失うデータはさほど多くはないようにしています。

 今回はアップデートの半日前、前日午後にバックアップをとったばかりでしたので、失うのは多少のメールと、10個程度のファイルです。

 新しいファイルも、まだ記憶が新しいのでだいたい再現できると思います。

 筆者のパソコンはSSDが2つ搭載されています。1つはOS(Windows)用、もう1つはストレージ用に2TB確保しています。
 このストレージ部分をストレージサーバーに複製しています。使用するソフトはSync Toyという無料ソフトです。

【参考】『SyncToyに乗換』 -本日の話題-




BIOSアップデート前後比較

 目立って何かが変わった感触はありません。

F2キー

 1つ利便性が向上したのは『F2』キーで名前変更ができるようになったことです。

 エクスプローラーでファイルを選択した状態で、外付キーボードで『F2』を押すと編集状態になっていましたが、ラップトップ本体のキーボードで『F2』を押しても無反応、『Fn』(ファンクション)キーを押しながら『F2』を押さないとダメでした。

 それがこのアップデート後、変わりました。
 外付キーボードと同じになりました。

【参考】Lenovo:ファンクションキーが動作しない


IME単語辞書

 正確な話ではないのですが、このアップデート前後でIMEの辞書が抹消され、登録してあった単語がゼロになっていました。

 利便性向上のために短縮登録のように使っていたものが突然、変換候補に出なくなったので確認すると、辞書登録件数はゼロ、初期状態になっていました。

 OS側のアップデートが原因かもしれないので、何とも言えません。


エレコム マウスアシスタント

 マウスは正常に使えます。

 自宅用、仕事場用、外出用に計3つのマウスを使っていますがいずれもELECOMのM-XT3URというトラックボールマウスです。

 これにはボタンがたくさん付いているので、そのボタンの役割をユーザーが既定することができます。

 マウス設定をするためのソフトウェアが『エレコム マウスアシスタント』(ELECOM Mouse Assistant)ですが、これが機能しなくなっていました。
 ソフトウェアの画面は開きます。設定もできます。適用ボタンも有効です。

 しかしながらマウスにそれが反映されません。

 解決策は、ソフトウェアのアップデートです。ソフトウェアの機能としてアップデートが備わっている訳では無いので自分で取りに行く必要があります。
 メーカーのホームページからソフトウェアをダウンロードし、インストールすると書き換わります。

 これで改善できました。

【参考】エレコム:ELECOM Mouse Assistant

【参考】エレコム:USBトラックボール(親指操作タイプ)M-XT3UR

 今回調べてわかったのですが、既にマウスを4回も買っていました。
 メインで使うマウスは画像や図面の編集にも使うので、ボールを赤玉に交換しています。

【参考】Amazon:エレコム マウス 有線 トラックボール 6ボタン ブラック M-XT3URBK




Lenovoの他機種

 Y540以外にもいくつかの機種でアップデートが必要となっています。

  • ideapad 130-14
  • ideapad C340-14
  • ideapad D330-10
  • ideapad Ducati 5
  • ideapad Duet 3-10
  • ideapad FLEX-14
  • ideapad FLEX-15
  • ideapad 1-14
  • ideapad 1-15
  • ideapad 3-14
  • ideapad 3-15
  • ideapad 3-17
  • ideapad 5-14
  • IdeaPad Gaming 3-15
  • ideapad L3-15
  • ideapad L340-15
  • ideapad L340-17
  • ideapad S145-14
  • ideapad S145-15
  • ideapad S340-13
  • ideapad S340-14
  • ideapad S340-15
  • ideapad S530-13
  • ideapad S540-13
  • ideapad S540-14
  • ideapad S540-15
  • ideapad S740-13
  • ideapad Slim 7 Pro-14
  • ideapad Slim 7-14
  • ideapad Slim 7-15
  • ideapad Slim 9-14
  • ideapad Yoga 6-13
  • ideapad Yoga 7-14
  • ideapad Yoga 7-15
  • ideapad Yoga 9-14
  • ideapad Yoga C940-14
  • ideapad Yoga Creator 7-15
  • ideapad Yoga S740-15
  • ideapad Yoga Slim 7 Carbon
  • ideapad Yoga Slim 7 Pro-14
  • ideapad Yoga Slim 7-13
  • ideapad Yoga Slim 7-14
  • ideapad Yoga Slim 7-15
  • ideapad Yoga Slim 9-14
  • ideapad 3-14
  • ideapad 3-15
  • ideapad 3-17
  • ideapad 5 Pro-14
  • ideapad 5 Pro-16
  • ideapad 5-14
  • ideapad 5-15
  • ideapad Creator 5-15
  • ideapad Creator 5-16
  • ideapad Gaming 3-15
  • ThinkBook 15p
  • ThinkBook 13x
  • ThinkBook 14 G2
  • ThinkBook 14 G3
  • ThinkBook 14s Yoga
  • ThinkBook 15 G2
  • ThinkBook 15 G3
  • ThinkBook Plus G2
  • Lenovo E41-50
  • Lenovo E41-55
  • Lenovo Legion 5 Pro-16
  • Lenovo Legion 5-15
  • Lenovo Legion 5-17
  • Lenovo Legion 5P-15
  • Lenovo Legion 7-15
  • Lenovo Legion 7-16
  • Lenovo Legion C7-15
  • Lenovo Legion Y540-15
  • Lenovo Legion Y540-17
  • Lenovo Legion Y545
  • Lenovo Legion Y7000
  • Lenovo Legion Y740-15
  • Lenovo Legion Y740-17
  • Lenovo Legion Y740S-15
  • Lenovo S14
  • Lenovo V14
  • Lenovo V140
  • Lenovo V145
  • Lenovo V15
  • Lenovo V17
  • Lenovo V330
  • Lenovo V340
  • Lenovo Yoga 730-13
  • Lenovo Yoga 730-15
  • Lenovo Yoga C740-15
  • Yoga Duet 7-13




Lenovo以外でもUpdate

富士通(Fujitsu)

Insyde社のUEFI(InsydeH2O)に関する脆弱性のお知らせ(CVE-2021-41837他)(2022年2月10日掲載/4月1日更新)

https://www.fmworld.net/biz/common/insyde/20220210/

【参考】ARROWS Tab V567/P, V567/R用 BIOS書換データ


hp

Insyde UEFI ファームウェア、2022年2月セキュリティ アップデート(2022年3月4日)

https://support.hp.com/jp-ja/document/ish_5862773-5864690-16

【参考】HP カスタマーサポート - ソフトウェアおよびドライバーのダウンロード


Hewlett Packard Enterprise (HPE)

Insyde H20 UEFI BIOSのセキュリティ脆弱性(2022年2月18日)

https://support.hpe.com/hpesc/public/docDisplay?docId=a00121090ja_jp


DELL

(現在のところ具体的な情報表示はない)

【参考】サポートへようこそ


NEC LAVIE

(おそらくInsydeを採用していない)

【参考】弊社製品をご利用のお客様へ重要なお知らせ


mouse

(おそらくInsydeを採用していない)

【参考】サポート


Siemens

SSA-306654: Insyde BIOS Vulnerabilities in Siemens Industrial Products (2022-02-22)

https://cert-portal.siemens.com/productcert/pdf/ssa-306654.pdf




開示されていた脆弱性

 Insydeが2月1日に公開していたリストを自動翻訳してみました。翻訳は論文ベースの辞書をAIが作っているというDeepLを使ってみました。

 System Management Mode(SMM)、和訳するとシステム管理モードというあたりに脆弱性があるようで、SMMは繰り返し出てきます。

An unsafe pointer vulnerability exists in SMM (System Management Mode) branch that registers a SWSMI handler. An attacker can use this unsafe pointer "current_ptr" to read or write or manipulate data into SMRAM. Exploitation of this vulnerability can lead to escalation of privileges reserved only for SMM using the SwSMI handler.
CVE-2021-41837
SWSMIハンドラを登録するSMM(システム管理モード)ブランチには、安全でないポインタの脆弱性が存在します。攻撃者は、この安全でないポインタ "current_ptr" を使用して、SMRAM へのデータの読み書きや操作を行うことが可能です。この脆弱性を利用されると、SwSMI ハンドラを使用した SMM でのみ予約されている特権の昇格が可能となります。
An unsafe pointer vulnerability exists in SMM (System Management Mode) branch that registers a SWSMI handler. An attacker can use this unsafe pointer "ptr" to read or write or manipulate data in the SMRAM. Exploitation of this vulnerability can lead to escalation of privileges reserved only for SMM using the SwSMI handler.
CVE-2021-41838
SWSMIハンドラを登録するSMM(システム管理モード)ブランチには、安全でないポインタの脆弱性が存在します。攻撃者は、この安全でないポインタ "ptr" を使用して、SMRAM 内のデータの読み書きや操作を行うことが可能です。この脆弱性を利用されると、SWSMI ハンドラを使用した SMM でのみ予約されている特権の昇格が可能となります。
A vulnerability exists in SMM (System Management Mode) branch that registers a SWSMI handler that does not sufficiently check or validate the allocated buffer pointer(CommBuffer). This can be used by an attacker to corrupt data in SMRAM memory and even lead to arbitrary code execution.
CVE-2021-33627
SMM(システム管理モード)ブランチにおいて、SWSMI ハンドラを登録する際、割り当てられたバッファポインタ (CommBuffer) のチェックや検証が十分でない脆弱性が存在します。この脆弱性を利用され、SMRAM メモリ内のデータを破壊され、さらに任意のコードを実行される可能性があります。
A vulnerability exists in SMM (System Management Mode) branch that registers a SWSMI handler that does not sufficiently check or validate the allocated buffer pointer(QWORD values for CommBuffer). This can be used by an attacker to corrupt data in SMRAM memory and even lead to arbitrary code execution.
CVE-2021-33626
SMM(システム管理モード)ブランチにおいて、SWSMI ハンドラを登録する際、割り当てられたバッファポインタ (CommBuffer の QWORD 値) のチェックや検証が十分でない脆弱性が存在します。この脆弱性を利用され、SMRAM メモリ内のデータを破壊され、さらに任意のコードを実行される可能性があります。
A vulnerability exists in SMM (System Management Mode) branch that registers a SWSMI handler that does not sufficiently check or validate the allocated table variable EFI_BOOT_SERVICES. This can be used by an attacker to overwrite address location of any of the functions (FreePool,LocateHandleBuffer,HandleProtocol) to the address location of arbitrary code controlled by the attacker. On system call to SWSMI handler, the arbitrary code can be triggered to execute.
CVE-2021-41839
SMM(システム管理モード)ブランチにおいて、SWSMI ハンドラを登録する際、割り当てられたテーブル変数 EFI_BOOT_SERVICES のチェックや検証が十分でない脆弱性が存在します。これを利用すると、攻撃者が制御する任意のコードのアドレス位置に、任意の関数のアドレス位置を上書きすることが可能です。SWSMIハンドラへのシステムコールにより、任意のコードが実行される可能性があります。
A vulnerability exists in SMM (System Management Mode) branch that registers a SWSMI handler that does not sufficiently check or validate the allocated table variables EFI_BOOT_SERVICES and EFI_RUNTIME_SERVICES. This can be used by an attacker to overwrite address location of the function (LocateHandleBuffer) to the address location of arbitrary code controlled by the attacker. On system call to SWSMI handler, the arbitrary code can be triggered to execute.
CVE-2021-41841
SMM(システム管理モード)ブランチにおいて、SWSMI ハンドラを登録する際、割り当てられたテーブル変数 EFI_BOOT_SERVICES および EFI_RUNTIME_SERVICES のチェックや検証が十分に行われていない脆弱性が存在します。これにより、攻撃者は関数 (LocateHandleBuffer) のアドレス位置を、攻撃者が制御する任意のコードのアドレス位置に上書きすることができます。SWSMI ハンドラへのシステムコール時に、任意のコードを実行させることが可能です。
A vulnerability exists in SMM (System Management Mode) branch that registers a SWSMI handler that does not sufficiently check or validate the allocated table variable EFI_BOOT_SERVICES. This allows an attacker who is capable of executing code in DXE phase to exploit this vulnerability to escalate privileges to SMM. The attacker can overwrite the LocateProtocol or Freepool memory address location to execute unwanted code.
CVE-2021-41840
SMM(システム管理モード)ブランチに登録される SWSMI ハンドラには、割り当てられたテーブル変数 EFI_BOOT_SERVICES のチェックや検証が十分でない脆弱性が存在します。このため、DXE フェーズでコードを実行できる攻撃者がこの脆弱性を利用し、SMM に特権を昇格させることが可能です。攻撃者は、LocateProtocol または Freepool のメモリアドレス位置を上書きし、不要なコードを実行することができます。

A vulnerability exists in System Management Interrupt (SWSMI) handler of InsydeH2O UEFI Firmware code located in SWSMI handler that dereferences gRT (EFI_RUNTIME_SERVICES) pointer to call a GetVariable service, which is located outside of SMRAM. This can result in code execution in SMM (escalating privilege from ring 0 to ring -2).
CVE-2020-5953
InsydeH2O UEFI Firmware のシステム管理割り込み (SWSMI) ハンドラに、SMRAM の外側にある GetVariable サービスを呼び出すために gRT (EFI_RUNTIME_SERVICES) ポインタをデリファレンスするコードが存在する脆弱性があります。その結果、SMM でコードが実行される可能性があります (リング 0 からリング -2 へ特権が昇格します)。
SMM callout vulnerability allowing a possible attacker to hijack execution flow of a code running in System Management Mode. Exploiting this issue could lead to escalating privileges to SMM.
CVE-2021-43323
SMMコールアウトの脆弱性により、システム管理モードで動作しているコードの実行フローを乗っ取られる可能性があります。この問題を利用すると、SMM に特権を昇格させられる可能性があります。
SMM memory corruption vulnerability allowing a possible attacker to write fixed or predictable data to SMRAM. Exploiting this issue could lead to escalating privileges to SMM.
CVE-2022-24031
SMM のメモリ破壊の脆弱性により、攻撃者が固定または予測可能なデータを SMRAM に書き込む可能性があります。この問題を利用すると、SMM に特権を昇格させられる可能性があります。
SMM memory corruption vulnerability allowing a possible attacker to write fixed or predictable data to SMRAM. Exploiting this issue could lead to escalating privileges to SMM.
CVE-2021-33625
SMM のメモリ破壊の脆弱性により、攻撃者が固定または予測可能なデータを SMRAM に書き込む可能性があります。この問題を利用すると、SMM に特権を昇格させられる可能性があります。
SMM callout vulnerability allowing a possible attacker to hijack execution flow of a code running in System Management Mode. Exploiting this issue could lead to escalating privileges to SMM.
CVE-2021-43615
SMMコールアウトの脆弱性により、システム管理モードで動作しているコードの実行フローを乗っ取られる可能性があります。この問題を利用すると、SMM に特権を昇格させられる可能性があります。
SMM memory corruption vulnerability allowing a possible attacker to write fixed or predictable data to SMRAM. Exploiting this issue could lead to escalating privileges to SMM.
CVE-2021-42554
SMM のメモリ破壊の脆弱性により、攻撃者が固定または予測可能なデータを SMRAM に書き込む可能性があります。この問題を利用すると、SMM に特権を昇格させられる可能性があります。

SMM memory corruption vulnerability allowing a possible attacker to write fixed or predictable data to SMRAM. Exploiting this issue could lead to escalating privileges to SMM.
CVE-2022-24030
SMM のメモリ破壊の脆弱性により、攻撃者が固定または予測可能なデータを SMRAM に書き込む可能性があります。この問題を利用すると、SMM に特権を昇格させられる可能性があります。
SMM callout vulnerability allowing a possible attacker to hijack execution flow of a code running in System Management Mode. Exploiting this issue could lead to escalating privileges to SMM.
CVE-2022-24069
SMMコールアウトの脆弱性により、システム管理モードで動作しているコードの実行フローを乗っ取られる可能性があります。この問題を利用すると、SMM に特権を昇格させられる可能性があります。
SMM memory corruption vulnerability allowing a possible attacker to write fixed or predictable data to SMRAM. Exploiting this issue could lead to escalating privileges to SMM.
CVE-2021-43522
SMM のメモリ破壊の脆弱性により、攻撃者が固定または予測可能なデータを SMRAM に書き込む可能性があります。この問題を利用すると、SMM に特権を昇格させられる可能性があります。
SMM callout vulnerability allowing a possible attacker to hijack execution flow of a code running in System Management Mode. Exploiting this issue could lead to escalating privileges to SMM.
CVE-2021-42113
SMMコールアウトの脆弱性により、システム管理モードで動作しているコードの実行フローを乗っ取られる可能性があります。この問題を利用すると、SMM に特権を昇格させられる可能性があります。
SMM callout vulnerability allowing a possible attacker to hijack execution flow of a code running in System Management Mode. Exploiting this issue could lead to escalating privileges to SMM.
CVE-2021-42060
SMMコールアウトの脆弱性により、システム管理モードで動作しているコードの実行フローを乗っ取られる可能性があります。この問題を利用すると、SMM に特権を昇格させられる可能性があります。
Stack overflow vulnerability that allows a local root user to access UEFI DXE driver and execute arbitrary code.
CVE-2021-42059
スタックオーバーフローの脆弱性により、ローカル root ユーザーが UEFI DXE ドライバにアクセスし、任意のコードを実行される可能性があります。

Insyde's Security Pledge: February 01, 2022

※.DeepL翻訳ツールで自動翻訳しました。




 今回、突然『Insyde』というブランド名か会社名かわからないロゴとともに、アップデートを始めますというメッセージが出て焦りましたが、パソコンメーカー(Lenovo)からの情報提供にも関連するものがあったので問題なしと判断しアップデートしました。

 自身のパソコンにどのようなソフトが入っているか確認していない部分が多いので少々困りますが、今回はどうにかなりました。

 ただし、BIOSの書換までするとは思っていなかったので、今後は注意が必要だと思いました。

 半日前にバックアップを取ったところだったので、仮にクラッシュしても時間のロスはあっても、データのロストは少ない状態だったので、その点では安心して作業を進めることができました。

 バックアップ、重要であることが再認識されました。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

解決