カテゴリー
ICT・AI・robo

『AmazonプライムデーのeMeetが買い』 -本日の話題-

★今日の話題★
AmazonプライムデーにeMeetシリーズを買うべし







eMeet


会議用マイク内蔵スピーカー

 スピーカー内蔵マイクなのかマイク&スピーカーなのかはさておき、会議用に開発された商品です。

 この手の商品を買う理由は大きく2つあります。

 1つ目はハウリング対策です。
 マイクとスピーカーのバランスが悪いとマイクがスピーカーの音を拾ってハウリングを起こします。
 マイクとスピーカーが一体の商品の場合、その調整を内部で済ませてくれるのでハウリングしません。

 2つ目はマイク音量調節です。
 複数名で会議をすると、どうしてもマイクからの距離がばらつきますし、パソコンや資料を前に置くのでマイクとの間に遮蔽物が入る事もあります。
 声の通る人、小声の人など多様です。
 その様々な状況に置いても、通信先の相手に適当な音量で伝えてくれるのがこの手の商品の特徴です。



前例の無い安さ

 今回のプライム会員向けのeMeet Lunaの価格設定は、過去に見たことが無い安さです。

 私が最初に購入したときは12,000円くらいしましたが、これは自粛要請期間中で入手しづらいときでしたので仕方ないなと思います。

 その後、1万円を切るセールが何度かあり、最安で8,999円ということもありました。

 ところが今回、7,699円という激安を提示してきました。



2台目を買った

 今回のセールを見て、2台目を買ってしまいました。

 1人しかいないのに2台必要かというと、普段は要りません。

 しかし、先週の出張型のZoomライブ中継では、2mほどの机を4~5人で囲んでいるだけでも、音が聞き取りづらいことがありました。

 見本市会場という屋外に近い状態、商談会なので皆が声を出している状態、動画を流したり呼び込みをしたりしている状態、こんな環境では3Wのスピーカーでは聞き取りづらくて当然です。

 そこで、次回はスピーカーが2つ欲しいなと思っていたところに、7,699円の提示でしたので、買ってしまいました。




eMeetシリーズ


eMeet Luna

 最もベーシックなタイプの会議用マイクスピーカーです。

 これでも7~8人の会議で使っていますが、普通の会議室等であれば何の違和感もなく、普通に使えています。

 普段は10,999円~11,999円で推移しています。

最もベーシックなタイプの会議用マイクスピーカーです。これでも7~8人の会議で使っていますが、普通の会議室等であれば何の違和感もなく、普通に使えています。



eMeet OfficeCore M1

 コロナ禍よりずっと前から発売されている会議用マイクスピーカーです。

 元々はこれが欲しくて値下がりするのを待っていたところにeMeet Lunaという廉価版が出たので、そちらを買いました。予算があれば、こちらを買っていたと思います。

 普段は14,999円で売られています。
 今回は10,499円で提供されています。下位機種のLunaが普段10,999円のときが多いので、それより安いです。

コロナ禍よりずっと前から発売されている会議用マイクスピーカーです。元々はこれが欲しくて値下がりするのを待っていたところにeMeet Lunaという廉価版が出たので、そちらを買いました。予算があれば、こちらを買っていたと思います。



eMeet OfficeCore M2

 Amazonに掲載のあるeMeetシリーズではおそらく最上位機種だと思います。

 Lunaでは3つのマイクでしたが、こちらは4つのマイクで集音します。

 普段は23,999円ですが、セールでは16,730円でした。

Amazonに掲載のあるeMeetシリーズではおそらく最上位機種だと思います。Lunaでは3つのマイクでしたが、こちらは4つのマイクで集音します。



比較

LunaM1M2
対応人数7~8人最大5人最大8人
接続USB
Bluetooth
AUX
USB
Bluetooth
AUX
USB
Bluetooth
AUX
マイクAIマイク
×3
6+1
MEMSマイク
AIマイク
×4
LED表示
スピーカー3W
89dB
3W
79dB
3W
85dB
バッテリ2600mAh2600mAh2600mAh
連結使用×
参考価格10,999円14,999円23,900円




 今回はアマゾンプライムセールで値段が下がっていたのでeMeet Lunaの2台目を購入しました。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です