カテゴリー
ICT・AI・robo

『Windowsブルースクリーン』 -今日の課題-

★今日の課題★
Thunderbirdの添付ファイルを保存するとWindowsブルースクリーン



ブルースクリーン

 Windowsで問題が発生し、パソコンが予期せずにシャットダウンまたは再起動した場合にBlue screen error (またはSTOPエラー) が発生する可能性があります。

 その場合に、問題発生と再起動について、背景が青色の画面で報告されます。

実際のブルースクリーン



Thunderbirdで添付ファイルを保存

 Thunderbirdというメーラーソフトがあります。

 メールを送受信するソフトですが、その普通の機能を使って、普通のメールを受信したときに付いてくる添付ファイルを『保存』したときに、瞬間的にパソコンが停止し、ブルースクリーンが表示される現象が稀に発生します。

 当方の使用環境で言えば、ver.68.4になって以降に同現象が発生しています。

 Windows10です。



発生は一瞬

 メールを見て添付ファイルを保存した瞬間、画面が真っ青になって下図のような表示に切り替わります。

 作業中のファイルを保存する間もありません。
 Word等であれば自動保存機能があるので良いですが、グラフィックソフトや動画編集ソフト、プログラミングソフトなどは一発アウト、手戻りが大きいです。



Windowsサポートで見るトラブルシューティング

1.エラーが発生したのはいつですか?
 最初の設問で『デバイスの使用中』を選ぶと、下記のような説明がなされます。

 まず『手順 1: サード パーティ製ソフトウェアのアンインストール』を勧められます。
 確かに怪しむべきだと思います。
 当方ではTrendMicroのウイルスバスターからMcAfeeに乗り換えた後からブルースクリーンを経験するようになりました。
 ただし、Thunderbirdが68.4にUpdateしたのも同じ時期に重なってしまったので何とも言い難いです。

 アンチウイルスソフトを停止させた状態でメーラーソフトを動かすのはリスキーなので試すには勇気と知識が必要です。



クリーンインストール

 試行錯誤して後日、根本解決法を実行しました。

 それは、クリーンインストールです。

 パソコン内蔵のSSDを新調し、Windowsはゼロから入れなおしました。

 これでブルースクリーンの呪縛から解放されました。



 今日の解決策は『クリーンインストール』でした。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です