カテゴリー
ICT・AI・robo

Android『不明なエラーが発生したため、端末にログインすることはできません。別のアカウントでお試しいただくか、24時間経過してからもう一度ログインをお試しください』 ~今日の課題~

★今日の課題★
 フリマアプリでスマホを入手して喜んでいましたが、Googleアカウントにログインできずに困ってしまいました。ログインできないので困ってしまいました。

 表示されているメッセージは『不明なエラーが発生したため、端末にログインすることはできません。別のアカウントでお試しいただくか、24時間経過してからもう一度ログインをお試しください』でした。




エラーメッセージ

 『不明なエラーが発生したため、端末にログインすることはできません。別のアカウントでお試しいただくか、24時間経過してからもう一度ログインをお試しください』というメッセージがログイン直後に出て、自動的にログアウトします。

 海外のサイトを検索すると、下記のようなメッセージが出た際にリセットをして改善したような報告があります。

"Unable to sign in to device due to a recent password change. Please try to sign in again 24 hours after the password change performed"

"Unable to sign into device due to an unknown error. Please try again in 24 hours."




24時間経過しても変化なし

 前述のメッセージは24時間経過後に試しましょうという内容でしたが、24時間後に解消されるものではありませんでした。

 根本原因を分析して、対処しなければなりません。




端末保護機能(Device Protection)

 Androidに標準搭載された機能です。

 拾ったり盗んだスマホを勝手に自分の物にしようとする人が居ては困るので、それを不可能にするためにGoogleが搭載した機能です。

 端末保護機能が働く条件があります。

 スマホからGoogleアカウントが完全に消去されていない状態で、スマホをリセットすると端末保護機能が働きます。

 もう使わなくなったからと誰かにスマホを差し上げようと考えて、中身を消去せずにリセットを掛けると端末保護機能が働きます。

[Link] Android: 他人に無断で使用されないようにデバイスを保護する




スマホのリセット方法

 今回使用したF-05Jの例です。

 本体横にある3つのボタンを同時に押します。

  1. 電源ボタン
  2. 音量上ボタン
  3. 音量下ボタン

 起動するとランプが点灯するので、3つのボタンから手を離します。

 ランプが点灯している状態で、電源ボタンと上ボタンを同時に押して、バイブが振動したら放します。

 やがて起動画面が表示されるので、指を離します。

 そのあとは以下から希望するモードを選択します。

  • Factory data reset
  • System update
  • System check

 音量ボタンで選択、電源ボタンで決定です。




アカウント情報が残っていると進めない

 先述の通り、Googleのアカウント情報が残っていると端末保護機能が働いて、先に進めなくなります。

 手順としてはWi-Fi情報を入力しないと先に進めず、ネット接続状態なのでGoogleアカウントのチェックが入ります。

 Googleアカウント情報を残したままFactory data resetを実行すると『このデバイスはリセットされました。続行するには、このデバイスで前に同期したGoogleアカウントにログインして下さい』と表示されます。

 自身のスマホであれば問題ありませんが、譲り受けた場合には困ります。




Googleアカウント情報を忘れてもリセットしない

 自身のスマホで、アカウント情報を忘れたからといってリセットするのも危険です。

 同じように情報を求められるのでリセットしても解消されないですし、リカバリの選択肢を減らす事になると思います。




ログアウト

 ログアウトの手順は、概ね下記のとおりです。機種やOSのバージョンにより多少異なるようです。

  1. 設定
  2. アカウントとバックアップ
  3. アカウント
  4. 削除したいアカウントを選択
  5. 『アカウントを削除』を選択

 富士通のF-05J、Android7.1.1では下記手順でした。

  1. 設定
  2. 位置情報・アカウント
  3. アカウント
  4. 削除したいアカウントの選択
  5. 右上のメニューから『アカウントを削除』を選択
  6. 確認画面で『アカウントを削除』を選択

 モトローラーのmoto g7 power 2020、Android 10では下記の手順でした。

  1. 設定
  2. アカウント
  3. 削除したいアカウントの選択
  4. 『アカウント削除』を選択
  5. 確認画面で『アカウントを削除』を選択



返送してリセット要請

 今回はフリマアプリで購入したスマホが端末保護機能によりロック状態となりました。

 ここで想定された選択肢は以下の通りです。

  1. 出品者からGoogleアカウントを聞いてリセット
  2. 返品する
  3. ドコモショップへ持ち込む
  4. メーカーへ依頼する
  5. デバイスを送り返して解除後に、再度送ってもらう
  6. 何もしない

 この売買は個人間取引中、匿名配送なので互いに氏名も性別もわかりません。そのような中で1番はあり得ないと思います。

 荷物が届いて、箱を開けて、中身が揃っていたので受取確認をしてしまったので取引成立、この時点でフリマのプラットフォームを使った返品はできない状態です。
 出品者様にもしっかりお伝えしましたが『返品を承諾する義務はない上で相談です』と前置きして、今回のやり取りをしました。

 3番と4番は手間がかかる上に、確実性が無く、しかも料金が発生する可能性があるという事で、それならば他の機種をフリマアプリで探した方が時間もお金も節約できると考えました。

 そこで交渉したのが、デバイスを送りますのでログアウトして貰えませんか、という主旨の事です。

 今回、良い出品者様でしたので『送料も負担するので返送してください』というお返事が来ました。
 一応『この要望は無視する権利もあります』とはお伝えしましたが、誠心誠意ご対応頂けました。

 追跡番号付きのレターパックで送り、レターパックで返ってきました。

 こんどはしっかりとログアウトされており、解除できました。

 良い人に当たって良かったです。




 今回はフリマアプリで購入したスマホが、初期設定段階でのログインができずスタックしました。

 原因としては、前の持ち主さんがログアウトする前に工場出荷時のリセット(Factory data reset)をしてしまった事が原因であろうと思われました。

 その解決法としては、再ログインをしてもらったあとで、しっかりログアウトしてリセットするというものでした。

 その通りに作業して頂いたおかげで、購入者として出品者情報を知る事なくログインができました。

 今回は良い出品者様でしたので、互いの住所を明かしてやり取りできましたが、このご時世ですので珍しい事だと思います。本当に感謝です。

 出品者様と互いに確認したのは、スマホについて知識を持って取引しましょう、という事でした。お互いに、このような事象を知らずに取引したのがそもそもの始まりでした。

 フリマアプリでの取引は個人間、多少の不備も承知の上で取引しているので苛立ちや不満はありませんでした。安く買えたら価値(勝ち)、時には『安物買いの銭失い』もあるが経験として良いかなと思って取引しています。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

解決

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です