カテゴリー
ICT・AI・robo

Adobe Font – 今日の課題 –

★今日の課題★
Adobeのフォントを入手したのでWindowsパソコンにインストール




Adobe Master Collection CS6


附属

 先日、Adobe Master Collection CS6を入手しました。

 このソフトウェアにはAdobeのCS6と共に、フォントが附属されています。

[Link] 米国版 Adobe CS6 インストール



122

 『Fonts』のフォルダを開いてみると、122個のフォントファイルが入っていました。

 和文で使える物ですと『小塚ゴシック』『小塚明朝』など小塚シリーズだけでも24個のファイルがあります。




フォントのインストール


コピペ

 インストールと言うと大袈裟ですが、コピペして終わりです。

 まず、コントロールパネルの『フォント』を開いておきます。


 次に、Adobe Master Collectionでファイルを解凍したときにできたFontsフォルダにアクセスします。


 キーボードのコントロールキー(Ctrl)を押しながらAキーを押して、すべてのファイルを選択した状態にします。


 これらのフォントファイルを、コントロールパネルのフォントにドラッグ&ドロップします。


 1分もせずにインストールが終わります。
 特に終わりましたという報知はなく、静かに終わります。




 今まではMacでIllustrator CS5を使って名刺などを作ってきましたが、これからはWindowsで制作する予定です。

 フォントが増えたことで表現の幅が広がりましたので、まずはこの122個のフォントの特長を知りたいと思います。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です