カテゴリー
BCP・災害対策

『防犯カメラアップグレード計画(今年2回目)』 -今日の課題-

★今日の課題★
防犯カメラのアップグレードを考える




1カ月で4回

当て逃げ事件発生

 『昨日の10時~16時の間で当て逃げがありまして....』というのは訪問してきた警察官。

 どこか近くで当て逃げ事故があり、その捜査で当家の防犯カメラの映像を確認したいとのこと。

 これまで何度も映像協力はしているので、今回も快諾しました。



1カ月前も当て逃げ

 家の前の通りでは1カ月前にも当て逃げ事件が発生し、警察が映像を確認しに来ました。

 今回来た警察官とは別の捜査員ですが、同じ警察署から来ました。



1カ月前には別の事件も

 前回の当て逃げ事件があった同じ週には、当家に対する事件もありました。

 また、先週も当家に不法投棄する事件があり、警察が来ていました。

 先週の事件、最初は拾得物として処理され、防犯カメラの映像で『故意に投棄している』と警察官が認めたため拾得物という処理ではなくなりました。




3km圏内で発砲事件が2件

1カ月以内の発砲事件

 ここ1カ月、3km圏内で2つの発砲事件がありました。

 事件現場に近い所までいくとパトカーは何度もすれ違い、2人組で歩く警察官も何組か遭遇するくらい、警察が多く出ているので、軽犯罪は少なくなるなかと期待していました。



軽犯罪抑止とパトロール

 不法投棄の事件後、犯行があった朝方の3時頃に警察官がパトロールしてくれています。

 防犯カメラの映像はありましたが、警察は映像は持ち帰っておらず、犯人も捕まっていません。

 積極的捜査をしているほど暇ではないようなので諦めますが、担当の警察官が交番勤務の日は、朝3時頃に同じ不審者が居ないか確認してくれているので、同じ事件は起こらないことを願っています。




防犯カメラアップグレード

今年2月に更新済

 現在設置してある防犯カメラは今年2月に更新したばかりの機種です。

 約2万円でカメラ8台とレコーダーがセットになっていました。HDDとケーブルは買い足しましたが、合計3万円にも満たないと思います。



夜間対応

 前回調達したカメラは230万画素でした。

 昼間、私宅に入ろうとする人は相当にキレイに映ります。

 夜間になると少々難があるので、赤外線照明を追加します。

 私宅では目の前に電柱があり、防犯灯(街路灯)が設置されているので、その明かりが届く範囲は赤外線照明は不要ですが、脇道や庭の方は真っ暗なので赤外線ライトが活躍します。

防犯カメラ内蔵の赤外線では足りない光を補うデバイスです。カメラ性能にも依りますが、96球も付いていれば十分だと思います。


500万~800万画素数

 明かりを足しても、そもそものカメラの解像度が低ければ得られる映像は低品質になります。

 そこで今回、500万画素~800万画素のカメラの検討に至りました。




機種選定

500万画素・同軸ケーブル
カメラ×4台・4chレコーダー

 500万画素のカメラ4台、レコーダーは4chの最小限のセットです。

500万画素のカメラとレコーダーのセットです。レコーダーが4ch用なのでこれ以上の拡張はありません。Amazonで2万円くらいです。


500万画素・同軸ケーブル
カメラ×4台・8chレコーダー

  500万画素のカメラ4台、レコーダーは8chなのでとりあえずは4台で運用、あとで4台追加できます。

 価格は20,999円+送料540円、リーズナブルです。

500万画素のカメラとレコーダーのセットです。レコーダーが8ch用なので、あと4台増設できます。Amazonで2万円くらいです。


500万画素・同軸ケーブル
カメラ×8台・8chレコーダー

500万画素のカメラとレコーダーのセットです。カメラ8台に2TBのディスクも付属して39,999円は非常に安いと思います。


800万画素・4K・同軸ケーブル
カメラ×4台・8chレコーダー

 800万画素のカメラがまだまだ少ない中で、レコーダーとセットになって3万円は破格だと思います。

 カメラは4K対応、IP67で防水性があり、赤外線LEDは24球あるので自宅ガレージや玄関などはこれで十分だと思います。

 貸駐車場や庭など少し広くて照明が少ない場所であれば、赤外線ライトを足すと良いと思います。

 ハードディスクは最大8TBまで使えるので、相当に長期間の画像保存ができるようになります。

800万画素のカメラとレコーダーのセットです。800万画素・4K画質なので画像が格段にキレイになります。調査時点で29,999円、これはどの800万画素カメラセットより安いです。

 同社では追加用カメラも販売しています。4台で2万円近くになりますが、高くも無いと思います

※.11月22日時点で13,999円+送料3,176円

ZOSIの追加用カメラです。


500万画素・PoE(LAN)
カメラ×4台・8chレコーダー

 LANケーブルだけで済むので配線がしやすく、おそらく将来の主流になるので更新時にも手間なく機種選定ができるのではないかと思われます。

LANケーブル1本で映像と電源が往来するタイプのカメラセットです。500万画素、防水、赤外線内蔵などZOSIのカメラと似た仕様です。


800万画素・PoE(LAN)
カメラ×4台・8chレコーダー

 LANケーブルで配線ができるPoE、これの800万画素の機種がまだまだ少ないので選択の幅が狭いのが難点ですが、それなりに良さそうな機種が出ています。

 このH.VIEWというメーカー品は調査時点で74,900円(Prime会員送料無料)、さrない4,000円OFFクーポンが出ていたので70,900円で調達できます。

 PoEを検討するならば、500万画素ではなくこの商品を買うと良いなと思います。

800万画素の4Kカメラです。LANケーブル1本で映像と電源が往来するタイプのカメラセットです。防水、赤外線内蔵など一般的な仕様です。


買うのは800万画素・同軸ケーブル

 色々と調べましたが、結局は既存の同軸ケーブルを活かすということで、機種が絞られました。

 せっかくだからと800万画素に手が伸びることになりました。




 今年2回目となる防犯カメラのアップグレードを計画しました。

 これを書いている今、家の庭では警察官が防犯カメラ映像をUSBメモリに移している最中です。

 地域の治安を守ろうというところまでは熱心ではありませんが、地域の防犯・防災に寄与するのであれば、多少は身銭を切っても良いかなという事で、今回はアップグレードを計画しました。

 工事は近々、DIY的に行います。
 DIYとはいえ、一応は電気工事士であり、電気工事業許可も取っていますので、プロ仕様で仕上げたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です