カテゴリー
注意喚起

『みずほ【お礼とご報告】不正送金被害ゼロプロジェクト』 -今日の課題-

★今日の課題★
みずほ銀行『【お礼とご報告】不正送金被害ゼロプロジェクト』は大丈夫




件名に銀行名がないので怪しかった

 パソコンのメールに下記のようなメールが届きました。

 メールの送信元はみずほ銀行らしく、本文を見ても怪しそうではないので、大丈夫かなと思いながら読み進めました。

 恐らく『大丈夫だ』と思い、メール本文中のすべてのリンクをクリックしてみました。

 結果、どれもみずほ銀行のもので、大丈夫でした。



テキストメール

 HTMLメールではどこに地雷が仕掛けられているかわからないので、ひとまずテキストメールにして内容を見ていきます。

差出人   みずほ銀行 <mailnews@e-mail.mizuhobank.co.jp>
件 名   【お礼とご報告】不正送金被害ゼロプロジェクト
本 文
みずほ銀行 <https://www.mizuhobank.co.jp/index.html>
10,000件達成!不正送金被害ゼロプロジェクト
みずほダイレクトログイン

<http://dm.mizuhobank.co.jp/u/No/12185/hfflJJH7ci0D_59843570/12185_191125001.html>
> HTMLメールが正しく表示されない方はこちら
<http://dm.mizuhobank.co.jp/u/No/12185/djDschH7ci0D_59843570/12185_191125002.html>
不正送金被害をゼロに。プロジェクト参加者が1万人に達しました。※本プロジェクトは引き続き取り組んでまいります。
<http://dm.mizuhobank.co.jp/u/No/12185/kKD5khH7ci0D_59843570/12185_191125003.html>
いつもみずほダイレクトをご利用いただきありがとうございます。
みずほ銀行では「不正送金に関する被害ゼロ」をめざし、様々なセキュリティ対策を行っております。
中でも、2019年9月から開始いたしました*「不正送金被害ゼロプロジェクト」では、約1万人のお客さまから不正送金被害を未然に防ぐセキュリティサービス『ワンタイムパスワード』のお申込をいただき、プロジェクトの目標である1万件を達成することができました*。
みなさまのプロジェクトに対するご理解、温かいご協力に改めて感謝申しあげます。引き続き不正送金被害をゼロにしていくべく、ワンタームパスワードの継続的なご利用をお願いいたします。
また、まだワンタイムパスワードをご利用でないお客さまには、ぜひこの機会にみずほ銀行の「不正送金に関する被害ゼロ」をめざす取り組みにご協力ください。
不正送金被害ゼロプロジェクトくわしくはこちら
<http://dm.mizuhobank.co.jp/u/No/12185/E5Ni95H7ci0D_59843570/12185_191125004.html>
* みずほ銀行では不正送金被害ゼロをめざし、 テロや紛争の解決をめざすNPO法人アクセプト・インターナショナル(以下、同社)との共創プロジェクトを行っています。
* お客さまからのワンタイムパスワードの申込件数に応じ、みずほ銀行が、同社が実施する「脱過激化・積極的事業プログラム」の開発を支援します。
* ワンタイムパスワードの申込件数が1万件に達すると、みずほ銀行が、同社が実施する開発に対し、1,000,000円の支援をいたします。
* 目標の申込件数は達成いたしましたが、本プロジェクトは継続して取り組んでまいります。支援状況などはみずほ銀行ウェブサイトにて今後ご紹介いたします。
*みなさまに協力していただきたいのはワンタイムパスワードをお申し込みいただき、利用していただくことです。ワンタイムパスワードのお申込・ご利用に際し、利用料等は一切ありません。ぜひこのプロジェクトにご協力ください。*
ワンタイムパスワードを申し込む
<http://dm.mizuhobank.co.jp/u/No/12185/jCAn6JH7ci0D_59843570/12185_191125005.html>
※みずほダイレクトログイン画面に遷移します。
※ワンタイムパスワードのお申込はみずほダイレクトからとなります。
※「メインメニュー」>「セキュリティ」>「ワンタイムパスワードの申込・更新」よりお申し込みいただけます。
※ワンタイムパスワードについて_詳しくはこちら_
<http://dm.mizuhobank.co.jp/u/No/12185/KhC5biH7ci0D_59843570/12185_191125006.html>
*本プロジェクトはお客さまに直接同社へ寄付をいただくものではありません。みずほ銀行が支援金を負担いたします。お客さまの普通預金口座から支払うものではありません。
*本プロジェクトは、やむを得ない事情などにより、予告なく中止または内容を変更する場合がございます。その場合、支援金の取扱に関してはみずほ銀行が決定いたします。
不正送金被害ゼロプロジェクト企画 LINEスタンプ配信中
<http://dm.mizuhobank.co.jp/u/No/12185/A5LG1AH7ci0D_59843570/12185_191125007.html>
※みずほ銀行LINE公式アカウントに遷移します。
配信停止・メールアドレス変更・お問い合わせ先について
本メールは、みずほ銀行にご登録いただいた電子メールアドレス(11月1日現在)宛にご案内しております。
なお、みずほ銀行に複数の電子メールアドレスをご登録いただいている場合等は、各メールマガジンのご案内内容により異なるアドレス宛に配信をさせていただく場合がございます。
> 配信停止のお手続き
<http://dm.mizuhobank.co.jp/u/No/12185/KAxG6IH7ci0D_59843570/12185_191125008.html>
> みずほ銀行からの電子署名付き電子メールについて
<https://www.mizuhobank.co.jp/crime/smime/index.html>
“配信停止画面”にアクセスができない、または本文画像表示がされない方はこちら
> みずほ銀行メール配信サービスのTLS1.1暗号化通信無効化についてのお知らせ
<https://www.mizuhobank.co.jp/retail/oshirase/email/index.html#update>
メールアドレスの変更をご希望の方は、下記の通りお手続きください。
> 「みずほダイレクト」にご登録されている場合のメールアドレス変更
<https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/direct/about/service/address_henkou.html>
> 「みずほダイレクト」にご登録されていない場合のメールアドレス変更
<https://www.mizuhobank.co.jp/retail/oshirase/email/address_henkou_other.html>
お問い合わせ先
申し訳ございませんがこのメールへの返信はお受けしておりません。ご質問等がございましたら、下記までお問い合わせください。
■ワンタイムパスワードに関するお問い合わせ先
■みずほダイレクトヘルプデスク
0120-3242-99 <tel:0120324299>
海外からのご利用などフリーダイヤルをご利用いただけない場合(通話料有料)
03-3211-9324 <tel:0332119324>
<受付時間>
平日 9時00分~21時00分
土・日曜日、祝日・振替休日 9時00分~17時00分
*1月1日~1月2日はご利用いただけません。
*12月31日、1月3日の受付時間は9時00分~17時00分です。
株式会社みずほ銀行
東京都千代田区大手町1-5-5
https://www.mizuhobank.co.jp/ <https://www.mizuhobank.co.jp/index.html>
登録金融機関 関東財務局長(登金)第6号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright c Mizuho Bank, Ltd. All Rights Reserved.



ヘッダー

 今日のメールのヘッダ部の抜粋です。
 差出人はmizuhobank.co.jp、Message IDなどもmizuhobank.co.jpなので、恐らく出所は間違いないと思いました。




 今日の解決策は『メールのヘッダーで差出人を精査する』でした。

 すべてのリンクを開いてみましたが、問題ありませんでした。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カテゴリー
医工連携・事業化推進 境界領域

『電気図面のサジェスチョン』 -本日の話題-

★今日の話題★
電気図面のサジェスチョン




スキル販売 coconala

 『得意を売る』ことができるcoconala(ココナラ)というシステムがあります。

 ココナラ自体は場を提供し、手数料を取るだけなので、実際にサービスを提供するのは出品者です。

 『お宅の電気図面へ気付きを書き込みます』というサービスが出品されているので、少し触れてみました。

coconala



電気図面に気づきを植えるサービス

 今回のフォーカスは電気図面のサジェスチョンサービスです。

 実際のサービスはcoconalaで確認して頂ければと思います。

coconala: 工事前のお宅の電気配線図に『気づき』を書き足します



電気図面のサジェスチョン?

 suggestionとは提案や示唆を意味します。
 電気図面のサジェスチョンとは、電気図面に関して示唆を与えるという事になります。

 電気図面に示唆というと、いったいどういう事でしょうか。

 それは、建築屋さんから提示された図面に、他の選択肢が無いか、無駄は無いか、勘違いしている部分は無いかなど、図面から読み取って示すことをです。



プロの図面に示唆は必要か?

 プロが描いた図面にミスがあってはいけません。

 ときどきドアの把手の向きを間違えてスイッチが逆になっていたり、という事はありますが滅多に無い事ですし、だいたい現場で誰かが気づくものです。

 プロの図面のあら捜しをするのではなく、例えば『10年後には自宅で車を充電しませんか』『このあたりでミシンやアイロン掛けをしそうですが照明は要りませんか』などのコメントで『気づき』を与えるのがサジェスチョンサービスです。



実際の図面

 実際は下図のようになるようです。

 例えば図面上にピアノの配置計画が書かれていますが、電気図面上にはピアノに関する設備はありません。
 このような場合に、ピアノ用の照明は不要であるのか、電子ピアノならばコンセントは要らないか、最近の電子ピアノはネット接続するがLANは不要なのか、などのコメントが書き込まれて施主側が何かに気づく、といった流れになっています。



期間で区切らないサービス

 coconalaで主たるサービスはウェブサイトやアニメ描画などのクリエーター系です。
 成果物が明確なので、納期も重要になってきます。

 一方で図面サービスは、施主が納得しても施工業者とのすり合わせが必要になるので、都度タイムラグが発生します。
 実際にはcoconala上で1週間かけて図面調整、週末に工務店で打合せして新たな疑問が浮上し、次の週末までの間をcoconalaで相談。といった流れになります。
 よって、2週間以上もサービスは続きますが、それでも追加料金はかからないです。



coconalaを使ってみる・・・招待コードでポイントゲット

 coconalaは会費などかからずに利用できます。
 招待コードを使ってIDを取得すれば、ポイントが貰えます。



見積・カスタマイズ依頼

 『このサービスで私の要求は満足されるのか?』と疑問を抱いたとき、出品者にメッセージを送って確認することができます。

 基本的に、coconala上でのやりとりは事務局が閲覧できますので、ある程度の安心感の中でやりとりすることができます。



公開依頼

 coconalaには公開依頼という手段もあります。

 『カフェのメニュー表を作って欲しい』『自分のアニメキャラを作って欲しい』などがよく見かけられます。

 公開依頼の良い点は、自分のして欲しいことをストレートに依頼でき、そこに複数の提案が来て選択できるところです。

 一方で、積極的に売り込みたい人が提案するので、売れっ子の忙しいクリエイターさんは公開依頼を見ていないと思います。



実績で選ぶ

 サービス提供者がどのような人物なのかは、個人プロフィールを読めば多少はわかります。ただし、自分で書き込むものであり、また活字なので読み取りづらいです。

 個別の出品サービスには利用者による評価、販売実績などが掲載されています。
 取引完了後のコメントも読めるので、参考になります。




 今日の話題はcoconalaで電気図面に気づきを植え付けるサービスを展開してみたというお話でした。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カテゴリー
生活・DIY

『生ゴミ臭いを消す』 -今日の課題-

★今日の課題★
生ゴミの臭いを消す




結論はオゾン

有機物のニオイ

 今回は生ゴミのニオイをどうにかしたいという我が家の課題です。

 燃やせるゴミは週2回、燃やせないゴミは週1回の回収です。

 三角コーナーや排水口の生ゴミは小さな袋を使ってマメに対応しますが、大きなゴミ箱は対策がおろそかです。

 30リットルのゴミ箱がキッチンにあり、ここのニオイがどうにかならないかと思って動きました。

 アスプルンドの4分別タイプのスチール製ゴミ箱です。デザイン性と高さ、奥行きで選びました。ゴミ袋は30Lがちょうど良いです。


オムツバケツ

 赤ちゃんのオムツバケツも工夫されてニオイづらくはなっていますが、ゴミの日の前日には、フタを開けて袋を交換するのでニオイがスゴイことになっていました。

 これも有機物です。

 生ゴミはそこまでひどく強い臭いではありませんが、同じようにニオイ対策が必要です。

 オムツバケツの中でも、専用カセット不要でニオイも少ない優れものです。生ゴミやペット排泄物処理などにも応用できます。


ニオイにはオゾン

 経験的な部分が大きいのですが、オゾンがニオイによく効くと考え、ゴミ箱にオゾン発生装置を装着しました。

 そして、ニオイがひどい日には、オゾン発生装置自体をゴミ箱に入れて使用しました。

 ゴミ箱に入れるときは、スマホ用のモバイルバッテリを接続して動作させました。24時間稼働できるほど省エネでした。

 通常、ゴミ箱の扉を開くとニオイが出てきますが、オゾン装置を30分も動作させた後であれば、扉を開けたときのニオイはほぼ無しです。
 24時間稼働後ですと、扉を開けたときはオゾン臭いです。オゾンなので、すぐに何かと反応してO2になってしまい、ニオイは消えてしまいますので、概ね無臭です。


 日本の、横浜の人が開発し、特許を取得したオゾン発生装置です。とにかく軽い、小さい、静かです。私宅で複数台稼働中です。マグネットでピタリとくっつく点や、USBケーブルが電源になる点が気に入っていますが、何よりオゾンがしっかり出ているのが良いです。


ぶっ込み用USBメモリ

 ゴミ箱の前にオゾン発生装置を置くという発想は良いのですが、やはり根本をということでゴミ箱に投げ込んでおく分が欲しくなりました。

 そこで、USBフラッシュメモリほどのサイズのデバイスも調達して活用しました。

 これに安物のモバイルバッテリをつないで使っています。
 高価なバッテリはお薦めしません。余りに省エネなので保護が働き、止まります。


 USBフラッシュメモリのようなサイズ感のエアーサクセスです。いつも持ち歩いています。欲しい人が差し上げています。ちょっとしたギフトにちょうど良いです。



 今日の解決策は『ニオイにはオゾン』でした。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カテゴリー
注意喚起

『UFJ銀行を装ったフィッシング』 -今日の課題-

★今日の課題★
UFJ銀行を装ったフィッシング



簡体字中国語のUFJメール

 パソコンのメールに下記のようなメールが届きました。

 銀行に登録しているアドレスでは無かったのですぐに気づきましたが、他にも気づくべきポイントがありました。

 まずフォントが普通ではないなとの違和感。
 メールを詳しく調べてみるとコードに『charset="gb2312"』という記述がありました。chasetとは恐らくフォントを規定する記号だろうと察し、文字コード『GB2312』を調べてみると『簡体字中国語』ということがわかりました。
 おそらく、中国大陸から送られて来たか、そちらの方から持ち込まれたパソコンで送られたメールのようです。

 差出人のメールアドレスが『mufg.jp』で終わっていない点も怪しむポイントでした。

 本文最初の行の末尾に句読点が無いのも銀行らしく無いなと思うポイントです。

 UFJの電話番号を調べてみると『042-211-7000』は存在せず、番号が1つ違う『042-311-7000』が三菱UFJ銀行 インターネットバンキングヘルプデスクの電話番号でした。
 フリーダイヤルも『0120-553-555』は存在せず、『0120-543-555』がUFJの窓口につながる番号でした。

差出人   mail@direct-11.bk.mufg.jp <mail@direct-11.bk.woyq.jp>

件 名   (三菱UFJ銀行)お振込のお知らせ

本 文

三菱UFJダイレクトをご利用いただき、誠にありがとうございます

あなたの三菱UFJ口座にはリスクが検出されましたので、口座の資金安全を確保するために、一時的にこの口座を制限します。正常な利用に影響しないように、ご自分で制限を解除してください。

下記のURLをクリックしてログインを解除してください。
https://www.niss-bk-mufg-inkin-jp.com

■本メールの送信アドレスは送信専用となっております。返信メールでのお問い合わせは承りかねますので、あらかじめご了承願います。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇
<インターネットバンキングヘルプデスク>
◆お電話でのお問い合わせ
 0120-553-555
 または
 042-211-7000(通話料有料)
 受付時間/毎日 9:00~21:00
◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇
株式会社三菱UFJ銀行

────────────────────────────────────

no:17481155220

MUFG: インターネットバンキングヘルプデスク



メッセージのソース(コード)



対処

 こうしたメールが来た場合どう対処するか。

 まず、メール自体は削除してしまいます。

 見出しなどにあった内容が気になれば、銀行のホームページにアクセスするか、電話で確認します。

 このとき、メール内のリンクなどは利用せず、自ら検索して銀行の公式ページを探す方が間違いないでしょう。
 電話番号も同様です。銀行の電話番号はネット、もしくはキャッシュカードなどに記載がありますので、そちらを調べてかけてみます。

 もし、メールから操作をしてしまった場合には、早めに警察署に行って相談しましょう。実害が出る前に止める方法を教えてくれるかもしれませんし、何らかの安心のタネがあると思います。

MUFG: 金融犯罪にご注意ください




 今日の解決策は『まずメールを削除、そして銀行の電話番号を調べて問い合わせる』でした。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。