カテゴリー
注意喚起

楽天の領収証は初回でも『再発行』 ~今日の課題~

★今日の課題★
楽天での買い物で発行される電子領収証は初回発行でも『再発行』と表示されてしまう




なぜか『再発行』

 商品を購入し、配達が完了し、初めて取引詳細画面を開いて領収証を発行しようとした際に、初めてにも関わらず『再発行』という表示で領収証が発行されます。

 この再発行印字機能は、同じ取引で何枚も領収証を発行しないための不正防止の機能ですが、不正もしていないのに再発行と表示されてしまいます。




4月以降の取引で16/16

  今年4月以降に楽天で買物し、領収証発行機能で発行した領収証16枚中、16枚が『再発行』と印字されています。

 いずれも領収証の再発行はしておらず、初めて発行したにも関わらず再発行と印字されてしまいます。




原因はWindows + Google Chrome

 なぜ再発行になるかは謎のままでしたが、楽天に問い合わせて答えが出ました。

 原因はWindowsのパソコンを使って、Google Chromeをブラウザとして使用していると、こうなるらしいです。

 WindowsとChoromeの組み合わせが悪いという事ですが、さほど珍しい組み合わせではないので、困っている人も多いと思います。




楽天からの命令⇒Macを使ってください

 楽天に解決策を出してほしいとお願いしたところ、楽天のシステムを直してくれるかと思いきやMacを使ってくださいという回答でした。

 領収証のためにMacを買わなければならないのはどうかと思います。

 Windowsを手放す事はできないので、楽天での買い物を止めるしかないかもしれません。




Macを買っても再発行

 もし私が今、Macから領収証を発行するとどうなるか確認しました。

 既に『再発行』と表示された領収証は、発行済になっているので、この16件分は少なくとも『本当に再発行』になります。

 すなわち、再発行表示のない領収証は手に入りません。

 この点については楽天から改善提案などはありませんでした。

 あくまでWindowsとChromeの組み合わせを使っているユーザーに非があるという事です。




後日メールでユーザーの非を追求

 後日連絡をしてきても良いが、ユーザーの非を追求するのはやめて欲しいとお願いしました。

 しかしながら冒頭から『2回クリックしたのではないか』と始まり、ユーザーの非があったはずだという文面で突かれました。

 そういう事ではなく、WindowsとChromeの組み合わせの問題でしょ、と言っても、否定は続くようです。

 会社の体質でしょうか。
 毎回、この手の問合せはユーザーを追い込んで、ユーザーに非を認めさせる、楽天には落ち度が無いという結論に持って行こうとします。




公表依頼には断固拒否

 なぜだかわかりませんが、WindowsとChromeの組み合わせの件を公表して欲しいと依頼しましたが、拒否されました。

 税務署対応で困ると言いましたが、無視されました。

 明らかなシステムエラー、楽天に非が無くても良いので、この組み合わせでは仕方ないという事を公表して欲しいです。




税務署対応が難しい

 ネット検索してもこの事象に対する楽天の公式見解がありません。

 税務署からは多重発行を疑われます。

 初回発行の領収証があるはずだと言われても、存在しないと証明する方法がありません。




税務署からの指導

 税務署からは、何月何日にどこへ問い合わせて、どのような回答を得たかメモを貼っておいてくださいという事でした。

 とりあえず、16枚の領収証にメモが必要です。

 その上で、事実確認を行って、不正があれば追徴課税、不正が無ければそのまま通るだろう、という事でした。

 不正はしていませんが、不正ではないという証明が難しいのは事実です。
 さすがに国税庁から楽天に問い合わせがあれば、すぐに答えてくれるのでしょうが。




 今回はどうする事もできませんでした。

 近日中に消費生活センターで相談したいと思います。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です