カテゴリー
ICT・AI・robo

『ATEM Mini Pro ISO調達』 -今日の話題-

★今日の話題★
ATEM Mini Pro ISO調達




 新型コロナウイルス感染症流行拡大以降、リモートワークが広がろうとしているときに『ATEM Mini』を買おうと思ってヨドバシで予約しましたが、何カ月経っても『入荷待ち』から変化がないのでキャンセル、ATEM Mini Proなら手に入りそうだという事で動いたがこちらも入荷待ち。

 そして7月末にATEM Mini Pro ISOが発売され、こちらは在庫ありという事で、少々お高いのですが、いくつも講演依頼を頂戴していたので奮発して調達しました。




ATEM Mini Pro ISO

公式サイト

 公式サイトを開くと『高度な放送用機能で低価格のマルチカム・ライブプロダクションを実現』というフレーズから始まります。

Blackmagic Design: ATEM Mini



高度な放送用機能

 ATEM Miniは放送用機材のメーカー製であるだけの事はあって多様な機能が搭載されています。

 画面の切替1つとっても種類があり、カメラ毎の音のOn/Off切替やクロマキーを使った合成、ピクチャーインピクチャー(ワイプ)などテレビ放送で普通に使われている機能が、この小さなボックスで実現できます。



マルチカム・ライブプロダクション

 HDMI入力を4系統備えているため、動画を4系統同時に扱うことができます。

 映像用の4つのボタンの横に『STILL』ボタンがあり、ここには静止画を割り当てることができます。例えば、この静止画を背景にクロマキーで人の映像を重ねる事もできます。

 講演会などでは演者、座長、聴衆、投影スライドを適宜切り替えて配信することになりますが、HDMI入力にカメラ3台とパソコン1台を割り当てることで、簡単に切替ができます。
 この切替操作を『裏方』のスタッフがする以外にも、座長が管理することもできるため、少人数の講演会でプロデューサー、ディレクター、司会進行など1人何役もこなすときにも便利です。



低価格

 何を基準にして『低価格』と言うかにもよりますが、機能からみての価格で言えば低価格であると言えると思います。

 基本機能を備えた『ATEM Mini』はキャプチャーボードとしての機能が備わり、HDMI経由のカメラ画像をウェブカメラのように扱うことができます。その入力は4系統、手元操作でスイッチできます。
 これだけの機能が揃っていて4万円前後です。

HDMI×4系統入力、HDMI出力、USB出力によるウェブカメラ化、カメラスイッチング、音声制御などキャプチャーボードとして必要な機能に加え、スイッチャーとしての機能が充実した入門機種です。ウェブ会議などで使う分には必要十分な機能が備わっています。

 上位の『ATEM Mini Pro』はネットワーク配信機能などが追加され、価格は倍になりました。それでも約8万円でこれだけの機能が備わっている機種は無いので、非常に低価格だと思います。

 少々用途やチャネル数が異なりますが、数十万円の業務用を買わなければならなかった過去を思い浮かべれば安さが伝わってくると思います。

ブラックマジックデザイン社のスイッチャー兼キャプチャデバイスです。各種フォーマット変換に対応した4つのHDMI入力、HDMI出力ム出力があります。USB-CはUSBウェブカム出力できます。イーサネットは10/100/1000 BaseTをサポート、直接ネットワーク経由でのパネル接続ができます。YouTubeストリーミング配信も手軽にできます。

SONY:スイッチャー(映像制御機材)


 今回調達した『ATEM Mini Pro ISO』は2020年夏の時点で最上位機種です。実勢価格で約12万円ですので、ベーシックなATEM Miniの約3倍です。

ブラックマジックデザイン社のスイッチャー兼キャプチャデバイスです。各種フォーマット変換に対応した4つのHDMI入力、HDMI出力ム出力があります。USB-CはUSBウェブカム出力するほか、記憶媒体を接続して録画することもできます。イーサネットは10/100/1000 BaseTをサポート、直接ネットワーク経由でのパネル接続ができます。YouTubeストリーミング配信も手軽にできます。



実機を触る

設置

 まずは開封です。

 普通の家電品のように化粧箱にビニルラップが掛かった状態の物が、段ボールに入って届きました。

 ビニルを破って箱を開けると何枚かの説明やPRの紙が入っています。その下に発泡スチロールがあり電源関係の物品その下に本体が入っています。

 外観をチェックして問題なければ設置します。

 ケーブル類はすべて背面から接続します。背面から向かって右から3.5mmジャックのマイク(MIC)端子が2つ、その隣にHDMIの入力が4つ、その隣がHDMI出力が1つ、次にUSB-Cポートが1つ、イーサネット(LAN)ポートが1つ、左端は電源(DC)コネクタになっています。



ケーブル調達

 ダイレクトに差し込んだら終わりなのですが、HDMI端子は抜き差しを繰り返すことで壊れやすいなと思ったので、抜き差しを減らすために短い延長ケーブルを買いました。

 非常に短いHDMIケーブルです。ATEM MiniのHDMIポートを傷めないための策として購入しました。6本購入して、1本は予備としてストックしています。

 また、ATEM Miniから各機器へ行くHDMIやUSBケーブルも新調しました。こちらはAmazon Basicsの廉価品を調達し、壊れたら買い替えるつもりにしています。

 アマゾンベーシックのHDMIケーブルです。長さのバラエティが豊富で、先端の種類も色々とあります。普通のHDMI、カメラ用にmini HDMIなどを調達しました。

 必要な箇所に必要な線を接続することで設置完了です。ケーブルにテンションが掛かっているとコネクタを傷めそうなので、整列させて設置を終えました。

 ACアダプタを差し込めば起動する状態です。



Zoom

 まずは使用頻度が最多のZoomで試してみました。

 ATEM Mini Pro ISOとパソコンをUSB-Cケーブルで接続します。

 Zoomを起動し、右上の設定アイコンから『ビデオ』を開き、カメラの項に『Blackmagic Design』というメニューが増えていることが確認できました。

 『Blackmagic Design』を選ぶとATEM Mini Pro ISOの出力画像がプレビュー画面に表示されます。 接続成功です。




Skype

 Skype(スカイプ)を起動し、左のユーザーアイコン近くにある機能アイコンを押して『設定』を選び、『音声/ビデオ』タブからカメラを選択しました。

 ここに『Blackmagic Design』というメニューがあるので選択するとATEM Mini Pro ISOが出力している画像がプレビューされました。接続成功です。



Microsoft Teams

 Windows上でMicrosoft Teamsアプリを起動させ、右上のユーザーアイコンから『設定』、『デバイス』タブを開きます。
 カメラの項にあるドロップダウンメニューから『Blackmagic Design』を選択するとATEM Mini Pro ISOが出力している画像がプレビューされました。接続成功です。




使用開始

 周囲にユーザーが居ないので、恐る恐る使い始めましたが、だいたいの機能はわかったような気がします。

 明日から、普通に使い始めて、その使用感や機能についてレポートできればと思います。




 今日の話題はATEM Mini Pro ISOの調達に関わるお話でした。

 EOS 90Dに次ぐ今年2番目の高価な買い物でしたので、採算が合うように使いこなしたいと思います。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。



【関連リンク】

AmpiTa: ATEM Miniを壊れにくく

カテゴリー
ICT・AI・robo

『外付けSSD自作』 -今日の課題-

★今日の課題★
外付けSSDドライブを自作する




外付けドライブ

USBフラッシュメモリ

 おそらく外付けの記憶装置として最も普及しているのはUSBフラッシュメモリだと思います。

 『USBメモリ』や『USB』というだけで通じる程、浸透しています。

 外付記憶装置として優秀ですが、大容量になると価格が大きくなりますので、用途によっては不向きです。



外付HDD

 外付けのハードディスクドライブは各種販売されています。

 USB電源だけで動くような簡便な装置以外にも、ACアダプタで外部電源を取り、接続はUSBだけでなくLANにも対応している機種など、様々です。

 USB3.0が普及して以降は、遅さも解消され、ユーザーも増えたのではないかと考えます。



外付SSD

 外付HDDと使い方は同じです。記憶媒体がHDD⇒SSDになっているだけです。

 SSDの特徴として静音、省電力、高速、軽量などが挙げられ、これらは持ち歩く場面では重宝されます。

 今回はATEM Mini Pro ISOの記録用に調達するので静音性と通信速度を重視しています。




外付SSD調達

寄せ集めでつくる

 今回は寄せ集めで作りました。

 というのも、手元に未使用の240GBのSSD(crucial BX500 2.5 SSD)があったので、これを使いたいと思ったからです。

 記憶装置があるので、あとはUSB-Cで接続できるようにするケーブルとケースがあれば完結します。

 そこで適当な物はないかと探すと、ありました。

 ケースだけで2,000円近いので安いのかどうかわかりませんが、これで目的は果たせました。


クルーシャルの240GBのSSDです。

SSDを収めるケースです。SATAコネクタをUSBに変換してくれます。


既製品を買う?

 ケースに入った既製品がたくさん出回っています。

 中でも人気なのがサムスンのSSDです。

 通信速度、安定性、堅牢性などたくさんのレビューを見かけますが、私のパソコンにもサムスンのSSDが入っています。

 バッファロなどお馴染みのメーカーからも出されていて250GBなら6~7千円、1GBでも1万円ちょっとです。


サムスンの外付SSDです。人気の機種です。私のパソコンの内蔵SSDはサムスン製ですが、特に問題なく動いています。

既製品で良くないか?

 結論『良いです』。

 今回は手元に240GBのSSDがあったので組み立てましたが、材料費だけで6千円くらいです。

 USB-C ⇔ USB-Cをしたかったので、コネクタがType-Cの物など限定して既製品を探すと大変ですが、そこはこだわらずにいれば安価に済みそうです。




 今日の解決策は、『既製品の外付SSDを買う』が正解、しかしながら実際は『手元にあったSSDにケースを買って対応』でした。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。