カテゴリー
ICT・AI・robo

『電話が誤接続』 -今日の課題-

★今日の課題★
電話が誤接続



 スマホの電話帳に登録されている相手に、電話帳をタッチして架けたのに、まったく違う相手に接続してしまうという現象を経験しました。

 通信事業者は『端末の問題』として、向き合っては貰えませんが、端末内の記録などは正常でした。

 というお話です。



信じがたい間違い電話

 今日16:20に知人からスマホに電話がありましたが出られませんでした。
 電話帳登録されているので名前が表示されます。ごく普通のことです。

 16:39に着信履歴から折り返しかけたところ『お電話ありがとうございます』と若い女性のハキハキした声が聞こえ『間違えた!!』と思いました。
 電話に出た方に『間違いですね』『申し訳ない』と伝え、切りました。
 発信履歴を見ると、しっかり折り返していることになっていますが、接続先はまったく違う。

 16:40に再度チャレンジ。今度は目的の相手につながりました。
 テンションの低い男性が出て、今度は間違いないと確信しました。



通信事業者コールセンターに相談

 ホームページで答えを探したが見つからず、フリーダイヤルのコールセンターに架けて状況説明。

 すると『アプリの再インストールをご案内させて頂きます』とのこと。
 しかしアプリのせいでは無いと思うと食い下がるが、アプリ再インストールの一点張り。

 なぜアプリでないと思ったかと言えば、電話アプリの複数比較。
 通信会社が提供する電話アプリで架けたので、それを消せと指示されていましたが、スマホに元々インストールされている電話アプリで確認しても架けた先の電話番号は同じ。なのでアプリではないと思いました。

 その旨を伝えても、電話口では『理解しています』というものの、質問には全く違う答えを持ってくるので、たぶん理解していないだろうと思われました。その割には、客をバカにするようなことばかり言われ、疲れました。



コールセンターの結論:客に証拠隠滅指示

 私は記録から発信したので、キーの押し間違いなどはないとお伝えしていたのですが『お客様がそのような操作をしたという事が確認できないので、こちらとしてはこれ以上の回答はできません』とのこと。
 では、スマホを持参すると伝えると『対面してお話する場所は設けていませんので、端末を確認することはいたしません』という回答。
 では、もし対面する機会があったときは端末の履歴などから客の操作を確認するのかと聞くと『そうなる』というが、アプリを削除したら履歴も消えるとのこと。

 先ほどから執拗に『アプリの再インストール』を推してきた彼ですが、その操作をすると『履歴が消えます』とのことで、客が自ら証拠を消し去り、通信事業者との交渉カードを喪失する仕組みに陥れられました。
 アプリ、再インストールしなくて良かったです。

 こちらは解決策を知りたいと依頼、先方は客の操作の問題や端末の問題であることが多いので、これ以上は対応しないとのこと。
 もし、客の側の問題ではなかったらと聞くと『交換機などに異常が起こるはずがない』との主張。



交換機による誤接続事例

 コールセンターの男子は『あり得ない』と申していましたが、過去に誤接続の事例はあります。

 2012年1月のNTT東日本の発表によれば、誤接続を発生させてしまったという事例が示されています。

NTT東日本: 電話等回線の誤接続について (2012年1月26日)

 もっとさかのぼれば、2004年にはNTTドコモが誤接続を発表しています。原因は東西NTTの交換機の不具合のようで、極めて稀ではあるとしながらも、大阪エリアで13件の申し出があったとのことでした。

NTTドコモ: NTT東西の交換機の不具合の発生に伴う携帯電話・PHSの通話における誤接続の可能性について (2004年10月18日)

NTT東日本: 弊社交換機における不具合の発生について (2004年9月21日)

日経コミュニケーション: 固定電話が違う番号に着信 東西NTTの交換機に不具合 (2004年10月15日)

 だいたいはユーザーの操作ミスかもしれませんが、『あり得ない』と聞く耳を持たずにいると、被害が大きくなってから対処が求められ、結果として会社の体質を問われる大事にもなりかねません。

 近年のリスクマネジメント体制からすれば、小さな芽の段階で摘んでしまうのが良いのではないかと思いますが、今回の通信事業者は客のミスとしてのみ処理するようです。



通話記録

 ネット上で通話明細が閲覧できるので、明細を確認したところ、通話先には知らない番号は載っておらず、こちらが架けたはずの相手の番号がリストされていました。

 こうなると携帯電話の通信事業者ではなく、その先の回線を管理する事業者側に問題があるのかもしれません。

 誰にも悪意がないであろう事象ですが、ユーザー側としては困った事象です。



総務省

 携帯電話の通信事業者は相手にしてくれなかったが、困っていたので総務省に問い合わせてみました。

 総務省としては個別案件には対応できないとのことで、そうだろうなと思っていましたが。

 ただし、通信事業者はもう少し話を聴いても良いのではないかということで、通信事業者に話し合いを持てないのかという連絡は入れてくれました。

 その後の対応は激変します。
 通信事業者より電話が架かってきて、詳細を聴かなければ対処できない旨が伝えられました。
 コールセンターでは聴きもせずに判断していたのに、今度は詳細を教えていないこちらに否があるかのような口ぶりでしたが、そこは置いておき、詳細を伝えました。

 後日、郵便でインタビューシートが届き、それを提出しないと対応しないとのことでした。
 ただし、このインタビューシートはコールセンターで何かを言ったから貰える物ではないそうです。
 総務省経由の場合のみかもしれません。


 今日の出来事は、ごくレアなケースで再現性がありません。過去の事例を見てもほとんど無いという事は、もう経験することはないでしょう。

 今日の解決策としては『所掌官庁に相談する』でした。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カテゴリー
ICT・AI・robo

『Thenderbirdにpopstate.datが生成される』 -今日の課題-

★今日の課題★
Thunderbirdで"popstate.dat"や"msgFilterRules.dat"が作成される



Thunderbirdで不明なフォルダが!? - unknown folder -

 Thunderbird(サンダーバード)では突如、身に覚えのないフォルダ(ファイル)が作成されることがあります。

 なぜ作成されるのか、については種類によって異なるようですが、同じメールアカウントに複数のアクセスがあると発生するようです。

 筆者の場合はパソコンでThunderbirdを常用、同じアカウントをスマホでも同期受信しています。

 危険なのは誰かにメールを覗かれている場合です。
 知らぬ誰かが自分のメールアカウント情報を盗み、黙ってメールを覗いているとすれば、特に実害は出ないにしても気持ち悪いです。

An unknown folder "popstate-1.dat" has appeared in Thunderbird.



直せるのか? - repairable? -

 この現象を軽減させる方法はありそうですが、サーバーまでは触ることができないので、相当な上級者でないと根治は難しいようです。

 根治は無理でも、対症療法はあります。

Can you cure this problem?
Although curing is difficult, symptomatic treatment is available.



削除 - delete -

 『削除して大丈夫か?』と思う方は多いと思います。

 少なくとも、筆者のパソコンでは100回以上削除していますが、今のところ問題が起きたことはありません。

 初めてチャレンジしたときはバックアップを取りました。
 念のため、バックアップをしてから削除しましょう。

Removed from Thunderbirds.
Let's backup in advance.



Thunderbird上で削除 - remove from Thunderbird -

1.Thunderbirdで削除

 まずはThunderbirdを起動します。

 対象となるファイル(popstate-1.dat)を右クリックします。

 表示されるメニューから『削除(D)』を左クリックします。

Start Thunderbird and delete "popstate-1.dat".



2.確認ポップ

 確認のポップが表示されるので『フォルダーを削除(D)』をクリックすると削除されます。

Pop up is displayed. Click on Delete.



3.完了

 これで 『popstate-1.dat』はゴミ箱に送られました。

 元々、popstate.datはメールをサーバーに残す設定など、設定情報が格納されているファイルです。正規のファイル自体はサーバーに残っている(はず)なので、後ろに番号が付くコピーファイルは削除されても大丈夫という事になります。

 もし違っていたら困るので、必ずバックアップを取ってから実施しましょう。

"popstate-1.dat" has been sent to the trash.






バックアップ - backup -

 メールデータのバックアップ方法について簡単にご案内します。

 Thunderbirdのアカウント設定からデータ保管場所を特定し、そのフォルダごとコピーしてバックアップします。

 Thunderbirdを開き、メールアカウント(アドレス)を右クリックして『設定』をクリックします。
 開かれた設定画面から、対象のアカウントの『サーバー設定』を選びます。
 右側に設定画面が開きますので、そこから『メッセージの保存先』を見て場所を確認します。

 フォルダを見つけて、丸ごとどこかにコピーしておきましょう。

 もし復旧が必要な場合、Thunderbirdが閉じられた状態で、フォルダを丸ごと上書きします。単純にバックアップしてあったフォルダを、元の位置に戻す作業です。
 上書き後、Thunderbirdを開くと元に戻っているはずです。削除したはずの"popstate-1.dat"が復元されていると思います。

 この作業はお使いのパソコンが戻るだけで、サーバー側は触りません。もし同期したパソコンやスマホから何らかの変更が加えられた場合、思わぬことが発生するかもしれません。
 ご自身で完結する場合は良いですが、アカウントが乗っ取られている場合には注意してください。

Copy and save the mail account folder.






msgFilterRules.dat

 これはThunderbirdの設定ファイルです。

 これも削除しました。

 方法は先述のpopstate.datのときと同じです。

 念のため、バックアップを取りましょう。






フォルダ確認

 今回はフォルダを確認しながら作業を進めました。

 最初は『msgFilterRules-1.dat』というファイルがありました。

 Thunderbird上で削除すると、ファイルが消えました。

 同様に2~5番まであったファイルを削除しました。

 挙動を見る限り、フォルダ側で操作して削除したとしても、同じ結果が得られそうです。



 今日の解決策は『削除する』(delete)でした。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カテゴリー
注意喚起

『ゆうちょ銀行を騙るメール』 -今日の課題-

★今日の課題★
ゆうちょ銀行を名乗るメール



ご注意ください

 4月27日に『ゆうちょ銀行』を名乗るチョット怪しいメールが届きました。
 ただし、特にリンクなどが張られておらず、そのまま怪しいサイトへ行くことはありません。
 しかしながら、このメールアドレスが現存する(生きている)ことは知られてしまいました。



 5月3日、こんどはURL付きのメールが届きました。

本文

差出人 【ゆうちょ銀行】 info@e-tax.nta.go.jp
件名 進んでいただき、ご確認ください。

 今回、お客様のゆうちょ銀行のアカウントが第三者によって不正にログインされた可能性が高いです。お客様の資金安全を確保するため、このメールを送信しましたが、ご本人の登録でしたら、このメールを無視してください。本人登録でなければ、直ちに対策処理をしてください。トークンをバインディングした場合、処理する前にトークンを用意してください。もしトークンをバインディングしていない場合、メールをログインしてください。
本人登録出ない場合の対策処理は下記の通りです。

こちらのURLをクリックしてください
https://www.jpbankjapaupossytengbak.com

■ゆうちょダイレクトのセキュリティに関するお願い
ゆうちょダイレクトをより安全にご利用いただくため、以下のセキュリティ対策の実施をお願いいたします。
●トークン(ワンタイムパスワード生成機)のご利用(無料)
●OSやインストールしているソフト等は常に最新の状態で使用
●メーカーのサポート期限が経過したOSやソフト等は使用しない
●ウイルス対策ソフトの導入および最新の状態への更新
●不正送金対策ソフト「PhishWallプレミアム」のご利用(無料)
●携帯電話?スマートフォンのメールアドレスを登録
●送金などの操作を行う端末と別の端末で受信するメールアドレスを登録
申し訳ございませんが、このメールへの返信はお受けしておりません。
※この度のお取り扱いに関し、ご不明な点がございましたら、次の連絡先までご連絡をお願いいたします。
※このメールにお心当たりのない方は、至急ご連絡をお願いいたします。
ゆうちょダイレクトサポートデスク
電話:0120992504(通話料無料)
お取扱時間:平日 8時30分21時
土日休日 9時17時
(12月31日1月3日は、9時17時)
ゆうちょ銀行


ドメイン名は新しい

 URL『jpbankjapaupossytengbak.com』のドメイン取得日(Creation Date)を調べてみると2019年5月2日でした。

 ドメイン業者(Registrar)はAlibaba Cloud Computing (Beiging) Co., Ltd.でした。

 入札であれば中国のアリババから買う事もかるかと思いますが、今回はどうでしょうか。



チェックポイント(1)見慣れぬ漢字

 今回、違和感があったのがフォントと漢字です。

 普段見慣れぬフォントを使っておられたので、何か違うなと思いました。

 文章を見ると『直ちに』の『直』の字が、日本では見慣れぬ文字だったのでこれは元国立のゆうちょ銀行が送った物ではないだろうなと思いました。



チェックポイント(2)差出人がe-Tax

 もう一つの違和感は差出人です。

 ゆうちょ銀行が発出しているはずのメールですが、メールアドレスはe-Tax.nta.go.jpでした。

 さらに、メールのMessage-IDは別のドメインでした。



10連休中

 今回のメールは10連休中の出来事でした。

 e-Tax、ゆうちょ銀行ともに注意喚起のアナウンスなどは出ていませんでした。

 ゆうちょ銀行のサイトに『フィッシングメールによる詐欺被害にご注意ください』の注意喚起がありましたが、開いてみると2019年3月4日の物でした。

 いずれにしても、怪しいメールは放置した方が良いようです。





国税庁: 「ゆうちょ認証アプリ」に関するメールがe-Taxのアドレスを偽装して送信されている件について(令和1年6月11日)

ゆうちゅ銀行: 金融犯罪にご注意ください!


 今日の解決策は『日本人らしい漢字ではない文字を探す、差出人とアドレスの整合性を見る』でした。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。