カテゴリー
注意喚起

『UFJ銀行を装ったフィッシング』 -今日の課題-

★今日の課題★
UFJ銀行を装ったフィッシング



簡体字中国語のUFJメール

 パソコンのメールに下記のようなメールが届きました。

 銀行に登録しているアドレスでは無かったのですぐに気づきましたが、他にも気づくべきポイントがありました。

 まずフォントが普通ではないなとの違和感。
 メールを詳しく調べてみるとコードに『charset="gb2312"』という記述がありました。chasetとは恐らくフォントを規定する記号だろうと察し、文字コード『GB2312』を調べてみると『簡体字中国語』ということがわかりました。
 おそらく、中国大陸から送られて来たか、そちらの方から持ち込まれたパソコンで送られたメールのようです。

 差出人のメールアドレスが『mufg.jp』で終わっていない点も怪しむポイントでした。

 本文最初の行の末尾に句読点が無いのも銀行らしく無いなと思うポイントです。

 UFJの電話番号を調べてみると『042-211-7000』は存在せず、番号が1つ違う『042-311-7000』が三菱UFJ銀行 インターネットバンキングヘルプデスクの電話番号でした。
 フリーダイヤルも『0120-553-555』は存在せず、『0120-543-555』がUFJの窓口につながる番号でした。

差出人   mail@direct-11.bk.mufg.jp <mail@direct-11.bk.woyq.jp>

件 名   (三菱UFJ銀行)お振込のお知らせ

本 文

三菱UFJダイレクトをご利用いただき、誠にありがとうございます

あなたの三菱UFJ口座にはリスクが検出されましたので、口座の資金安全を確保するために、一時的にこの口座を制限します。正常な利用に影響しないように、ご自分で制限を解除してください。

下記のURLをクリックしてログインを解除してください。
https://www.niss-bk-mufg-inkin-jp.com

■本メールの送信アドレスは送信専用となっております。返信メールでのお問い合わせは承りかねますので、あらかじめご了承願います。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇
<インターネットバンキングヘルプデスク>
◆お電話でのお問い合わせ
 0120-553-555
 または
 042-211-7000(通話料有料)
 受付時間/毎日 9:00~21:00
◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇
株式会社三菱UFJ銀行

────────────────────────────────────

no:17481155220

MUFG: インターネットバンキングヘルプデスク



メッセージのソース(コード)



対処

 こうしたメールが来た場合どう対処するか。

 まず、メール自体は削除してしまいます。

 見出しなどにあった内容が気になれば、銀行のホームページにアクセスするか、電話で確認します。

 このとき、メール内のリンクなどは利用せず、自ら検索して銀行の公式ページを探す方が間違いないでしょう。
 電話番号も同様です。銀行の電話番号はネット、もしくはキャッシュカードなどに記載がありますので、そちらを調べてかけてみます。

 もし、メールから操作をしてしまった場合には、早めに警察署に行って相談しましょう。実害が出る前に止める方法を教えてくれるかもしれませんし、何らかの安心のタネがあると思います。

MUFG: 金融犯罪にご注意ください



 今日の解決策は『まずメールを削除、そして銀行の電話番号を調べて問い合わせる』でした。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です