カテゴリー
注意喚起

『Amazonアカウント利用制限』 -今日の課題-

★今日の課題★
Amazonアカウントを利用制限しています。



急いでいると見落としてしまいそう

 本日、パソコンのメールに下記のようなメールが届きました。

差出人   Amazon xxx@a1.f5cvl.cn

件 名   Amazonアカウントを利用制限しています。●●@●●●●

●●(宛先となるメールアドレス)●●様

Amazonをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazon会員資格は、2019/06/19に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。
アカウントサービスからAmazon会員情報を管理するにアクセスします。
三井住友カードに登録したhttps://www.amacojp.com/ のアカウントを使用してサインインします。
左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。
Amazonを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazon会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。
Amazonサポートカスタマーサービス。https://www.amacojp.com/

Amazon.co.jpでもAmazon.comでもない

 本文中のリンクアドレスをよくみると『amacojp.com』となっています。

 視覚的にはAmazonのアドレスっぽいですが、全然違います。

 お気を付けください。



通常のAmazonからのメール

 通常、Amazonから届くメールは下記のような内容です。

 まず差出人はAmazon.co.jpのドメインを使っています。

 メールの本文中には必ず会員氏名が出てきます。






類似のメール:[緊急通知]Amazonプライムの更新設定を解除いたしました!-2019年8月10日配信


 文字化けしているので、一発で『怪しい』と気づけますが、HTMLメールだとそうとも言えません。




本物のAmazonの『お支払方法』変更方法

 本物のAmazonで支払方法変更の手続きを見てみました。

 Amazonでログインすると、上の方に『アカウント&リスト』というメニューが表示されるので、それをクリックすると下図のような『アカウントサービス』という画面が開きます。

 その中に『お支払い方法』というアイコンが表示されるので、それをクリックすると『お客様のAmazonウォレット』という画面が表示され、クレジットカードなどの支払情報が表示されます。



各社対応

 各社では対応ページが設けられています。

○Amazon (ヘルプ&カスタマーサービス > Amazon.co.jp からの連絡かどうかの識別について)
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909120

○楽天市場 (ヘルプ・問い合わせ > 楽天を偽装したサイト・メール等にご注意)
https://ichiba.faq.rakuten.co.jp/app/answers/detail/a_id/15818



 今日の解決策は『冷静にメールを見る』でした。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です