本文へスキップ

ヘルスケアサービスの現場課題解消のためのタスクフォース

組織概要PROJECT TEAM

団体名
AmpiTa Project
代表者
西 謙一
所在地
〒664-0873
兵庫県伊丹市野間5−10−13
(アクセス)



組織方針

 私たちは、社会の手間・無駄・負荷を少しでも減らすことを目標に、役立つヒト・モノ・コトの創出を目指します。
 私たちは、現場課題解決のための努力を惜しまず、気長に、気丈に、気強く活動に励みます。
 私たちは、堅忍不抜の精神をもって長い道を歩みます。

堅忍不抜





プロジェクト リーダー メッセージ

CEO

 当プロジェクトは現場課題の解消を目指した組織です。

 元は中学生時代にゲームが作れるという事でBASICというプログラミング言語を習得したことが始まりで、以後もほぼ独学でプログラミングをして参りました。

 大学時代、医療機器管理について調査すると『MEソフトは買ってもらえないから管理をしない』と語る臨床工学技士が多かったことに驚き、ならばと医療機器安全管理システム(CEME)を独自開発し無償提供しました。想像以上の反響で、私の稚拙なプログラミングで課題解決のお手伝いをすることができること、潜在ニーズに呼応できれば後発組にもチャンスがあることを実体験しました。また、ソフトが無償であることや稚拙であることに強い批判を浴びましたが、それ以上に前面に立って擁護して下さる多くの先輩方にも出会うことができました。

 AmpiTa Projectではその経験を活かし、現場の課題を発掘して私たちにできる解決策を提案することを目指します。私たちにできないことであっても、医工連携ゲートキーパーとしてで培ったノウハウで最適な答えを導き出す努力をしてまいります。




沿革

1998年10月
BASICを用いたシステム開発を開始(装置はMSX・MSX2+)
スロットゲームやシミュレーションゲームなど娯楽系ソフト開発(当時中学生)
※.記憶媒体はカセットテープ(データレコーダー使用)
※.画面は10インチブラウン管テレビ(普通のテレビ)
1990年04月
ポケットコンピューター導入。ポケコン上でBASICプログラム開発
1991年04月
Fortran導入・ワードプロセッサー導入
※.記憶媒体は5インチフロッピーディスク〜3.5インチフロッピーディスクへ遷移
1995年01月
阪神・淡路大震災。電気工事士として停電対策の調査・研究開始
2001年10月
Visual Basic 6.0導入
2002年08月
医療機器安全管理システム【CEME】プロジェクト開始(言語はVB6)
2005年04月
医療機器安全管理システム【CEME】無償提供開始
医療機器安全・医療安全(患者安全)の研究本格始動
2007年04月
第5次医療法改正に伴いCEMEの内製化継続を断念
2007年06月
透析室業務支援システムを開発・リリース
2008年01月
医療福祉設備の研究開始
停電しない病院づくりをテーマ
2008年03月
脳血管内治療支援システムを開発・リリース
2009年03月
【CEME】開発を休止(製品は有償版として株式会社楓が開発継承)
2009年07月
こども用ことばおぼえフラッシュカードソフトウェアを開発・リリース
2010年05月
m-BCP(医療事業継続計画)・m-BCM(医療事業継続管理)の研究開始
2011年03月
東日本大震災
7月に国循視察団員、11月に市民公開講座開催のため岩手県訪問(医療系調査等目的)
医療福祉設備研究のテーマを停電しても強い病院づくりに変更
2011年06月
研修(イベント)出欠管理システム(Gatekeeper)を開発・リリース
2012年10月
日本光電工業バイタルサインモニタ集計システムを開発・リリース
2013年01月
非常時安否確認支援システム(AmpiTa)の研究開発開始
2013年07月
登下校監視通知システム(Guardian)を開発・リリース
2017年03月
デジカメ画像ファイル名変換ソフト『FileNameChanger』を開発・リリース
パスワード自動生成システム『PsMak』を開発・リリース
2017年05月
m-BCPをはじめとしたAmpiTa Projectの事業化計画始動



表紙変遷

 ウェブサイトの表紙画像はいくつかの変遷を遂げてきました。使用した画像についてご紹介させていただきます。

2017年8月〜
 厳しい環境の中での登山の映像を利用させていただきました。
 課題に直面している現場の方々に寄り添い、現場主義で伴走する姿勢を表したいと思いました。
 今回は初めて画像データベースから借用させていただいております。


2017年3月〜
 停電対策に力を入れた期間でしたので夜景を使いました。
 東京お台場のホテルからサイト管理者が撮影したオリジナル画像です。レインボーブリッジの後ろに見えるのが東京タワーです。平和な一日はこのような夜景が見られます。


2016年8月〜
 東日本大震災のあった2011年3月11日の岩手県大槌町の画像です。
 津波は建物の4階の高さまで押し寄せた地域のため、一般住宅はほとんど流されてしまいました。津波に耐えた建物も壁が無くなるなど被害が甚大であり、火災が発生していても消火活動ができない状況が延々と続いていたそうです。


2014年1月
 ウェブサイトを立ち上げた当初のメイン画面のメイン画像です。