本文へスキップ

災害対策・ヘルスケア課題解決

ヘルスケアの課題解消に寄り添う。 - AmpiTa -

 AmpiTaは"災害"と"ヘルスケア"の課題解決をめざすタスクフォースです。
 専門領域間や地域間などの"境界領域"にある障壁をなくし、交流や連携が活性化されることを望んでいます。
 積み残された課題に向き合う地道な活動を続けています。

AmpiTa is a task force to solve the problems of "disaster" and "health care".
Inter-professional barrier-free helps cooperate between different fields.
We are gatekeepers for inter professional.
Not an innovator. Our activities are to solve the problems left behind.




 2019年2月21日、北海道で再び地震が発生しました。

 トイレでお困りの方、参考までの以下の動画をご参照ください。

ドライトイレ(乾式便器)特設ページ (サイト内リンク)

Dry Toilet special page (In-site link)




 阪神淡路大震災から今年で24年になりました。1月17日前後には様々なイベントが催されました。
 上の写真は2019年1月に撮影した『人と防災未来センター』の外観です。HAT神戸というエリアにあり、すぐ近くには神戸防災合同庁舎、兵庫県の基幹災害拠点病院である兵庫県災害医療センターと神戸赤十字病院があります。県立美術館も歩いてすぐの場所にあり、災害に限らず色々な施設が集まっています。
 この建物には『1995』や『5:46am』などが大きく書かれています。

It has been 24 years since the Great Hanshin Awaji earthquake this year.
This picture is the appearance of "Disaster Reduction and Human Renovation institution" shot in January 2019.
Nearby there is Kobe Joint Government Office for Disaster Management, Hyogo Emergency Medical Center and Japanese Red Cross Kobe Hospital.

人と防災未来センター



 1月17日には緊急警報を使って上図の通知が届きました。
 兵庫県尼崎市では一斉訓練が行われました。

尼崎市:平成30年度 「1.17は忘れない」地域防災訓練




Topicsトピック

  • 災害に備えて

     非常時対策、人手不足対策、不注意対策など現場で課題として顕在化はしているが対応には至らない、対応するほどではないと思われていることを、私たちは解決に向けてお手伝いしています。
  • 強くしなやかに

     私たちのBCPの基本的な考え方は、チャールズ・ダーウィンの『種の起源』(On the Origin of Species)が1つの参考になっています。 "It is not the strongest of the species that survives, nor the mostintelligent that survives. It is the one that is most adaptable to change."の一文は『生き残るのは最も強いものでも知的なものでもなく、最も変化にはなく適応性のある者』などと訳されます。BCPはマニュアル作りではなく適応性向上と捉え、日々進化を続けています。






災害が発生し対処法を探しに来られた方はこちらからお入りください。




[PR] 療養住環境最適化
[PR] ブラックアウト病院BCP
[PR] NES最新
[PR] 手細工 Hand Craft SHOP
[PR] 3D Printer Mediator SHOP

www.ampita.net