本文へスキップ

災害対策・ヘルスケア課題解決

災害対策・減災・強靭化Disaster

Top > 災害対策・減災・強靭化 > 発災中 > 支援・寄付 > 救援物資:遊び・学び


災害について災害対策本部非常事態類別Disaster車中泊車中泊
disasterdisasterdisasterdisasterlibrary私たちの研究

災害時専用(発災後に見るページ) - supported by AmpiTa -


被災地がいま欲しいアイテム

 〜 遊び・学び 〜


食料・食糧生活・生存応急・復旧女性乳幼児・妊婦遊び・学び


子供の遊びと学び

 子供たちの学び舎である小中学校が避難所となり、見知らぬ大人たちの拠点と化します。

 社会として当然のことではありますが、子供たちの心境は複雑であり、体育館と校庭が使えない学校生活はストレスがたまります。

 また、避難所生活をしている子供たちは3日と経たずに飽きてしまい、走り回って怒られるか、塞ぎ込んでうつ状態になるか、どちらも親として心配です。

 防災備蓄におもちゃや勉強道具は入っていません。

 支援物資としての『遊び』や『学び』のツールを検討してみてはいかがでしょうか。





あそぶ

昭和の玩具

 避難所にはテレビもなく、校庭の遊具も使用禁止になっている場合が多いため、子供たちは飽きてしまいます。

 体育館で少しでも走ると怒られ、外でボール遊びをしても怒られ、やることが無くなってしまいます。

 テレビゲームに慣れた世代ですが、テレビもタブレットも使えないので、そうした遊びはできません。

 このようなときに、お年寄りの協力も得て子供たちに昔の遊びを教えながら、退屈しのぎができれば相互に時間の過ごし方を見つける事ができます。




みんなで遊ぶ

 老若男女を問わず一緒に遊べる、電気を使わないゲームです。





ひとりで遊ぶ

 小さい子は遊ぶペースに個人差があるので一人遊びの方が向いています。




身体を動かす

 サッカーなどができれば良いのですが、校庭や公園には災害時に独特な危険が潜んでいる可能性があるので、こじんまりと遊べるものが良いかもしれません。






まなぶ

筆記用具



教育資材



辞書・事典



通学



災害時専用(発災後に見るページ) - supported by AmpiTa -

水道トイレ自動水栓給湯器貯水槽
電気停電冷暖房冷蔵庫
情報通信安否確認・171スマホ公衆電話
生活救援・救助ボランティア避難所交通・移動
モノ食糧物資建物支援・寄付
カネ保険支払猶予払戻・借入義援金
ほかガス


食料・食糧生活・生存応急・復旧女性乳幼児・妊婦遊び・学び


支援物資 (サイト内リンク)
支援・寄付 (サイト内リンク)



[PR] 療養住環境最適化
[PR] ブラックアウト病院BCP
[PR] NES最新
[PR] 手細工 Hand Craft SHOP
[PR] 3D Printer Mediator SHOP

www.ampita.net