カテゴリー
生活

ネコ用自動トイレ【買う】 -今日の課題-

★今日の課題★
ネコが2匹に増え、トイレ掃除の頻度が週2回に増えたので、トイレ掃除の自動化を計画しました。




ネコ倍増


1頭目はスコティッシュフォールド

 以前からスコティッシュフォールドが居ました。
 2011年春からなので約10年になります。

 あまり走り回る事もなく、食欲もそこそこ、飼いやすい猫だと思います。 



2頭目はマンチカン

 2020年、何かと自粛する生活が続いている中で迎えたのがマンチカンです。

 スコティッシュフォールドに比べると、よく走り回ります。
 そして、よく食べます。
 お腹が垂れ下がっているようにも見えます。



2頭で2倍

 猫が2頭になったので、何でも2倍になりました。

 餌が無くなる早さは2倍、水が無くなる早さも2倍です。

 そして、トイレも2倍早く汚れるようになりました。




トイレ掃除


ゴミの日の前日

 ネコ1頭の時代は、日曜日がネコのトイレ掃除、翌日が燃やせるゴミの日でキレイに無くなる、というのがルーチンでした。

 これが週2回になると、平日にトイレ掃除をしなくてはなりません。



これまでのトイレシステム

 これまで使ってきたトイレシステムは、燃やせるゴミとして捨てられるネコ砂と、そこを通過して落ちた水分をキャッチする吸水パットです。

 固形物をキャッチするネコ砂の方は量を増やしてごまかしていましたが、吸水パットは許容量を超えると吸えなくなり、漏れてしまうので、やはり週2回の掃除は不可避でした。





余談ですが....パットを買うのに苦労

 Amazonのプライベートブランド"Amazon Basics"でペット用の吸水パットがあるので、それを買っていましたが、あるときから買いづらくなりました。

 品薄というのはセール後に起こり、今日も在庫切れですが、在庫が豊富なときでも買いづらい理由がありました。




自動洗浄トイレ調達


比較の要点

 ネコ用の自動洗浄トイレは安くても5万円は覚悟しなければならないので、慎重に選びました。

 まずは、自動で掃除してくれる事を確認します。
 当たり前です。

 どんな砂を使うのか確認します。
 あまりに高級品を使うのであれば、ランニングコストが大変な事になります。

 タンクの形状や容量を確認します。
 どんなゴミ袋が使えるか、汎用品が使えるか、重要です。
 タンク容量が小さいと掃除の頻度が高くなるので、ここも重要です。








あまり気にならない点

 時間的要素は気にしませんでした。
 用を足して何秒後とか、大した問題ではないかなと思いました。

 消費電力は、調べるのが面倒で無視しました。
 常時洗浄する訳ではないので良いかなと思います。

 静音性も、廊下に置きっぱなしなので気にしませんでした。

 ちなみに、実機での静音性(騒音性)は下記動画が参考になると思います。
 さざなみのような砂の音以外は、目の前に居なければ聞こえないくらいだと思います。



評価が横並びならデザインとレビュー

 候補していくと、なんとなく似てきます。

 あとは直感を信じるのが良いかもしれません。



最後の決定は、日本語サイト

 色々と調べていたら、日本語のサイトがあったので、こちらの商品にしました。




購入した


 今回は楽天で購入しました。

 Amazonでも特に差はないと思います。
 私が買ったのはハピポートというショップです。

 買った商品はこちらです。



配達

 当たり前ですが、玄関まで配達してくれます。

 これは、自転車で買いに行ったら持ち帰れません。かなり大きな箱です。

 楽天で週末に注文して火曜日に佐川急便で配達されました。



置いてみた

 箱を見た時、このスペースに置けるのか心配でした。

 ネコ用スペースをせっかく造作したのに、使えなくなってしまうのでは....と思いましたが大丈夫でした。


 現在までは、下図のような状態です。



スペース

 置き場所は、普通のシステムトイレより大きいです。

 だいたい60cmの立方体をイメージして場所を確保するとよいと思います。

 私宅では58.5cmの高さの場所に収まりましたが、下にマットを敷きたいので、選べるマットの厚みに制限がかかってしまいました。



砂がない

 今まで使っていた砂は対応外になるので、新たに買う必要があります。

 まだ、届いていないのでこのトイレは空き家です。

 とりあえず、猫の出入りを増やして慣れさせる必要があります。

[Link]ネコ用自動トイレ【砂】



電源

 猫を慣らして、電源を入れて、使い始めるだけです。

 ネコを慣らすのに何日かかるか、様子を見ていきます。

[Link]ネコ用自動トイレ【電源】




作成者: AmpiTa

 医療界と産業化、医療機器と設備、何かの間にある境界領域で仕事をしています。
 繰り返しの作業が苦手なので中学生の頃からプログラミング(Basic)を覚えて作業はパソコン(当時はMSX)、今でもプログラミングをたしなみます。
 2017年には3Dプリンタを自宅に備え、造形も始めました。
 『真理を追究する』という程の研究者ではありませんが、なるべく実験などを重ねて、『自験例に基づく』根拠のある発言に努めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です