カテゴリー
ICT・AI・robo

【機種編】『HDMIパススルー・クリーン出力するカメラを探す』 -今日の課題-

★今日の課題★
カメラのレンズに映る画像をそのままHDMI出力する


1.概要

2.対応機種(このページ)




 HDMIパススルー(クリーン出力)については概要編で述べたとおりです。

 では実際に、どの機種を使えばHDMIパススルー(クリーン出力)ができるのかを調べてみました。

 全機種網羅とはなっていませんので、お気づきの情報がございましたらご提供願います。




目次

各社カメラのHDMIスルー対応状況

SONY 対応状況 ビデオカメラ

SONY 対応状況 一眼レフカメラ・コンデジ

Canon 対応状況 一眼レフカメラ・コンデジ

Panasonic 対応状況 ビデオカメラ

Panasonic 対応状況 一眼レフカメラ・コンデジ

Nikon 対応状況

富士フイルム 対応状況

オリンパス 対応状況

リコー(PENTAX) 対応状況




SONYビデオカメラ


HDMIスルー設定

 ビデオ(動画)撮影するモードにしてタッチパネルの『MENU』を押します。

 表示されたメニューから『セットアップ』を選び、『HDIMI解像度』を選び任意の設定をします。オートでも良いですが、相性が悪い場合は1080pなど任意に設定します。

 同じセットアップメニューで『デモモード』を探して『切』にします。

 カメラの明るさ設定がウェブ配信と合わない場合はメニューから『カメラ・マイク』を選び、『ホワイトバランス』や『カメラ明るさ』をマニュアル調整します。   

 任意ですがデジタルズーム、手ブレ補正などは使わないので『切』にしておくと良いと思います。


対応状況

 いま確実にわかっている事は2011年2月発売のPJ20が対応済であることから、これ以降のカメラには期待できることです。

【2020年10月10日追記】
 HDR-CX270VとHDR-CX370Vを購入して実験した結果HDMIパススルー(クリーン出力)することが判明しました。
 これにより2010年発売の機種でも対応済であることがわかりましたので、2010~2020年の"HDR-"で始まるハンディカムは対応済であることが期待できます。

型番対応備考
FDR-AX45
参考
2018年2月発売、HDMIマイクロ
FDR-AX602018年2月発売、HDMIマイクロ
FDR-AX700
参考
2017年12月発売、HDMI
HDR-CX4702017年4月発売、HDMIマイクロ
HDR-CX680
参考
2017年1月発売、HDMIマイクロ
HDR-PJ6802017年1月発売、HDMIマイクロ
FDR-X3000
参考
2016年6月発売
FDR-AX402016年2月発売、4K
FDR-AX552016年2月発売、4K
HDR-CX4852016年1月発売
HDR-CX6752016年1月発売
HDR-PJ6752016年1月発売
HDR-CX4802015年1月発売
HDR-CX6702015年1月発売
HDR-PJ6702015年1月発売
FDR-AXP352015年1月発売、4K
FDR-AX302015年1月発売、4K
FDR-AX1002014年3月発売
HDR-CX9002014年3月発売
HDR-CX4202014年1月発売、チャオ様ご報告
HDR-CX5352014年1月発売
HDR-PJ5402014年1月発売
HDR-PJ8002014年1月発売
HDR-GW66V2013年6月発売
HDR-GWP88V2013年6月発売
HDR-PJ790V2013年1月発売
HDR-CX430V2013年1月発売、sawaddii様ご報告
HDR-CX630V2013年1月発売
HDR-PJ630V2013年1月発売
HDR-CX3902013年1月発売
HDR-PJ3902013年1月発売、(や)様ご報告
HDR-GW77V2012年5月発売
HDR-CX720V2012年3月発売
HDR-PJ760V2012年3月発売
HDR-CX270V
自験例
自験例
2012年1月発売、HDMIミニ
HDR-CX590V
参考
2012年1月発売、HDMIミニ
HDR-PJ590V2012年1月発売
HDR-PJ2102012年2月発売
HDR-CX1802011年2月発売
HDR-CX560V2011年2月発売
HDR-CX700V2011年2月発売
HDR-PJ40V2011年2月発売
HDR-PJ20
自験例
2011年2月発売、HDMIミニ
HDR-CX370V
自験例
2010年1月発売、HDMIミニ
HDR-CX550V2010年1月発売
HDR-XR550V2010年1月発売

SONY: Handycam生産完了品


電源

 長時間使用に耐えらえるようにするには、大容量バッテリを積むか、AC電源に接続するかの二択になると思います。

 ハンディカムの大容量バッテリを使うだけでも1時間以上は楽勝という感じでしたが、バッテリは劣化しますし、1日に数回会議などがあれば、充電が追い付かなくなります。

 付属のACアダプタを使ったDC連続給電ですが、こちらは半日使用しても特にトラブルはありません。
 特に冷却ファンを付けるとか、途中で休ませるとかはしていません。

SONYのハンディカム用の互換電源です。AC100VではなくUSBです。パワーが足りればモバイルバッテリでも動作させることができます。




ソニー一眼レフカメラ


HDMIスルー設定

 設定メニューからHDMI情報表示を『切』にすることで、HDMIスルー出力(クリーン出力)できます。

MENU⇒セットアップ⇒HDMI情報表示⇒切

 SONYのウェブサイトから取扱説明書を閲覧すると、機種毎の設定方法が載っていますが、どれも同じようです。


対応状況

 手元にあるα65ではInformation画面は消すことができないことがわかっています。

 α7S IIの仕様表などを見ると『HDMI情報表示』の欄に『入/切』と親切に書いてある場合があるので、こうした機種は表示をオフにできるHDMIスルー出力(クリーン出力)対応機種と見て良いと思います。

参考 SONY: HDMI情報表示

型番対応備考
α7S III2020年10月、HDMI(A)
α9 II
仕様表
2019年11月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
α6600
仕様表
2019年11月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
α6100
仕様表
2019年10月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
α7R IV
仕様表
2019年9月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
α6400
仕様表
2019年2月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
DSC-HX99
ヘルプ
2018年11月、HDMI情報表示(なし)、HDMIマイクロ
DSC-WX800
ヘルプ
2018年11月、HDMI情報表示(なし)、HDMIマイクロ
DSC-WX700
ヘルプ
2018年11月、HDMI情報表示(なし)、HDMIマイクロ
α7 III
参考
仕様表
2018年3月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
α7R III
仕様表
2017年11月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
α9
仕様表
2017年5月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
α99 II
仕様表
2016年11月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
α6500
仕様表
2016年12月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
α6300
参考
2016年3月
α7S II
仕様表
2015年10月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
α7R II
仕様表
2015年8月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
DSC-HX90V
ヘルプ
2015年6月、HDMI情報表示(なし)、HDMIマイクロ
DSC-WX500
ヘルプ
2015年6月、HDMI情報表示(なし)、HDMIマイクロ
α7 II
仕様表
2014年12月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
α7S
仕様表
2014年12月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
α77 II
仕様表
2014年6月、HDMI情報表示(●)、HDMIマイクロ
α6000
仕様表
2014年3月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
DSC-HX60V
ヘルプ
2014年3月、公式記載なし
DSC-WX3502014年3月、公式記載なし
α7
仕様表
2013年11月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
α7R
仕様表
2013年11月、HDMI情報表示(切)、HDMIマイクロ
NEX-5T×
仕様表
2013年9月、HDMI情報表示(-)、HDMIミニ
α65×
実機
2013年8月、HDMIミニ
α582013年8月
DSC-HX400V2013年4月
NEX-3N2013年3月
NEX-62012年11月
NEX-5R2012年11月
α992012年10月
NEX-F32012年6月


電源

 HDMIスルーの事を確認する前に、常時電源の事を考えて買ってしまいました。
 手元のα65はHDMIスルーではないのでウェブカメラとして使うことはなく、動画撮影もバッテリで対応できる程度なので出番が無いのですが、2020年5月に買いました。

 線を挿すコネクタ部を直視する事も無かったのですが、常時電源供給に対応するコネクタはしっかりと搭載されています。

 互換品(非純正)を買いましたが、コネクタがギリギリピタリという設計なので、挿入するにはある程度の思い切りが必要です。慣れれば、簡単に挿せます。

 下記商品は互換機種が多いですが、お手元のカメラと合うかはしっかりご確認ください。

ソニーの一眼レフカメラの電源コネクタに差し込んで使うタイプのACアダプタです。コネクタにしっかり挿入します。

SONY: AC-PW10AM




キヤノン一眼レフカメラ


HDMIスルー設定

 カメラを動画撮影モードにして、本体の『INFO』ボタンを押すと画面の情報表示が多め、少なめ、無しと切り替わります。

 普通にカメラとして使う場合は『画面を見ながらリモコン撮影』という事もあると思いますので情報表示は必要かもしれませんが、ウェブカメラ化するときのように『画面表示無し』にしたいので、それに対応している機種がEOSにもあります。

 EOSには大きく動画モードと静止画モードがあります。

 ウェブカメラにするときは動画モードにします。

 動画モードにした後、MENUボタンを押して撮影設定を開き、HDMI接続時に情報を表示しない設定にすれば、一切の情報表示が消えます。静止画モードの場合は白枠が表示されます。

【参考】Canon: EOS 90D 詳細説明, HDMI出力時の情報表示, 325ページ


 静止画モードにしているとフォーカスに合わせた位置に白枠が表示されます。オートフォーカス(AF)をオフにしてレンズに付いているスイッチをマニュアル(MF)に倒せば白枠は消えます。ウェブ会議や講演などではオートフォーカスでなくても良いのですが、アクティブなディスカッションなどでカメラワークが必要な場合などは注意が必要です。

 米国でも同じ課題を抱えている人たちが居るようで、キヤノンUSのサイトでも議論を見かけました。M50とは日本ではKiss Mですが、やはりフォーカスの白枠はAF⇒MFにして消すしか無いようです。

 会議前にカメラと椅子を配置、顔が来る位置に手掌を置いてピント調整しています。一眼レフなので指紋もわかるくらいキレイな画像です。


 なお、USBケーブルで接続して行うウェブカメラ化の場合はAFをオンのままでも白枠での顔追尾はありません。


 ウェブ化することで長時間対応が必要になるため、外部電源を接続しています。

 この電源は、一眼レフカメラのバッテリを取外し、そのスペースにダミーバッテリ(電極)を入れて、ケーブルをUSB出力ACアダプタに接続するものです。
 私は社外品を使っていますが、キヤノン純正でも同様の商品があるため、カメラ側も対応済で、バッテリ装着部にはケーブルを引き出すためのゴム栓が付いています。


対応状況

 キヤノンの場合、仕様などで『情報表示なし映像を出力可能』とあれば、HDMIスルーできることが確認できます。

 キヤノンUSのサイトには『HDMIクリーン出力解決策』(Clean HDMI Solution)や『クリーンなHDMI出力を備えたカメラ』(Cameras with "Clean HDMI output")と題したFAQが掲載されています。

【参考】 USA Canon: Cameras with "Clean HDMI output"

【参考】 USA Canon: Clean HDMI Solution

型番対応備考
EOS Ra
公式
2019年12月
EOS M200
公式
US公式
2019年10月
EOS 90D
自験例
公式
US公式
2019年9月
EOS Kiss X102019年4月
EOS RP
公式
US公式
2019年3月
PowerShot SX70 HS2018年12月
EOS R
公式
US公式
2018年10月
PowerShot SX740 HS2018年8月
EOS Kiss M
参考(US)
2018年3月
EOS Kiss X902018年3月
PowerShot G1 X Mark III
US公式
2017年11月
EOS M1002017年10月
EOS 6D Mark II×
参考
2017年8月
EOS Kiss X92017年7月
PowerShot SX730 HS2017年5月
EOS Kiss X9i2017年4月
EOS 9000D2017年4月
EOS M6
US公式
2017年4月
iVIS HF R82 / R800
US公式
2017年2月
PowerShot SX430 IS2017年2月
PowerShot G9 X Mark II2017年2月
EOS M52016年11月
EOS 5D Mark IV
公式
参考
US公式
2016年9月
PowerShot SX620 HS2016年5月
EOS Kiss X802016年4月
PowerShot G7 X Mark II2016年4月
EOS 1D X Mark II
US公式
2016年4月
PowerShot SX720 HS×2016年3月
EOS 80D×
参考
2016年3月
PowerShot SX420 IS2016年2月
EOS 5Ds / 5Ds R2015年6月
EOS 8000D2015年4月
EOS Kiss X8i2015年4月
EOS M32015年3月
EOS 7D Mark II
公式
参考
US公式
2014年11月
EOS Kiss X702014年3月
EOS M22013年12月
EOS 70D×
参考
2013年8月
EOS Kiss X72013年4月
EOS Kiss X7i2013年4月
EOS 6D×
参考
2012年11月
EOS M2012年9月
EOS 60Da2012年4月
EOS-1D X2012年3月
EOS 5D Mark III
参考
2012年3月
EOS 60D×
参考
2010年9月
EOS-1D Mark IV2009年12月
EOS 7D×
参考
2009年10月

参考:CANON CAMERA MUSEUM

参考:Google検索『情報表示なし映像を出力』


電源

 キヤノンの一眼レフには、バッテリを置換するカプラタイプの電源が用意されています。

 純正品も良いですが、互換品も良いと思います。

 私が使っている互換品はUSBデュアル、2本のUSBケーブルで電源を取ります。
 2本ともモバイルバッテリに接続して起動しようとすると、起動しないことがあります。たぶん電圧不足です。
 したがって、1本はUSB電源、1本はバッテリに接続して使っています。起動後、USB電源を落としてもモバイルバッテリだけで動作していました。

 一眼レフカメラの標準バッテリを取外し、そこへダミーのカプラを挿入して外部電源と接続するタイプのケーブルです。Canonの一眼レフには最初からそのような事を想定したゴムカバーも付いているのでキレイに収まります。USBがデュアル(2本)あるので、私は1本はUSB電源、もう1本はUSBモバイルバッテリに接続し、モバイルバッテリは更にUSB電源に接続して常時充電しています。




Panasonic ビデオカメラ


HDMIスルー設定

 カメラのセットアップから『日時表示』を選び 『切』を選ぶと日時表示が消えます。

 同じくセットアップから『外部表示』を選び『切』を選ぶと撮影モードなどのアイコン表示が消えます。

 取扱説明書には『撮影モード時に本機をテレビに接続すると、ハウリングを起こす場合があります。再生モードに切り替えてから、本機をテレビに接続してください』という表記がありますので、ハウリングを起こす機種という事は、リアルタイムの動画をモニタに映し出すことができるという事だと思います。

 説明書やカタログなどで『すべてを消せます』ということはどこにも書いていないので、実験するしかなさそうです。



対応状況

型番対応備考
HC-VX992M/VZX992M4K
HC-WX2M/WZX2M4K
HC-VX2M/VZX2M4K
HC-W590M/WZ590MフルHD
HC-X15004K、ハイスペック
HC-WXF1M/WZXF1M4K、ハイスペック、2018年6月発売
HC-X20004K、ハイスペック
HC-WX1M/WZX1M
参考
4K、2018年6月発売
HC-VX1M/VZX1M4K、2018年6月発売
HC-VX990M/VZX990M
参考
4K、2018年6月発売
HC-VX985M
参考
参考
フルHD、2017年2月発売
HC-V480MSフルHD、2016年9月発売
HC-V360MS
参考
取扱説明書
フルHD、2016年9月発売、HDMIミニ




Panasonic 一眼レフカメラ


対応状況

型番対応備考
GH5
参考
参考
GH4
参考
参考
GH3
参考
参考
GH2
参考
G9
参考
G8
参考
参考
G7
参考
参考
GX8
参考
参考
GX7MK2
参考
FZH1
参考
参考
FZ1000
参考
参考
FZ300
参考
参考
TX1
参考
参考




Nikon 一眼レフカメラ


対応状況

型番対応備考
D7200
参考
D5600
参考
D5500
参考
D5300
参考
D5200
参考
黒枠が少しできる
D5100×
参考




富士フイルム 一眼レフカメラ


対応状況

型番対応備考




オリンパス 一眼レフカメラ


対応状況

型番対応備考
XZ-1×
自験例
2011年2月発売、HDMIマイクロ




PENTAX (RICOH)


対応状況

型番対応備考
Optio W90×2010年3月発売、HDMIマイクロ、ミック様情報提供




 HDMIパススルーの概要については概要編をご覧ください。

作成者: AmpiTa

 医療界と産業化、医療機器と設備、何かの間にある境界領域で仕事をしています。
 繰り返しの作業が苦手なので中学生の頃からプログラミング(Basic)を覚えて作業はパソコン(当時はMSX)、今でもプログラミングをたしなみます。
 2017年には3Dプリンタを自宅に備え、造形も始めました。
 『真理を追究する』という程の研究者ではありませんが、なるべく実験などを重ねて、『自験例に基づく』根拠のある発言に努めています。

「【機種編】『HDMIパススルー・クリーン出力するカメラを探す』 -今日の課題-」への7件の返信

有用な記事をありがとうございます。当方でSONY HDR-CX430Vを購入しテストしてみたところ,HDMIパススルー出力できました。参考までにご報告します。

sawaddii様:
 貴重な情報提供ありがとうございます。
 CX430はヤフオクでも出品が多いので、恐らくユーザー数が多い商品なのだと思います。多くの皆様に役立つ情報になると思います。
 ヤフオクでは軽く1万円を超えるので落札には躊躇していましたが、HDMIパススルーできるのであれば、落札対象に入れたいと思います。

記事をありがとうございます。勉強させていただいています。
ハンディカムをひとつ購入してみました。HDR-CX390 です。
HDMIパススルー出力ができましたので、報告いたします。

 貴重な情報をご提供いただきありがとうございます。
 2013年製もHDMIパススルーができることが分かり、ますます選択の幅が広がってきました。

PENTAX(RICOH) Optio W90
microHDMI端子にケーブルを接続すると強制的に撮影画像プレビューモードになり、撮影モードへの切替も不可でした。

 ミック様、貴重な情報をありがとうございます。
 PENTAXの機種はまだ成功事例に当たっていないのですが、NGの情報も積みあがれば価値がありますので、掲載させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です